著者
柿内 秀樹
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌ATOMOΣ (ISSN:18822606)
巻号頁・発行日
vol.60, no.9, pp.537-541, 2018 (Released:2020-04-02)
参考文献数
13

環境中には天然起源のトリチウムと人為起源のトリチウムが存在する。まずトリチウムの基礎的な知見を整理するとともに人為起源のこれまでのトリチウムについて概観する。またトリチウムは水素の同位体であるため,環境中に広く分布している。この環境中のトリチウムを分析するための手法について現状を紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

あ、ちょっと記事読んだら T水は普通の水と同じように代謝されるから生物濃縮は確認されてないんだって 勘違いさせてごめんなさい ただ有機結合型T(代謝の段階で組織に沈着した物)で放出すると生物濃縮が起こるっと… J-STAGE Articles - トリチウムの環境動態及び測定技術 https://t.co/LtvHklrfoW
@kirikirius @hosono_54 https://t.co/CiZSLMeKOx
J-STAGE Articles - トリチウムの環境動態及び測定技術 https://t.co/WEeybDhUQY 福島第一原発の汚染水処理について、全漁連の会長が海洋放出に反対した。いい機会だから、トリチウムの基礎知識を学ぶのはいかが。

収集済み URL リスト