著者
米元 佑太 京極 真
出版者
公益社団法人 日本理学療法士協会
雑誌
理学療法学Supplement Vol.44 Suppl. No.2 (第52回日本理学療法学術大会 抄録集)
巻号頁・発行日
pp.1752, 2017 (Released:2017-04-24)

【はじめに,目的】理学療法には多様な専門領域のあり方や関係を基礎付ける学問的基盤となる機能をもつメタ理論がない。その弊害は,理論や方法を選択するための基準が不明瞭となり,「どのような理学療法がよい理学療法か」という問いに答えうる価値判断の基準が存在しない点にある。本論の目的はこの問題を解消する理学療法のメタ理論を構築することであった。【方法】本論では,メタ理論工学を用いた理論研究を行った。理論構築の方針は,異なる立場からも了解可能な原理になるように論証することであった。その方針のもと,①全ての理学療法に共通する理路の整備,②理学(physical)=身体の原理的基礎付け,③それらに立脚した介入プロセスの提示を行った。【結果】①全ての理学療法に共通する理路原理的に考えると,実践とは「ある状況と目的のもとで確率的に遂行される」といえる。これを「実践の原理」とよぶ。状況や目的と全く関係ない理学療法や,実践し終える前から事後の状態を確定できる理学療法はないことから,理学療法は例外なく実践であるといえる。そのため,実践の原理は全ての理学療法に共通する理路であるといえる。②身体の原理的基礎付け哲学史を通覧すると,本論と同型の目的をもつ理路に現象学的身体論がある。主な論者であるフッサール,ハイデガー,メルロ=ポンティらの最も原理的な理路を抽出すると,身体とは主観と客観が同時に成立する場であり,人間の存在可能性の根拠であり,世界と人間を繋ぐ媒体として働き,情状性=気分と相関的に構成される対象でもある,と再構成できる。これを踏まえ,本論では「身体は超越論的主観性において気分相関的に構成された媒体であり,それは世界と主体を繋ぐものであると同時に,可能性を担保しつつ制約する構造である」という「身体の原理」を定式化した。③介入プロセスの提示①と②をふまえると,理学療法は主体の可能性を確保することを目的として実施されるといえる。したがって,理学療法は「何らかの状況で,対象の可能性の確保を目的として,身体に介入することであり,その有用性は事後的に決まる」と定式化できる。これを臨床に落とし込むと,1.身体の原理に基づく評価,2.対象の可能性の確保に向けた行動計画立案,3.理学療法介入の実践,4.有用性の検討の4ステップで表現できる。①~③で構成されるメタ理論を「原理に基づく理学療法(Principle Based Physical Therapy:PBPT)」と命名した。PBPTの価値判断の基準は「対象の可能性の確保」であり,それに寄与しているかどうかで理学療法の成否を判断できる。【結論】立場が異なっても了解できる理路を構築することによって,あらゆる理学療法を基礎付けるメタ理論を開発できた。良い理学療法とは何かという問いに対して,PBPTは目的を達成できる理学療法が良い理学療法であると答えることができる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 14 posts, 1 favorites)

@rehasukeman @AmazonJP 専門は哲学. https://t.co/eAdo4ubg4s 論文,書くぞ.マジでこれは通さないと各方面に顔向けできない.
@g0t0n0ri @sumako1004 https://t.co/AU5swsIc8a PTのメタ理論です。PTの目的は「可能性の担保」であり、手段は「身体に介入すること」OTの目的は「経験の質を変えること」であり、手段は「作業に従事できる状況を整えること」と考えます。目的を達成する手段が身体機能訓練で合致すれば同じ事やることになると思います。
昨年の近畿学会と今年の全国学会の抄録では、こんな感じです。https://t.co/f8i7TerWc6 https://t.co/eAdo4ubg4s
【宣伝②】抄録へのリンクです。https://t.co/eAdo4ubg4s 是非皆様からのご意見をいただきたいです。自分でも変わった研究だなぁと思いますが、今まで誰も研究してくれていなかった、とても大事な領域の研究だと考えています。抄録に目を通していただければ幸いです。
1 1 https://t.co/ATfUHITWz4
理論研究。これはすごい!! どの時代どの領域にも通定する身体の原理を定式化した よい理学療法とは? 原理に基づく理学療法(Principle Based Physical Therapy:PBPT)の基礎付け と介入プロセスの提示 https://t.co/dFzGHUqVgQ

収集済み URL リスト