著者
石坂 愛
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.299-315, 2016-09-30 (Released:2016-10-11)
参考文献数
17

本研究では,都市化と宗教弾圧の歴史の中で発展した新宗教の聖地における教団と地域住民間の土地をめぐる葛藤の実態とその要因を明らかにすることを目的とする.研究方法として,奈良県天理市において進められる天理教教会本部の宗教都市構想の基盤となる八町四方構想に着目し,その計画地をめぐる地域住民と教団の交渉過程と,構想に対する地域住民の意識を追った.その結果,調査対象者の地域住民のうち約90%が天理教信者であるにも関わらず,約45%がこの構想に葛藤を抱いていることがわかった.その要因として,①教団の持つ宗教的イデオロギーと自身の考える教理の不一致があることがわかった.その他の要因として,②地域住民内部での八町四方構想に関する知識共有の薄弱化③教団と土地所有者のみで取り行われる土地・建物の譲渡交渉が考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 35 posts, 19 favorites)

書き込みより 真柱は神ですか?もし神様ならこの世は平和で館も、マネーロンダリングを疑われるビル等不動産経営もしなくていいですよね?神様なら やはり真柱の真之亮 以降に 人に選ばれた 偽の真柱が異端にさせたのです。… https://t.co/LPJeOIumAH
書き込みより 真の神の教え に 身分税度 も 贅沢な高級車 も 豪勢な宿舎 もいりません。面白い資料を発見しました。 以下 調査報告 天理市における教団と地域住民間の土地利用をめぐる諸相石坂 愛… https://t.co/GiWIGGa5wK
書き込みより 「八町四方構想」が神の意思であるなら近隣住民とも揉めるはずはない。では何故もめたのでしょう?それは『二代真柱が1953年に提唱した構想が「八町四方構想」とよばれる都市計画」』都市計画つまり神の意思では無いからです。… https://t.co/USk4cbfjf8
書き込みより 『天理教の教理である「陽気ぐらし」の雛形として二代真柱が1953年に提唱した構想が「八町四方構想」とよばれる都市計画である』 https://t.co/raluURw1nm 現在、皆さんもご存知のように教団を破滅の道… https://t.co/kkwwFWBnRC
これは面白い。 天理市における教団と地域住民間の土地利用をめぐる諸相 石坂 愛 https://t.co/raluURw1nm
【E-journal GEO掲載論文】石坂 愛 2016.天理市における教団と地域住民間の土地利用をめぐる諸相,E-journal GEO 11(1),299-315.https://t.co/5WHQn2Y90E
3 3 https://t.co/8PF6xEaXiK
石坂愛「天理市における教団と地域住民間の土地利用をめぐる諸相」 https://t.co/YZBSBDfTwH 天理教の理想都市建設のための土地買収において地域住民と齟齬が生まれているという論文。天理教信者でも計画に納得していない… https://t.co/Xkk3wYPR4i

収集済み URL リスト