悪いアンパンマン2.0 (@takano19890904)

投稿一覧(最新100件)

生活期におけるOBP2.0、CAODを用いた作業療法実践について事例報告しています。 ご興味ある方はぜひご一読頂ければ幸いですm(_ _)m。 https://t.co/vSmI71FZzx
RT @tokuda_k12: 【拡散希望】 本日公開となりました。 急性期、回復期、生活期に関係なく脳梗塞には『BAD』という病態があるということを知って頂けると嬉しいです。 宜しくお願い致します。 J-STAGE Articles - Branch Atheromato…
#今日のピコペコ 軽度の脳卒中後遺症を呈した方にトランスファーパッケージを中心とした外来OTを20分、週1回の頻度で実施したら、麻痺手の動き、使用頻度、使いやすさが改善したという事例報告。 運用の仕方が明確に示されているので、とても参考になります。 https://t.co/XxPf3GspaX https://t.co/ptmlnCLR1K
#今日のピコペコ 療養病床や老健でライフヒストリーカルテを導入すると、そこで働く医療介護職のケアになんらかの良い影響があるかもという研究。 個人的にはライフヒストリーカルテにはとても興味があるので、ぜひうちのデイサービスでも効果を検証してみたい。 https://t.co/CSsrFhMPkz
RT @takshi_77: 小渕君 @kindai0707 と書かせてもらった論文が作業療法から発刊されました。行動変容の基盤があるケースなら、短時間運用でも実施できるという貴重な介入だと思います。是非、ご覧くださいませ。 https://t.co/mzGmzAJmEc h…
#今日のピコペコ 施設に勤める福祉用具を用いて介護をしている介護士で、仕事に支障をきたすレベルの腰痛がある人は、それが無い人に比べて入居者毎の介助方法について話し合いが少ない、作業時間に余裕が無い、入浴介助の人数が少ないと感じている人等が多かったという研究。 https://t.co/bcWHmfSV6C https://t.co/TY4dYEB6pM
吉備国際大学の寺岡先生(@teraokamutsumi)と共著で書いた論文が掲載されました。 『訪問リハビリテーションにおける「作業に根ざした実践2.0(OBP 2.0)」の臨床有用性について』です。 OBP2.0を臨床でどう活用すれば良いか迷ったときに参考にして頂けたら幸いです^_^。 https://t.co/CVsvD9tBKX
この研究の限界として、職種の偏りがあり、身体障害領域のみの経験者にインタビューしていること、疾患別の検討ができていないことなどがあるため、結果の解釈は慎重に行う必要がある_φ( ̄ー ̄ )。 https://t.co/lnJFYAyFKY
@g0t0n0ri @sumako1004 https://t.co/AU5swsIc8a PTのメタ理論です。PTの目的は「可能性の担保」であり、手段は「身体に介入すること」OTの目的は「経験の質を変えること」であり、手段は「作業に従事できる状況を整えること」と考えます。目的を達成する手段が身体機能訓練で合致すれば同じ事やることになると思います。

お気に入り一覧(最新100件)

大先輩から良い知らせ。 アクセスランキング1位! まあなんでも1番は良いことと思って、少しだけ喜んで先に進みたいと思います^ ^ 急性期病院あるある⁇のマンネリ外来をなくしたいという隠れた想いです https://t.co/brSbwvrsB8 https://t.co/7UdMMVX40d
高野さんと書いた論文が学術誌作業療法の月間アクセス5位に入ってる!ありがとうございます.まだ見れてないという方はぜひ見てみてください.https://t.co/VOgPJxaaaz
小渕君 @kindai0707 と書かせてもらった論文が作業療法から発刊されました。行動変容の基盤があるケースなら、短時間運用でも実施できるという貴重な介入だと思います。是非、ご覧くださいませ。 https://t.co/mzGmzAJmEc https://t.co/GTc2EG2wty
お勧め。回復期リハビリテーション病棟に入院する当事者の方々にご協力いただき信念対立研究に取り組んだ者の1人としてこういう問題を体験することがなくなるように願いますし尽力しますわ。 https://t.co/o6X6MTPFjD 鬼の目にも涙。|蒼(あお)脳梗塞アカウント https://t.co/8WprZ2MK2m

フォロー(1650ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

新人OT、学生さんは必見です。『傾聴』の大切さが改めて理解できる論文だと思いました。当事者の立場から見る『傾聴』の意義を再確認し、明日からの臨床に活かしていきたいところですね。 https://t.co/hhoO9T7xWw
ICFのスコアリングをきちんとしてるところをあまり見た事ないし、FAIの使用状況がめっちゃ低いのが気になる。 地域理学療法における評価指標の使用状況と評価指標の条件に関する調査報告 https://t.co/A3J7pMEg0J
精神科作業療法士は、職業的アイデンティティに迷走している人を見かけることが少なくないと感じる。特に若手療法士は、OTとしてのアイデンティティを高められる要因に積極的に携わっていきましょう。 ①多職種カンファへの参加 ②後輩指導 ③取り扱い件数の管理(点数管理) https://t.co/YSwMVMgAOM
RT @sugargroove: 欧州の学会でポスター発表したら超有名な英国の教授が基質結合部位の図をひと目見て「この阻害剤効くんじゃない?」と言ってくれたので、帰国して実験したらそのとおりだったので謝辞に入れた例。 https://t.co/6LpVtD2DBE
RT @Aspiration_p: 非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性は…
RT @Takuya_530822: これは納得! 実習指導者は、学生に「積極性がない」と評価する前に、自身との関係性がそれに影響を与えている可能性があることは理解しておかないとね。学生は指導者(環境因子)によって本当に変わると思う J-STAGE Articles - 臨床…
これは納得! 実習指導者は、学生に「積極性がない」と評価する前に、自身との関係性がそれに影響を与えている可能性があることは理解しておかないとね。学生は指導者(環境因子)によって本当に変わると思う J-STAGE Articles - 臨床実習における積極性の検討 https://t.co/GPZMlkWhAz

フォロワー(1420ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Aspiration_p: 非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性は…
RT @Takuya_530822: これは納得! 実習指導者は、学生に「積極性がない」と評価する前に、自身との関係性がそれに影響を与えている可能性があることは理解しておかないとね。学生は指導者(環境因子)によって本当に変わると思う J-STAGE Articles - 臨床…