著者
江口 昭彦 齋藤 寛 田中 静恵 田中 恵子 中野 篤浩 有澤 孝吉 小林 誠
出版者
The Japanese Society of Nutrition and Dietetics
雑誌
栄養学雑誌 (ISSN:00215147)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.177-182, 1999-06-01 (Released:2010-02-09)
参考文献数
9
被引用文献数
1 1

種々の食品中の硫黄含量を明らかにすることにより, 硫黄の摂取量また硫黄の人体に対する生理的意義や健康状態との関連を知るための基礎資料の作成を目的とし, 予備的な回収実験の後, ICP発光分析法により12群77種 (各5検体) の食品について硫黄含量を測定した。この結果に基づいて, たんぱく質, 含硫アミノ酸と硫黄含量との相関を解析した。1) システイン溶液を用いた回収実験の結果, 過酸化水素水, 硝酸, 過塩素酸を加える操作法が, 最も高い回収率 (97.8±2.1%) を示した。2) 魚介類, 卵類, 豆類, 獣鳥肉類, 藻類 (あまのりのみ) 等の食品は, 硫黄含量が多かった。3) いも類, 野菜類 (にんにくを除く), 果実類, きのこ類などの食品は, 硫黄含量が少なかった。4) 今回測定した食品の硫黄含量とイギリスで発表されているもの20種 (24品目) との比較を行ったところ, 数値に若干の開きがあるものもあったが, 相関係数はr=0.89 (p<0.001) と極めて強い有意な正相関が認められた。5) たんぱく質及び含硫アミノ酸含量と硫黄含量との間には, 有意な正の相関が認められた。6) いいだこ・いか・ほたてがい・あまのり等の硫黄含量が特に多いのは, タウリンが多く含まれている食品であったり, 含硫アミノ酸以外に酸性ムコ多糖類似物質等も含まれている食品であるためと考えられる。7) にんにく, あさつき, グリーンアスパラガスの硫黄含量が比較的高いのは, 硫化アリルを含んでいるためと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 3 favorites)

食品中の硫黄含量について (第1報) https://t.co/gaaiYc0pqx <1999年だからもう20年前になるのか…。
おならの匂いの原因になる硫黄も情報収集なのだ 小麦粉>米。ネギニラ類には摂取量で考えるとそれほどでもないのだ。 野菜としては多いぐらい。大豆がニンニクと同じ!これは意外なのだ。 結論は:他の栄養素考えるとバランス良い食生活するの… https://t.co/ZLoaUVaRr4
硫黄、適量だとむしろ健康になりそう https://t.co/579kkcYheh
昨日食べた肉が原因かと思ったら、晩飯の海藻味噌汁か。海藻類がダントツに硫黄分が多かった。 https://t.co/wWOkkg0YEf
@Player5357 あっ、おもいっきりにんにくが原因じゃね?にんにく硫黄分多いかららしいけど https://t.co/sc6UMiUU8h
硫黄呼吸:哺乳類も ヒト生命維持に不可欠 - 毎日新聞 https://t.co/IaqcOxETYk ちなみに単位重量当たりの硫黄を多く含む食品は,イイダコ,いか,ホタテガイ,あまのり。 https://t.co/hTFpkQDX81 なのでイカタコホタテは健康維持に不可欠かも

収集済み URL リスト