著者
渡辺 雅子
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究
巻号頁・発行日
vol.35, pp.573-619, 2007-05-21

本稿では、日米仏のことばの教育の特徴を比較しつつ、その歴史的淵源を探り、三カ国の「読み書き」教育の背後にある社会的な要因を明らかにしたい。まず日米仏三カ国の国語教育の特徴を概観した後、作文教育に注目し、各国の書き方の基本様式とその教授法を、近年学校教育で養うべき能力とされている「個性」や「創造力」との関係から比較分析したい。その上で、現行の制度と教授法、作文の様式はどのように形作られてきたのか、その革新と継続の歴史的経緯を明らかにする。結語では、独自の発展を遂げてきた各国の国語教育比較から何を学べるのか、日本の国語教育はいかなる選択をすべきかを、「国語」とそれを超えたグローバルな言語能力に言及しながら考えたい。

言及状況

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[いつか][pdf注意]
日・米・仏の国語教育を読み解く -「読み書き」の歴史社会学的考察- 渡辺雅子
[thinking][writing]

Twitter (33 users, 36 posts, 67 favorites)

ベネッセのインタヴューばかりTLに流れてくるけれど、まとまったところで、 渡辺雅子「日・米・仏の国語教育を読み解く : 「読み書き」の歴史社会学的考察」 http://t.co/ljB94aGr3m のほうがわかりよいのでは?
リンク先の参考文献(たとえば http://t.co/uqR5ce0JCc )をたどると,当時の教育事情の詳細や批判についても触れられており一概に「進んでいる」とは言えないかと.童心主義の「負の面」は何とかして欲しいとは思うのだが. https://t.co/7XexhBbz3H
同著者の論文 → 渡辺, 雅子: 日・米・仏の国語教育を読み解く : 「読み書き」の歴史社会学的考察, 国際日本文化研究センター, 2007年 http://t.co/e0chi8abpj
@askoma ちなみにこちらからダウンロードできます!http://t.co/4vWibEwliX
読むの疲れたけどなかなか興味深い。なお僕は小学校で憲法十七条とか雨ニモ負ケズとか論語とか素読したし物語の創作もやって、今確実にそれは活きてる。文法はあんまりやらなかったし修辞は例に漏れずゼロだったが。 「日・米・仏の国語教育を読み解く」http://t.co/aXFnkwuGgQ
フランス万歳... てことで演劇の稽古場は、発音と文法と所作の様式をつめれば、あとは本番の即興をまてばそれでよいと思う... http://t.co/btWOCcx6k6
@camomille0206 私が読んだのはこっちでした:http://t.co/C6RBq7lnWp
“International Research Center for Japanese Studies Repository: 日・米・仏の国語教育を読み解く : 「読み書き」の歴史社会学的考察” http://t.co/dEB2PNvrhv
渡辺雅子さんの論文読了。日米仏の小学校国語教育の比較。こうしてアメリカ人、フランス人、日本人は作られる! http://t.co/XdgTycw3
「日米仏の国語教育を読み解く」という、探していた渡辺雅子先生の論文を探し出しました。うれしい。高まります。http://t.co/FvK3aevb
今日はこの論文に出会ってしまって修論が一切進まなかった……明日も早いから寝よう。「日・米・仏の国語教育を読み解く : 『読み書き』の歴史社会学的考察」渡邉雅子 http://t.co/bU37bs4

収集済み URL リスト

http://shikon.nichibun.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/874/1/nk35023.pdf (24)

http://shikon.nichibun.ac.jp/dspace/handle/123456789/874 (11)

http://shikon.nichibun.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/874/1/nk35023.pdfhttp://shikon.nichibun.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/874/1/nk35023.pdf (1)