著者
水谷 知生
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論 Series A (ISSN:18834388)
巻号頁・発行日
vol.82, no.4, pp.300-322, 2009-07-01 (Released:2011-08-25)
参考文献数
90

現在,九州と台湾の間の島々を示す地域名称として「南西諸島」,「琉球諸島」,「薩南諸島」などが重層的に用いられている.本稿ではこの地域の地域名称の使用,浸透の経過を政治的な背景とともに明らかにした.「南西諸島」をはじめこの地域の島々の地域名称の多くは,明治期に海軍省水路部により付与されたが,「薩南諸島」は民間で用いられ,広く使われるようになった.地域名称は教科書類によって一般に浸透し,名称の整理には教科書検定制度が役割を果たした.奄美諸島は,江戸期には,薩摩藩の直轄領でありながら対外的には琉球領として扱われたが,明治初期の日清間での琉球領有を巡る論争の際,日本政府は「琉球諸島」を沖縄諸島以南と整理し,奄美諸島を含めないこととした.一方,第二次世界大戦後,米国は軍事上の必要性から奄美諸島以南を日本本土と切り離す意図を持ってこの地域をRyukyu Islandsとした.「琉球諸島」の名称の使用には特に政治的な意図が多く働いた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

「琉球藩」の改名案として森有礼が「那覇藩」を提唱したことがある、と書いた論文が一応ヒットした。太田は1734年に「那覇藩」が造林事業を行ったと書いてるので関係なさそうだけど。 https://t.co/7NGi0P8irm
台風でよく聞く「先島諸島」が気になって調べてみたが、どうやら南部諸島ということで、宮古と八重山群島の総称だと大体理解した。尖閣を含む含まないには考え方に違いがあるのかな? #台風  https://t.co/bLlGoY0ZPT
【地理学評論掲載論文】水谷知生 2009.南西諸島の地域名称の歴史的および政治的背景,地理学評論82,300-322.http://t.co/pBUEp7NNxc

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Urtoz
2020-07-08 15:44:01 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Krkrkrme
2019-02-25 14:35:12 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト