著者
YUTAKA SHIRAHIGE MASAHIRO ITO KIYOTO ASHIZAWA TOMOKO MOTOMURA NAOKATA YOKOYAMA HIROYUKI NAMBA SHUJI FUKATA TAMOTSU YOKOZAWA NAOFUMI ISHIKAWA TAKASHI MIMURA SHUNICHI YAMASHITA ICHIRO SEKINE KANJI KUMA KUNIHIKO ITO SHIGENOBU NAGATAKI
出版者
(社)日本内分泌学会
雑誌
Endocrine Journal (ISSN:09188959)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.203-209, 1998 (Released:2006-11-25)
参考文献数
30
被引用文献数
7 or 0

The high incidence of childhood thyroid cancer in Belarus is suspected to be due to radiation exposure after the Chernobyl reactor accident. To clarify the clinical and histological characteristics of childhood thyroid cancer in Belarus, we therefore compared these patients to a radiation non-exposed control series in Japan. In Belarus, 26 thyroid cancers in subjects aged 15 or younger were diagnosed among 25, 000 screened between 1991 and 1995 by Chernobyl-Sasakawa Health and Medical Cooperation Project. The clinical and morphologic features of these 26 cases were compared to 37 childhood thyroid cancers in Japan diagnosed between 1962 and 1995. The age distribution at operation in Belarus showed a peak at 10 years old, with a subsequent fall in numbers. In contrast, the age distribution at operation in Japan showed a smooth increase between the ages of 8 and 14. The mean tumor diameter was smaller in Belarus than that in Japan (1.4±0.7 vs. 4.1±1.7cm, P<0.001). The sex ratio, regional lymph node metastasis, extension to surrounding tissues or lung metastasis did not differ significantly. Histologically, all cases in Belarus were papillary and in Japan 33 cases were papillary and 4 cases were follicular carcinomas. Among papillary carcinomas, the frequency of a solid growth pattern, a criteria for classifying a tumor as poorly differentiated, was higher in Belarus than that in Japan (61.5 vs.18.2%, P<0.001). The difference between the features of childhood thyroid cancer in Japan and Belarus may be due to the difference in the process of carcinogenesis, but more direct evidence and further analysis by molecular epidemiology are needed in Belarussian cases.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (4 users, 4 posts)

さて、今このタイミングでこれを出します。 これは、極めて重要な情報です。 【甲状腺癌発症までに最低5年、は、放射能障害の場合は、  全くの大ウソ。】 出していない情報、知られていない情報というのは、 数多くあります、というより、ほとんどの情報は、 出されていないのです。 公開情報を、Mirrorとして、出していくよりしようがありません。 まず情報ソースを明示します。 ■引用文献1: タ ...
There is an unacknowledged tragedy occurring for the children in Japan. 日本の子供たちに起こっている、認められていない悲劇がある。 6月25日、フォーブス誌にJames Concaの記事「放射能で日本人に恐れを抱かせるのは犯罪」が掲載された。http://www.forbes.com/sites/jamesconca/201 ...
2009年の「日本臨床内科医学会」に発表された論文(第23巻第5号 2009年3月)で山下俊一は低線量被曝の危険性を指摘していた。 http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-570.html ①レントゲンとかCTスキャンなどで患者が被曝することが多く、特に日本ではあまりに気軽に診察で被曝させていると警告。 ヨーロッパではガンになる人の1%が医療によ ...
2009年の「日本臨床内科医学会」に発表された論文(第23巻第5号 2009年3月)で山下俊一は低線量被曝の危険性を指摘していた。 http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-570.html ①レントゲンとかCTスキャンなどで患者が被曝することが多く、特に日本ではあまりに気軽に診察で被曝させていると警告。 ヨーロッパではガンになる人の1%が医療に ...

Facebook における性別

Twitter (119 users, 139 posts, 48 favorites)

Yamashita et.al"Tumors in #Chernobyl developed w/surprising rapidity&short latency" https://t.co/yEa9FdCTuy p204 Exactly same in #Fukushima
山下俊一氏らの論文(https://t.co/9rldiH7OM4 )にある、1962年~1995年における伊藤病院(27例)、隈病院(10例)の小児甲状腺がんの男女比(1:4.3)は、国立がん研究センターにある罹患統計とはちと異… https://t.co/nkugAYYqnl
Childhood Thyroid Cancer: Comparison of Japan and Belarus (1998) https://t.co/eeBliPK9o1
チェルノブイリ甲状腺腫驚くほど短い潜伏期間(山下氏ら) #Chernobyl #Thyroid tumors developed w/surprising rapidity&short latency https://t.co/yEa9FdCTuy p204 #Fukushima
@Trib_ed_board #Chernobyl #Thyroid tumors developed w/surprising rapidity&short latency https://t.co/yEa9FdCTuy p204 https://t.co/zjy23TxACh
http://t.co/FymUxSpVZ9
1998年:チェルノブイリの甲状腺腫瘍は驚くほど急速に短い潜伏期間で発症(山下俊一氏ら)Tumors in #Chernobyl developed w/surprising rapidity&short latency https://t.co/yEa9FdCTuy #脱原発
ベラルーシ(91-95年)と日本(62-95年)での小児甲状腺癌の比較。 日本で大きさは 41±17mm(37人、11.9±1.9歳) 事故後のベラルーシは 14±7mm(26人、10.6±2.6歳)。 http://t.co/e4pGlJtCz7
日本での手術時の甲状腺腫瘍の大きさは41±17mm(37人、11.9±1.9歳)、チェルノブイリでのサイズは14±7mm(26人、10.6±2.6歳)。出典はhttp://t.co/X8ljYbxSwW
@iPatrioticmom 初めまして。いきなりなのですがこの論文は何かの参考にはなりますか?私は昨日初めて見たものですから。この比較とデータ、少し興味深いですね。もしすでに御存知でしたらすみません。iPatさんなら御存知かな...。 https://t.co/37phwnQ0
長崎大学の98年の論文の最後に、ベラルーシではP53のmutationが多いと書かれています。https://t.co/XpNn9fxq @HironobuSUZUKI 「癌抑制遺伝子p53ファミリーが放射線で傷つき
私にもまだよく分からない。調べてる最中だけど、論文が多過ぎて混乱中。 RT @iPatrioticmom 長崎大の https://t.co/udXXteEk …poorly differentiatedの件とか、どうなんでしょうね @み http://t.co/2vok8FOK
↓この論文、98年だから古いけど、その後何か知見、変わったんでしょうかね。監修は長瀧先生ですが。https://t.co/XpNn9fxq 組織とってよく見たんじゃないんですかね。
長崎大の論文はこれですね。 https://t.co/XpNn9fxq P53遺伝子とかpoorly differentiatedの件とか、どうなんでしょうね @miakiza20100906 http://t.co/Ur2v2WQD  この解説はinformative
めも、小児甲状腺癌、日本とベラルーシの比較、分母が? Childhood thyroid cancer: comparison of Japan and Belarus. http://t.co/ERytr404

収集済み URL リスト