next49 (@next49)

投稿一覧(最新100件)

731部隊による細菌戦と戦時・戦後医学 https://t.co/fczYxK8DAO
面白く勉強になった。 → 遠山日出也: 中国の公共交通機関における性暴力反対運動と女性専用車両 ――香港・台湾・日本との初歩的比較も――, 日本女性学研究会女性学年報第39号, 2018年12月. https://t.co/UumMItLZB0
ATA2015小児甲状腺結節・分化がんの治療ガイドラインについて https://t.co/Jxh9VHIKo0
面白い → 田中 皓介, 藤井 聡: 記者へのインタビュー調査に基づく公共事業を巡る報道バイアス生成要因の分析, 実践政策学 3(2), pp. 181-194, 2017 https://t.co/5Ys6JwvADQ
後で読む → 志賀 秀樹: PDCAと管理過程論に関する研究, 立教ビジネスデザイン研究 (11), pp. 103 - 117, 2014年 https://t.co/0VqLJrRJC4
全文読めます。上述のBeall's List of Predatory Journals and Publishers の説明もあり。 → 栗山 正光: ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理, 58巻2号, 201… https://t.co/usGcKAFxZb
自民党「性的指向・性同一性(性自認)に関するQ&A」 https://t.co/bTIRhCzNtA
頭では納得できるけど感情としては「男女間格差が解消されない状況で男性間格差の問題に注力するのは男女間格差を隠す危険性がある」という指摘は飲み込みづらい。でも、学問だからなぁ。 → 「フェミニスト男性研究」の視点と構想 日本の男… https://t.co/xFt6aTtQb7
RT @db_jst: 「情報管理」2018年2月号 この本!~おすすめします~ 仮想通貨の仕組みと未来を読み解く5冊 楠正憲氏のお勧めは『デジタル・ゴールド』『負債論』『貨幣の「新」世界史』『ビットコインとブロックチェーン』『ブロックチェーン技術の未解決問題』 https:/…
人工知能学会のMLによると、9/23にこの報告会があるらしい。行きたいけど先約がある。 → 祭りの支度を通じた共同体〈心体知〉の集団学習メカニズムの解明 https://t.co/uSIVeaFfzI
タマフル「手話はひとつの言語である!特集」を聴いて「なんじゃこりゃ?」と思って見つけた文献。面白い→ 田門 浩: 手話の復権」手話言語法運動の背景と法的根拠を考える, 手話学研究』第21巻, pp. 81- 96, 2012年. https://t.co/RbaO8w2gNF
2012年に導入されている音声認識システムが現状どうなっているのか知りたい所 →猿谷 豊: 衆議院における音声認識を利用した会議録作成業務, 情報管理, Vol. 55, No. 6, pp. 392-399 (2012) https://t.co/9Im8aDy9kB
"一般に,会議録原稿を印刷送付するまでに約1週間,委員会議録は印刷期間が3日~6日であるから2週間程度で発行できる。ただし,本会議録は印刷期間が長いため発行までに1か月程度かかっているのが現状である。" from https://t.co/9Im8aDy9kB
一実務家教員の言 題一 - 上越教育大学リポジトリ https://t.co/K4dUJEvHqK
ただ、導入するだけだとダメっぽいけど → 薬学実務家教員の実態に関する調査研究 https://t.co/SRqQiMabiN
人工知能学会会誌「人工知能」2017年5月号 「連載:「一人称研究」〔第1回〕一人称研究対談:「一人称研究とはなんぞや」上篇」が面白かった。最初は「私」「ぼく」とかの研究かと思いきや、First person viewの意味合い。 https://t.co/6Nhe3xWzzq
事実上の公立シンクタンク「国会図書館」の調査結果 → 諸外国における大学の授業料と奨学金(2015) https://t.co/4YtpAChEsl

17 0 0 0 OA ナイチンゲール

当然ながら参考文献なし → 西洋傑婦伝 ; 第2編 https://t.co/UqoIbavh7G

20 0 0 0 OA 人道之偉人

教えていただいた「人道之偉人」が国立国会図書館で公開されているとのこと → 人道之偉人 https://t.co/cVD56k6WKF
松野 修: 英国におけるナイチンゲール伝説の形成, 愛知県立芸術大学紀要, Vol. 41, pp. 1-13 (2011) https://t.co/rOs0ydklzE
うち、 id:kanikamachang さんが愛知県立大学の松野 修さん( https://t.co/3l4QoqMZ39 )の論文を発見紹介 → 19世紀の日本におけるナイチンゲール伝 : ... https://t.co/SLqqLp5DVt
カーリルが日本十進分類法を利用できるようになると各図書館が本をどういうように認識しているのかが調査できるのか。熱い! → 図書館における疑似科学的資料の扱いについて https://t.co/IceHX9kQlt
小学校の教員からの実践報告があり、最後の記事は校長の立場からの実践報告 → 学校まるごとわくわくプログラミング -品川区立京陽小学校の事例-:7.プログラミング学習と学校経営 https://t.co/F34JHBI9oJ
「情報処理」12月号の小特集がおもしろかった。特に1番目と最後の記事。→ 学校まるごとわくわくプログラミング -品川区立京陽小学校の事例-:1.小学校における全校的なプログラミング学習活動とその意義 https://t.co/3DNTsG69U7
しょっぱなの特集が「 ポケモンGOの衝撃」で、それって塚本先生が先月書いていなかったけ?と思ったら、もっと充実した特集だった。 →ポケモンGOの衝撃 https://t.co/V3Ty2bo0nk
先の丸山氏のエッセイにでてくるホワイトボックス再利用とブラックボックス再利用の考え方を 「人工知能学会共同企画 -人工知能とは何か?:[対談]1.情報処理と人工知能 https://t.co/edObTvhkf1 」にあった超知能の判断結果を人間が納得できるように伝えることと
丸山氏のエッセイ。従来のソフトウェア工学が演繹的なソフトウェア開発であることに対しての帰納的なソフトウェア開発の提案(機械学習工学) → プログラミングパラダイムとしての深層学習 https://t.co/BZTeBEiLx8
「情報処理」 Vol 57, No 10(10月号)のエッセイのうち他に興味深かったのが久木田 水生 先生の「機械の中の道徳」。自分の能力は別として取り組んでみたい分野。 → https://t.co/ptenw9nSCS
「情報処理」 Vol 57, No 10(10月号)を読んでいる。今月は人工知能学会とのコラボ企画。11人の研究者のエッセイが載っているのだけど、ウェラブルコンピューティングの塚本先生のエッセイおもしろい。 https://t.co/WT76XeIqV0

3 0 0 0 OA J-GLOBAL knowledge

木村 考宏 他, J-GLOBAL knowledge 科学技術情報に関する大規模Linked Dataセットの設計および構築, 人工知能学会論文誌, Vol. 31, No. 2, p. N-F73_1-12, 2016 https://t.co/fSZaYDjcWn
無料ダウンロードできるのか。素晴らしい → 人工知能, Vol. 31, No. 3, 2016年5月号, 特集「国内人工知能研究拠点紹介」 https://t.co/WvKDS1pmug
昨年5月の「情報処理」の巻頭コラム。無料で読めます。漫画に~学的正しさを要求するときに頭に置いておきたいこと。→ ゆうきまさみ: 漫画は正しさを求めません https://t.co/GTe5QqQyaV
現在、ジュネーブ条約の関連規約をアメリカ道路交通安全局がさだめた自動運転の5段階レベルのレベル3に対応させるように変更中とのこと。日本が勝手にきめているわけじゃなかったのね。勉強になった。 → IPSJ, Vol. 57, No.5 https://t.co/w1wCjzrjmz
.@itoishi 数字の元ネタはこちら。 https://t.co/8pt9jVzuTN https://t.co/KO7KklkRlc
これは面白い。鈴木 克彦, 諸外国と日本の生徒指導との違い : 国際理解の一助として(生徒指導分科会)(共同研究 : 総合テーマ 教育活動の総合化 : 国際理解と平和の教育を軸として) , 1991, https://t.co/9pHk9Z35Ac
無言清掃失敗している。大学生とか社会人とかになってから「自問清掃」導入するのがよさそう → 教員養成段階における「自問清掃」指導の意義と成果, 信州大学教育学部附属教育実践総合センタ一紀要「教育実践研究~ No.9 2008 https://t.co/WLwsqZTHTO
「まなざす」をCiNii Articleでしらべると1996年のStaringの訳語としてつかわれる記事がヒットする。 → まなざしの心理学的考察 : まなざすことの意味を探る https://t.co/InpQucW4tB
特集「かわいい」にぶっこまれているすごい記事 → かわいい:6. Lovotics:ロボットとの愛と性 https://t.co/JWK1jqoPDI
図書室、歴史教育、卒研の参考になる報告、 → 松田 ユリ子, 吉田 美穂: 学力下位校における「探究学習」の事例的研究 : 学習意欲に注目して, 東京大学大学院教育学研究科紀要. 54巻, 2015.3, pp. 179-190 https://t.co/KlTHGKbyQ6
学校図書室の司書さん必読 → 崔 英姫, 根本 彰: 高校生の卒業研究に関する事例分析 : 中高一貫校の執筆者の質問紙調査から, 東京大学大学院教育学研究科紀要. 54巻, 2015.3, pp. 179-190 https://t.co/KlTHGKbyQ6
さっきと同じ人。研究開始前にくらべて、研究終了後に満足度がさがっているのがおもしろい。 → 高橋 亜希子: 高校生の総合学習の探求を支えるものは何か : 東京大学教育学部附属中等教育学校の"卒業研究"の縦断調査の分析を通して https://t.co/sCTgcCgzuH
高橋 亜希子: 高校生の"卒業研究"におけるテーマの決定 : 生徒の"興味・関心"の現れに焦点を当てて, 東京大学大学院教育学研究科紀要. 42巻, 2003.3, p.293-303 https://t.co/ouDJLkR8ZQ
さっきの研究報告やこの事例報告をみると、高校の卒業研究における「研究」とは「実施者がその時点では知らないこと、さらには答えがあるかどうかわからないことについて自発的に調べ、考えていく行為」という意味で使われているっぽい → https://t.co/y4fvpEdlSl
高校で卒業研究か。 → 大貫 眞弘, 竹林 和彦: 高等学校段階における卒業論文カリキュラムの検討, 早稲田教育評論(25)1, 早稲田大学教育総合研究所, 2011年3月. https://t.co/o7oAanvbbK
良い調査だ。ただ、外は外、うちはうちみたいな結論はどうかなと思う →齋藤 千尋, 榎 孝浩: 諸外国における大学の授業料と奨学金, 調査と情報, No. 869, 国立国会図書館, 2015年7月. https://t.co/PtSvMjXBAJ
CiNiiにカツ丼の論文あるかなぁと思ったら見つかった。読みたい。 → 正田 陽一 : 日本の伝統文化と家畜(8)和風料理・かつ丼の歴史, 畜産技術 (621), 畜産技術協会, pp. 22-25, 2007年. http://t.co/ZpXDLnCMUR
栗山 正光:ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒, 情報管理 Vol. 58, No. 2, pp. 92-99 (2015). https://t.co/DuGuAvd2rX
同著者の論文 → 渡辺, 雅子: 日・米・仏の国語教育を読み解く : 「読み書き」の歴史社会学的考察, 国際日本文化研究センター, 2007年 http://t.co/e0chi8abpj
学内連絡の基盤となるメールシステムを無償サービスで提供するとしたのが間違いかと。Microsoftはいろいろな要求に良く対応したと思う。もちろん、無償サービスで行くと決められた後に運用したセンターの人たちはよくがんばっていると思う。 http://t.co/cvnFGAURpA
人工知能学会の学会誌「人工知能」の今年号から情報処理学会と同じ方式で電子版がダウンロードできるようになった。例 → 大澤  博隆: 2015年表紙更新にあたって ─前年の「表紙問題」のまとめとこれから─, JSAI (30)1 http://t.co/buI102pzAu
日本語母語話者が失礼と感じるのは学習者のどんな発話か : 「依頼」の場面における母語話者の発話と比較して http://t.co/5smPZtMTYp
おもしろそう → 塚本 昌彦:Google Glassはどうなったのか?どうなるのか? http://t.co/DZMTARXThS
RT @ceekz: 大学紀要というメディア : 限りなく透明に近いグレイ? http://t.co/26Ss3lL56s
読みたい → 小学校の表現 ラッセラー!運動会で取り組む"今別荒馬" : 踏む気持ちよさを求めて「1年生の馬の踊り」 (ダンスの力をすべての人へ : 伝統を継承する) -- (表現・ダンス授業実践) http://t.co/HVpIeGIQ4r
タイトルと出だしからは想定外の着地点。 → 世界最遅のコンピューター https://t.co/LKFlyVoKBu
女学生が登場する前の男子学生のお相手は同じく男子学生 or 商売の方だったのか。 → 明治期における学生男色イメージの変容 : 女学生の登場に注目して http://t.co/0c89l56ub4
URLを忘れていた 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 : イギリス、ドイツ、アメリカ http://t.co/xqdllWYngO
専門大学の高評価を見て、総合大学も実務的な授業を提供するようになるとともに、専門大学も総合大学化を目指しているとのこと → ドイツにおける「実務型」高等教育に関する考察(5) -専門大学の発展と学術審議会- http://t.co/uqNWd4KQuZ
表7が面白い。専門大学と聞くと文系とはすみ分けるイメージがあるけど法学・社会科学・経済学&工学が専門大学の提供分野になっている → ドイツにおける「実務型」高等教育に関する考察(5) -専門大学の発展と学術審議会- http://t.co/uqNWd4KQuZ
専門大学における教授も博士号取得が条件。教授より下位の教員は大学卒業が条件とのこと。今後、専門大学の総合大学化が進むのではと懸念 → ドイツにおける「実務型」高等教育に関する考察(2)ー専門大学の教員・スタッフー http://t.co/4hyl85tjcf
「専門学れ」ってなんて読むんだろう? → ドイツにおける「実務型」高等教育に関する考察(1) -専門大学の実習セメスタ- (インターンシップ) http://t.co/A2zS9JZlwq
@Cristoforou http://t.co/618MHH5ryp などをみるとTwitterなどでも直リンクが紹介されているみたいですね。
小児の睡眠問題に対する行動科学的アプローチ http://t.co/MqR7LQq4vh
子どもの睡眠に関する日米の差異 : 睡眠問題と養育行動の関係から (ミニ特集 子どもの眠りと健康 : 小児科医として知っておきたい子どもの眠りのup to date) http://t.co/cnSKsipFMZ
その基準に従うとある観測データが十分にばらけることが期待できるものを利用して、別のオブジェクト間の類似度を測るという話にそのまま流用できそう。 → 日本十進分類法を用いた類似読者発見手法 https://t.co/wVYBdpLsIw
最後に謝辞でロイヤルホストという実名だすなら初めから出してもよいような。宣伝になるから? → 某ファミリーレストラングループにおける客席禁煙化前後の営業収入の相対変化 未改装店,分煙店の相対変化との比較 https://t.co/vW0CK7uHkD
藤枝, 俊宣: 生体高分子からなるナノシートの構築と創傷被覆材としての医用応用, 2009 のIntroductionの形式だけを眺めてみたけどよくできているように見える。参考文献も適宜示しているし、字下げもしているし。 → http://t.co/fTUwON5hgi
RT @JuuichiJigen: 常田聡 氏が審査した小保方晴子氏以外の博士論文は、まともそうかな。 http://t.co/dGDAfdfQgl
書誌情報登録したいのだけど、どれがFamily nameだかわからない。 「~村のXX」「職業**のXX」「~の息子**」「~な特徴の**」が名字なっているだと? → 西欧人の前置語を伴う姓について(PDF) https://t.co/8gU3pLeDvq
衝撃的なことが書いてある。"企業は大学と比べて,海外誌を利用するための環境が未整備であり,英語による研究成果の受信に限界があることがわかる。" → 日本の大学が生産した学術文献の言語別分析 https://t.co/G9p8RO8GA2
これはネットで話題になった話の解説かな? → 「おねえさんの問題」の最先端 -YouTube動画と世界記録- http://t.co/Cf3U1C1HNN
本居宣長作「端原氏物語系図」, 言語と文芸 (88), p179-230, 1979-09-00 http://t.co/JD9Q5ggqft
RT @ITOKtw: @myfavoritescene @syoiti 細尾 萌子 (2010-03-31),フランスのバカロレア試験における評価観 : 問題作成と採点に関する議論の歴史的検討を通じて,京都大学大学院教育学研究科紀要,56:387-399 http://t.c…
RT @ikejiriryohei: 【CiNii論文】学習方略は教科間でいかに転移するか : 「教訓帰納」の自発的な利用を促す事例研究から http://t.co/4zdgASqfVt
なんとまあぁとしか言いようがない。独自の文字集合を作っているとはしらなんだ。 → 安岡 孝一: 住民基本台帳ネットワーク統一文字とその問題点, 情報管理, Vol. 55, No. 1, 2013. https://t.co/XTUIMPWpuY
リテラシー=識字。リテラシーの変遷の概略。 → 長岡, 智寿子: リテラシー研究の原状と課題, 大阪大学教育学年報. 5 P.169-P.18, 2000. http://t.co/UGpTsqaags
(承前)工学系の教授・准教授のみなさまにおかれましては、もう、工学系の博士課程は学者養成だけを考えて良い機関ではないようですよ。 → http://t.co/0YHKMVY3
大学等発ベンチャー調査2011 http://t.co/5eF0AWjM
研究論文に着目した日本の大学ベンチマーキング2011 ―大学の個性を活かし、国全体としての水準を向上させるために― http://t.co/tJ0U5PBF
(承前) h-indexについては 「宮川 剛: 科学技術研究における多様なメトリクスの重要性一研究者の視点から, 情報管理, 5巻3号, 2012年」に説明があります。 → https://t.co/Yrr2TLnV #f_o_s
RT @tsuyomiyakawa: 僕が執筆した「科学技術研究における多様なメトリクスの重要性 一研究者の視点から」という総説(というかオピニオンペーパー)が本日出版(JSTの「情報管理」というジャーナルから)。「ここまで書いて大丈夫?」という感じに仕上がりましたww ...
すごく興味深い → 非学術的活動におけるオープンアクセス文献の活用 : 機関リポジトリ収録文献のリンク分析 http://t.co/TBVwWPGr
さっきの本の著者の論文。たしかにグラフはいろんな計算の基礎になるしなぁ。 「CiNii 戸田 誠之助:グラフ同型性判定問題の計算量 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003191971」
人工知能学会広いな。 QT @k4403 watching: 様々な状況を考慮したユーザに適するダイエットのためのレシピ推薦 from JSAI2010 3C3-2 https://kaigi.org/jsai/webprogram/2010/pdf/140.pdf

お気に入り一覧(最新100件)

【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/c3k5kGN1sF
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/c3k5kGN1sF
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/c3k5kGN1sF
佐藤さん @min2fly との共著論文が、情報知識学会第15回論文賞(2018)を受賞しました。主に日本語の学術論文が、どの程度、ソーシャルメディアで言及されているのかを調査したものです。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメト… https://t.co/mw6wAB7WYN
僕が執筆した「科学技術研究における多様なメトリクスの重要性 一研究者の視点から」という総説(というかオピニオンペーパー)が本日出版(JSTの「情報管理」というジャーナルから)。「ここまで書いて大丈夫?」という感じに仕上がりましたww http://t.co/4APhubeR

フォロー(2038ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1088「デジタル・プラットフォーマーと競争政策」(PDF:476KB)を掲載しました https://t.co/PC7gFQSHzq

99 99 99 99 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…

99 99 99 99 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
出典:中島 綾子, 鹿野 晶子, 野井 真吾 (2011)「小学生における体温の実態と生活との関連」『発育発達研究』51, pp.81-91 https://t.co/skPpFTOHIO
RT @oshio_at: 公刊されました。バブルの時期以降,日本全体がネガティブな方向に向かっているかもしれないという論文。 日本における情緒不安定性の増加 ──YG性格検査の時間横断的メタ分析── https://t.co/CcBUQ1bxbG
広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。https://t.co/siE4HKwM2i
RT @hayakawa2600: 同じ著者のこちらもよかった。「祝祭商品」という着想がおもしろい:右田裕規「日本近代の民衆経験に見る<祝祭商品>の同時代的意義の再考」『社会経済史学』79(1)、2013年 https://t.co/XrDU931PZU
RT @hayakawa2600: 国民精神総動員運動期の国旗掲揚運動については拙著でも触れたが、それ以前の掲揚してなさぶりが紹介されていて興味深い。さらに「祝祭日を知らない人びと」節などおもしろし:右田裕規「近代民衆世界における祝祭日のサボタージュ」『時間学研究』2(0)、2…
RT @tall_zelkova: モバイル端末を使ったビデオ会議のための眼球型ディスプレイ「ThirdEye」の日本語論文が公開されました.ThirdEyeによって,何もない場合に比べ,机の上のカードに向けて相手の視線をスムーズに誘導できることを示しました. https://…
モバイル端末を使ったビデオ会議のための眼球型ディスプレイ「ThirdEye」の日本語論文が公開されました.ThirdEyeによって,何もない場合に比べ,机の上のカードに向けて相手の視線をスムーズに誘導できることを示しました. https://t.co/SRH0yT0z61
https://t.co/tIHVZwxX4o 天然多糖類を硫酸化した硫酸化多糖がウイルス対策に使えるってのは割とメジャーな話なのでは?
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @shirouzu: 実効性はお墨付きの航空業界の安全報告制度(や事故調査ポリシー)を、他業界でも標準にして欲しいところ。 ---- 「(人間はミスを犯す者であるとの認識から)故意でない限り、報告者を罰するより事故の再発防止の方を重要視する免責制度を基本とした安全報告制度…
RT @ma31stm: 人混みじゃなくても、黄砂由来でウイルスが国内に入ってきていることは確認されているようなので、花粉症の人じゃなくても洗濯物屋外干しとか窓の開閉とかも気をつけたほうがよさそう。→礒田 博子 (2011)「黄砂によって輸送される病原性物質」https://t…
RT @narita_yusuke: 自治体と分析者の出会いの例: 足立区:https://t.co/hWchyzlG3q @Koichi_U 尼崎市:https://t.co/2OcriDn6Xn @fohtake 政府や自治体の行政データ開放運動:https://t.…
RT @ropcb08: [PDF] レファレンス 最低賃金引上げ方法の多様性~米国の最近の動向から 小針 泰介(国立国会図書館調査及び立法考査局 社会労働課) / https://t.co/dIUKpreoOw
RT @ropcb08: [PDF] レファレンス 諸外国の事例に見る付加価値税の減税等 田村 なつみ・瀬古 雄祐(国立国会図書館調査及び立法考査局 財政金融課) / https://t.co/n2u2VyK0Yy
RT @katzkagaya: 赤池弘次「意図と構造」https://t.co/bFXWf5hE47 https://t.co/jvJAGeTYDE
RT @masaki_kobashi: @ayako700 日本渡航医学会&産業衛生学会のコラボ文書(https://t.co/ltAUJJ1eTL)や、新型インフルエンザにおける企業意思決定事項(写真、元はhttps://t.co/POViYvdnFw)などを用いて担当企業と…
RT @ShinyaMatsuura: ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持たせるべ…
RT @soichiro_sumida: 定森 亮「マキァヴェッリ『ディスコルシ』とモンテスキュー『法の精神』における共和政ローマの帝政への歴史的変容 : 共和政の腐敗と富の不平等の増大に関する分析の観点の相違」 https://t.co/EtMlke2zRg #CiNii
RT @takanoriida: @awtjvyjz 森岡氏のレビュー↓ https://t.co/q57k11CUa2
RT @psj95708651: 社会保障財源として消費税増税に賛成の方々へ。わたしはその考え方とはちがいますが、せめて、消費税を社会保障特定財源に入れて、法人税減税に使えないように、持って行ってください。お願いいたします。 https://t.co/zuvq4JxdPy
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  小泉・安倍政権の医療改革 : 新自由主義的改革の登場と挫折(<特集>社会保障改革の政治経済学-社会政策学会第115回大会共通論題) https://t.co/K8PoUdC0qH #CiNii
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/SZWsaBHJBX
"血中において尿酸はビタミンCに匹敵するとも言われる強力な“抗酸化作用”を有しており,哺乳動物の血清尿酸値は様々な動物種の寿命と正に相関すると言われている" 尿酸が高ければビタミンCなど摂取する必要はないのだ勝ったなガハハ (いま… https://t.co/25iBOHVcrv
RT @egamiday: “落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
@nloglogn 昭和40年代の小学生だと普通に集合と写像を習ってたりします…
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日… https://t.co/cUdT8TDYZT
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
新幹線の字幕ニュースが終了し、ある程度経過すると、この論文もピンとこなくなる日が来るのかなぁ。文要約、年表の自動生成のために勉強してたことあります。 /「新幹線要約」のための文末の整形 https://t.co/gseXGRBNGQ
RT @ruroni11: シカの異常な増加は、林床植生の貧弱化による食植生昆虫への影響が注目されるけど、土壌性動物にも顕著な負の影響を与えることが示唆されている。 シカの高密度地区では、アリヅカムシ亜科がほぼ欠落しており、顕著な負の影響を受けていることが示唆された。 http…
RT @yearman: @ssmufler 副題を入れるとかして分野一般にどう貢献するかも見据えたタイトルにするという手段をどっかのかえるさんは使いました https://t.co/zOO1hTbwy4 あと狭めのトピックなら疑問文にするのもいいんじゃないかと https:…
RT @psj95708651: 社会保障財源として消費税増税に賛成の方々へ。わたしはその考え方とはちがいますが、せめて、消費税を社会保障特定財源に入れて、法人税減税に使えないように、持って行ってください。お願いいたします。 https://t.co/zuvq4JxdPy
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/x84a37BNaD) 「AI解析向け動画像符号化方式」これも
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/VimaMpyaFS) 「不揮発性メモリを使ったデータ永続化システムNV-HTMの評価」おお、OS研でやったんだ。
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/g1XLF4i2F3) 「通信経路を考慮したマイクロサービスの高速化検討」どれくらい問題になってたんだろう
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/5xd3tpvQkx) 「組込みシステム統合のためのマルチコア制御基盤ソフトの検討」どの辺が新規か概要からはわからんなあ
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/m03WtQsdz1) 「サービス可用性を改善するための異種OS間プロセスマイグレーションの活用」プロセスマイグレーションは大好きだけど、概要見る限りいらんくね?
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/Abst9VeEei) 「マルチテナント向けコンテナ環境における軽量かつ柔軟なARPスプーフィング対策の実現」まつもとりーさんだ(中身はよくわからない)
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/eX9gdTKggf) 「ハイパーバイザーとNVMを用いたメモリトレイサーの検討」DRAMに比べてどうだったんかな
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/ejgRk8zZO6) 「近似レベルを動的制御可能なアーキテクチャの提案」回路まったくわかんないんだけど、そんなに精度よく精度かえられるんかな
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/DOnwXNGAG4) 「関数型言語ElixirによるROS 2のスケーラビリティを向上させるクライアントライブラリ」Elixirだ。
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/zKUJ4cDfhU) 「動的スクリプト言語の高効率実行を目的としたプロセッサアーキテクチャの拡張」ふつうにJITでいいんちゃうの? 組み込み用なのかな?
RT @zooman_koichi: 今日の飼育係向け講義で紹介した元天王寺動物園長の論文ですが、80年近く動物園は変わっていないなぁと嘆息 ※ 国立国会図書館デジタルコレクションで読めます https://t.co/IJahJidzCb https://t.co/fXEJj5…
RT @tokiwa_soken: うわぁ。国会図書館からこんなキケンなレポートがでているよw 諸外国の事例に見る付加価値税の減税等 https://t.co/HEOxsAIG4j
@ssmufler 副題を入れるとかして分野一般にどう貢献するかも見据えたタイトルにするという手段をどっかのかえるさんは使いました https://t.co/zOO1hTbwy4 あと狭めのトピックなら疑問文にするのもいいんじゃ… https://t.co/WsZeQEtD42

5 5 5 0 OA 大智度論

子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。… https://t.co/IK7tS0tgZJ
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In… https://t.co/L8Kfbgfn04
写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In… https://t.co/L8Kfbgfn04
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
第九、わからん。 https://t.co/c7KYwgRj9R https://t.co/BLZkFqEqI9
#統計 添付画像は p.85より。pp.83-84に詳しい計算が書いてある。 https://t.co/wSDIgaOAqf の第1節 https://t.co/foCDt7FZBK p.610の右側 と同じ計算。 https://t.co/y1JiW3wp34
RT @ZF_phantom: ダイヤモンド・プリンセス号の空調システム設計。 ・客室の新鮮空気量は30%(70%は循環) ・客室に入った空気は主に通路に出て換気ダクトへ(再循環) →感染者の室内空気は通路を経て別の客室へ。 感染拡大原因はさておき、隔離施設としては不適切…
RT @yearman: 幸田国広先生のこの論文とか読むといろんな情報が伝わってくるのかしら>CiNii 論文 -  国語教育情報レーダー 大学入学共通テスト導入に向けた試行調査(プレテスト)とその結果をめぐって https://t.co/GOHvUbfqnk #CiNii
Jstageの2003年度だけれどもの寄稿文を眺めた見た.https://t.co/tgxPV8b98G

フォロワー(4499ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1088「デジタル・プラットフォーマーと競争政策」(PDF:476KB)を掲載しました https://t.co/PC7gFQSHzq

99 99 99 99 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…

99 99 99 99 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
同上。桜井万里子「史料としての古典文献(シンポジウム 「西洋古典学の課題」)」『西洋古典学研究』第51巻(2003年)114-121頁 https://t.co/pR3fYc5UMO
同上。逸身喜一郎「西洋古典学の課題」『学術の動向』第8巻第5号(2003年)56-58頁 https://t.co/x4Da810jgS
@Dr_Zetton https://t.co/yApVY7PIEr お。ありがとうございます。 四ページあたりの議論と思いますが、症状のある人の集団で決定された感度特異度を一般に拡張はしにくいのかなと思いました。
予想はしていたのですが、火星の地震波形を使った地殻内の散乱(短波長の不均質)の研究成果、おもしろいです。この話題(地球編)、少し古くなりましたが、齊藤竜彦さんのレビューが2009年に出ています。 https://t.co/7zVDpHq8ne
RT @takakusa_ken: CiNii 論文 -  当事者研究の社会的秩序について : 経験の共同研究実践のエスノメソドロジーに向けて(浦野茂, 2016年) https://t.co/qhjHahKgEI 〈経験〉と〈経験を語ること〉の複雑な関係について丁寧に論じられ…
断層が動いて津波が発生してそれが伝わって、は最近どんどん理論が進展している分野 齊藤竜彦:津波発生の理論―発生域での変位・流速・圧力変化(地震68巻) https://t.co/IOqM7JRdgh

2 1 1 1 西洋史論叢

早稲田の『西洋史論叢』、東大文学部図書館は35号以降は講読してないのか。最寄りの大学図書館にも当然入っておらず。https://t.co/7hztJpHStY
@narita_yusuke ご紹介いただいたので補足。 足立区プロジェクトの続き:https://t.co/rZbRg2iO5z コアメンバー:@shun_bessho なお、私は参加させていただいている立場です。
出典:中島 綾子, 鹿野 晶子, 野井 真吾 (2011)「小学生における体温の実態と生活との関連」『発育発達研究』51, pp.81-91 https://t.co/skPpFTOHIO
RT @oshio_at: 公刊されました。バブルの時期以降,日本全体がネガティブな方向に向かっているかもしれないという論文。 日本における情緒不安定性の増加 ──YG性格検査の時間横断的メタ分析── https://t.co/CcBUQ1bxbG
RT @oshio_at: 公刊されました。バブルの時期以降,日本全体がネガティブな方向に向かっているかもしれないという論文。 日本における情緒不安定性の増加 ──YG性格検査の時間横断的メタ分析── https://t.co/CcBUQ1bxbG
広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。https://t.co/siE4HKwM2i
RT @hayakawa2600: 同じ著者のこちらもよかった。「祝祭商品」という着想がおもしろい:右田裕規「日本近代の民衆経験に見る<祝祭商品>の同時代的意義の再考」『社会経済史学』79(1)、2013年 https://t.co/XrDU931PZU
RT @hayakawa2600: 国民精神総動員運動期の国旗掲揚運動については拙著でも触れたが、それ以前の掲揚してなさぶりが紹介されていて興味深い。さらに「祝祭日を知らない人びと」節などおもしろし:右田裕規「近代民衆世界における祝祭日のサボタージュ」『時間学研究』2(0)、2…
RT @tall_zelkova: モバイル端末を使ったビデオ会議のための眼球型ディスプレイ「ThirdEye」の日本語論文が公開されました.ThirdEyeによって,何もない場合に比べ,机の上のカードに向けて相手の視線をスムーズに誘導できることを示しました. https://…
モバイル端末を使ったビデオ会議のための眼球型ディスプレイ「ThirdEye」の日本語論文が公開されました.ThirdEyeによって,何もない場合に比べ,机の上のカードに向けて相手の視線をスムーズに誘導できることを示しました. https://t.co/SRH0yT0z61
https://t.co/tIHVZwxX4o 天然多糖類を硫酸化した硫酸化多糖がウイルス対策に使えるってのは割とメジャーな話なのでは?
RT @oxomckoe: そうか一部の大学では逆行現象が起こっているのか。僕の経験によれば監査室は研究内容については分からないことから旅費にどうしても拘りたい彼らの側の必要があるのですよね。CiNii 論文 -  学校法人東京理科大学の監査目線--重箱の隅から国益に想いを馳せ…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @shirouzu: 実効性はお墨付きの航空業界の安全報告制度(や事故調査ポリシー)を、他業界でも標準にして欲しいところ。 ---- 「(人間はミスを犯す者であるとの認識から)故意でない限り、報告者を罰するより事故の再発防止の方を重要視する免責制度を基本とした安全報告制度…
RT @shirouzu: 実効性はお墨付きの航空業界の安全報告制度(や事故調査ポリシー)を、他業界でも標準にして欲しいところ。 ---- 「(人間はミスを犯す者であるとの認識から)故意でない限り、報告者を罰するより事故の再発防止の方を重要視する免責制度を基本とした安全報告制度…
RT @narita_yusuke: 自治体と分析者の出会いの例: 足立区:https://t.co/hWchyzlG3q @Koichi_U 尼崎市:https://t.co/2OcriDn6Xn @fohtake 政府や自治体の行政データ開放運動:https://t.…
RT @ma31stm: 人混みじゃなくても、黄砂由来でウイルスが国内に入ってきていることは確認されているようなので、花粉症の人じゃなくても洗濯物屋外干しとか窓の開閉とかも気をつけたほうがよさそう。→礒田 博子 (2011)「黄砂によって輸送される病原性物質」https://t…
RT @sivad: 『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/S…
RT @ShinyaMatsuura: ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持たせるべ…
RT @ShinyaMatsuura: ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持たせるべ…
RT @ShinyaMatsuura: ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持たせるべ…
RT @takanoriida: @awtjvyjz 森岡氏のレビュー↓ https://t.co/q57k11CUa2
二十年前に書かれたこの素粒子論の記事面白い。https://t.co/iljcVcok0S
RT @KUGousei: 【無水無酸素反応あれこれ(おさらい)】 基本的な実験操作は次第におろそかになりがち・・・。あやふやな人は一度おさらい! https://t.co/TX6AmplQjn (井川先生・友岡先生) (おまけ)脱水溶媒はレンジでチンしたモレシを放り込んで長…
RT @KUGousei: 【無水無酸素反応あれこれ(おさらい)】 基本的な実験操作は次第におろそかになりがち・・・。あやふやな人は一度おさらい! https://t.co/TX6AmplQjn (井川先生・友岡先生) (おまけ)脱水溶媒はレンジでチンしたモレシを放り込んで長…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  小泉・安倍政権の医療改革 : 新自由主義的改革の登場と挫折(<特集>社会保障改革の政治経済学-社会政策学会第115回大会共通論題) https://t.co/K8PoUdC0qH #CiNii
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
RT @Archer12521163: 六朝期の口語が『五経正義』に混入していて、唐代以降は使われなくなったので以後わかりにくい言葉になった、という話は面白かった https://t.co/n8nYykdOeI >>文語文と白話TL
@JUMANJIKYO 『当て字当て読み/漢字表現辞典』は、古例を求めたものではありませんしね。 『遊字典』を見たら、島崎藤村「破戒」・石川淳「佳人」・三島由紀夫「仮面の告白」が挙がっていました。 https://t.co/0HjgfEsr1Y
『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/SZWsaBHJBX
"血中において尿酸はビタミンCに匹敵するとも言われる強力な“抗酸化作用”を有しており,哺乳動物の血清尿酸値は様々な動物種の寿命と正に相関すると言われている" 尿酸が高ければビタミンCなど摂取する必要はないのだ勝ったなガハハ (いま… https://t.co/25iBOHVcrv

22 1 1 0 OA 官報

https://t.co/kXtsxUa6MV 「漢文に関する文部省調査報告」#覚え書き
RT @egamiday: “落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
RT @Mushi_Kurotowa: 「作者を目の前にその昆虫作品をキモいと言ってしまうこと」 というのは日本語配慮表現と関連する気がしています。 https://t.co/Et33cd3fhi

3 3 3 0 OA はやり唄

@JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を… https://t.co/Jm8sPuvlkg
@nloglogn 昭和40年代の小学生だと普通に集合と写像を習ってたりします…
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日… https://t.co/cUdT8TDYZT
@IIMA_Hiroaki 「冥途の飛脚」ですかね、さかのぼれば。 「今日も今日とて島屋にて、理屈をつめて ねだれごと」 https://t.co/ygmf5LDHfP 1行目 (大近松全集)
力作を宣伝された! 「音楽情報処理のための深層学習」 https://t.co/tboD506hRb
RT @ruroni11: シカの異常な増加は、林床植生の貧弱化による食植生昆虫への影響が注目されるけど、土壌性動物にも顕著な負の影響を与えることが示唆されている。 シカの高密度地区では、アリヅカムシ亜科がほぼ欠落しており、顕著な負の影響を受けていることが示唆された。 http…
@uger_san https://t.co/yMfVWmerUg 佐賀県方言辞典 つんなむ ツレナフ
詩経の小雅の北山之什の「上天同雲 雨雪雰雰 益之以霢霂」のあたりについて、中村惕斎の『詩經示蒙句解』で、「こさめふる時は、土脉うるほひて、よく物を生す」と注があるのを見つけましたが、もう、これは、この元を探したりはしません。… https://t.co/mQLaGecKMJ

1 1 1 0 OA 日用便覧

明治24年の『日用便覧』では、 https://t.co/XPiV2N0ilT 「つちうるほひおこる」と読んでいますが、これなどは、「土脉」を「つち」と読んだのでしょうか。
「獺祭魚」が「土脉潤起」に変わったことは、深沢眞二「獺の祭見て来よ:七十二候と俳諧」https://t.co/k81ZwCvFcM で纏めてくださっていて、「渋川春海は貞享暦の構築にあたって、日本の風物や気候に適った新たな「七十二… https://t.co/qRtMBLHDBY
七十二候の「土脉潤起」を「ツチのショウ ウルオイ オコル」と読む習慣があるのを知って、脉(脈)をショウと読むとはどういうわけだ、と思いました。 まず、明治11年の懐中要便七十二候略暦に「ツチノシヤウ 」とあることが見え、… https://t.co/byLOCSRquV
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
新幹線の字幕ニュースが終了し、ある程度経過すると、この論文もピンとこなくなる日が来るのかなぁ。文要約、年表の自動生成のために勉強してたことあります。 /「新幹線要約」のための文末の整形 https://t.co/gseXGRBNGQ
第26回大学教育研究フォーラムでポスター発表を行います(3/18水、京都)。「IRは大学の期待に応えられているのか:小規模大学におけるヒアリング調査を通じて」(白石哲也/山形大学・橋本智也/四天王寺大学)。科研費で進めている調査(… https://t.co/4fZFE63V5V
RT @ruroni11: シカの異常な増加は、林床植生の貧弱化による食植生昆虫への影響が注目されるけど、土壌性動物にも顕著な負の影響を与えることが示唆されている。 シカの高密度地区では、アリヅカムシ亜科がほぼ欠落しており、顕著な負の影響を受けていることが示唆された。 http…
立法調査資料『レファレンス』No.829を掲載 諸外国の事例に見る付加価値税の減税等 (PDF: 1437KB) https://t.co/hpt0RGrAbv
RT @yearman: @ssmufler 副題を入れるとかして分野一般にどう貢献するかも見据えたタイトルにするという手段をどっかのかえるさんは使いました https://t.co/zOO1hTbwy4 あと狭めのトピックなら疑問文にするのもいいんじゃないかと https:…
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/x84a37BNaD) 「AI解析向け動画像符号化方式」これも
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/VimaMpyaFS) 「不揮発性メモリを使ったデータ永続化システムNV-HTMの評価」おお、OS研でやったんだ。
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/g1XLF4i2F3) 「通信経路を考慮したマイクロサービスの高速化検討」どれくらい問題になってたんだろう
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/5xd3tpvQkx) 「組込みシステム統合のためのマルチコア制御基盤ソフトの検討」どの辺が新規か概要からはわからんなあ
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/m03WtQsdz1) 「サービス可用性を改善するための異種OS間プロセスマイグレーションの活用」プロセスマイグレーションは大好きだけど、概要見る限りいらんくね?
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/Abst9VeEei) 「マルチテナント向けコンテナ環境における軽量かつ柔軟なARPスプーフィング対策の実現」まつもとりーさんだ(中身はよくわからない)
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/eX9gdTKggf) 「ハイパーバイザーとNVMを用いたメモリトレイサーの検討」DRAMに比べてどうだったんかな
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/ejgRk8zZO6) 「近似レベルを動的制御可能なアーキテクチャの提案」回路まったくわかんないんだけど、そんなに精度よく精度かえられるんかな
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/DOnwXNGAG4) 「関数型言語ElixirによるROS 2のスケーラビリティを向上させるクライアントライブラリ」Elixirだ。
[情報学広場:情報処理学会電子図書館](https://t.co/zKUJ4cDfhU) 「動的スクリプト言語の高効率実行を目的としたプロセッサアーキテクチャの拡張」ふつうにJITでいいんちゃうの? 組み込み用なのかな?
RT @zooman_koichi: 今日の飼育係向け講義で紹介した元天王寺動物園長の論文ですが、80年近く動物園は変わっていないなぁと嘆息 ※ 国立国会図書館デジタルコレクションで読めます https://t.co/IJahJidzCb https://t.co/fXEJj5…
@ssmufler 副題を入れるとかして分野一般にどう貢献するかも見据えたタイトルにするという手段をどっかのかえるさんは使いました https://t.co/zOO1hTbwy4 あと狭めのトピックなら疑問文にするのもいいんじゃ… https://t.co/WsZeQEtD42
ホワイトノイズについて 飛田 武幸, 佐藤 坦 https://t.co/SPRr1upPFc

5 5 5 0 OA 大智度論

RT @knagasaki: 子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。 「国立博物館所蔵…

5 5 5 0 OA 大智度論

子活字版と言われているが、こっち https://t.co/mM9ttDuW2i とこっち https://t.co/5OYvk2UrVj で共通化されてる部分があるかもと思ったが刊行年が離れていることもあってか版木が異なるよう。… https://t.co/IK7tS0tgZJ
山口仲美『日本語の古典』岩波新書 2011 いいタイトルだと、改めて思います。 https://t.co/GtMnDvBisg
RT @yusumimi: 水銀が液体なのは相対論効果はグッとくる話 J-STAGE Articles - 金と水銀の異常性をどう理解するか : 第6周期元素は相対論とf電子の影響から逃れられない(ヘッドライン:周期表を読む) https://t.co/rB29IzMpXG
明示的・暗示的知識の整理については草薙さんの博論の第2, 3章が非常によくまとめられていると思います。彼自身はこの博論を評価してないかもしれませんけど,このレベルで俯瞰できるのはさすがだなと思いますよ。出版する気ないでしょうから博… https://t.co/q0rD8j0xfT
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…

6 6 6 0 OA 放送史料探訪

放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/iZdg5GzVl1
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In… https://t.co/L8Kfbgfn04
写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In… https://t.co/L8Kfbgfn04
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
RT @a24isobe: 銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるか…
第九、わからん。 https://t.co/c7KYwgRj9R https://t.co/BLZkFqEqI9