著者
梅田 聡
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.133-138, 2018-06-30 (Released:2019-07-01)
参考文献数
34

共感に関する研究は, 近年, さまざまな観点から進められており, 理論的に確立され, 神経メカニズムも徐々に明らかにされつつある。本稿では, 共感を1) 行動的共感, 2) 身体的共感, 3) 主観的共感に分ける理論的枠組みを提案し, それぞれの定義および特徴について述べる。次に, sympathy とempathy の違いについて触れた上で, 共感の背後にある「心の理論」および共感との関係性について再検討する。 さらに, 共感を生じさせる上で重要な身体性について述べた上で, 各種の共感を支える神経メカニズムについて, ネットワーク的視点および局在論的視点からまとめる。最後に, 自閉症スペクトラム障害などの発達障害や神経心理学の視点から, 共感の病理について考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

「行動的共感には,主にメンタライジングやミラーニューロンのネットワークが,身体的共感には,主にエモーショナルネットワークやセイリエンスネットワークが深く関与すると考えられる。」(p. 5) 共感の理論と脳内メカニズム - Jst https://t.co/MvRVJaj4Ew
共感の理論と脳内メカニズム - J-Stage 著者: 梅田聡 · 2018 あとでよむ https://t.co/SAMrb17sYt

収集済み URL リスト