著者
猪熊 壽 田井 貴子 市川 康明 INOKUMA Hisashi TAI Takako ICHIKAWA Yasuaki
出版者
日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌
巻号頁・発行日
vol.65, no.4, pp.293-298, 2012

全国47都道府県の小動物診療施設を対象に2009年(09年)と2010年(10年)の犬Babesia gibsoni感染症発生状況に関するアンケート調査を実施した.9,513施設か6,746 の回答が得られ(回収率70.9 %),うち859施設(12.7 %)が本症を経験していた.確定症例数は09年3,802,10年3,625で,うち東日本では09年87,10年75であった.栃木,茨城,群馬,埼玉,東京,長野の関東以北6都県では,西日本への移動又は旅行歴のない,闘犬以外の品種9頭に確定症例が認められ,関東以北でのB. gibsoni自然感染が示唆された.西日本では769 施設で09年3,715,10年3,550の確定症例があり,特に香川,熊本,徳島,山口,福岡,宮崎,兵庫各県で,年間200を超える症例が報告された.A nationwide questionnaire was conducted on the prevalence of the Babesia gibsoni infection in dogs in 2009 and 2010. The questionnaire was sent to 9,513 animal hospitals in all 47 prefectures, and 6,746 answers (70.9%) were received. Among the respondents, 859 animal hospitals (12.7%) have diagnosed B. gibsoni infection indogs. The numbers of patients were 3,802 and 3,625 in 2009 and 2010, respectively. In Eastern Japan, a total of 89 animal hospitals diagnosed 87 patients infected with B. gibsoni in 2009 and 75 infected in 2010. Nine clinical cases of B. gibsoni infection were confirmed in nonhfighting dogs without travel histories in Western Japan, in Tochigi, Ibaraki, Gunma, Saitama, Tokyo, and Nagano prefectures. It is suggested that natural infection withB. gibsoni would have occurred in Eastern Japan. In Western Japan, a total of 769 animal hospitals diagnosed3,715 and 3,550 patients infected with B. gibsoni in 2009 and 2010, respectively. In particular, more than 200 confirmed clinical cases per year were reported from Kagawa, Kumamoto, Tokushima, Yamaguchi, Fukuoka,Miyazaki and Hyogo prefectures.http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06504/index.html
著者
鬼丸 利久
出版者
日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌 (ISSN:04466454)
巻号頁・発行日
vol.53, no.12, pp.878-881, 2000-12
著者
五十嵐 健二 矢富 謙治
出版者
日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌 (ISSN:04466454)
巻号頁・発行日
vol.45, no.8, pp.p597-599, 1992-08
被引用文献数
1
著者
福井 翔 上野 博史 柄本 浩一 浜洲 拓 平山 和子 谷山 弘行 泉澤 康晴
出版者
日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association (ISSN:04466454)
巻号頁・発行日
vol.64, no.11, pp.889-892, 2011-11-20
参考文献数
9

12歳齢,避妊雌,ゴールデンレトリーバーが頻回の全身性けいれん発作を主訴に来院した.頭部MRI検査により右側嗅葉部に腫瘤を認めた.経前頭洞開頭術により腫瘤を摘出し,病理組織検査に供したところ,組織球肉腫と診断された.ロムスチンを用いた化学療法を実施し,第195病日における頭部MRI検査では腫瘤の再増殖は認められなかった.しかしながら,第278病日に呼吸不全により死亡した.肺や四肢原発の組織球肉腫同様,頭蓋内原発の組織球肉腫に対しても外科的摘出後に化学療法を行うことで生存期間が延長する可能性が示唆された.