著者
菅間 博
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.30, no.4, pp.281-286, 2013 (Released:2014-01-31)
参考文献数
12
被引用文献数
1 or 0

小児甲状腺癌を理解するために必要な基礎事項を整理するとともに,福島原発事故以前に日本国内の多施設で手術された小児甲状腺癌を集計し,チェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺癌と比較した。甲状腺癌の発症は女児の二次性徴がはじまる9歳位から認められ,20歳以下の甲状腺癌185例のうち15歳以下の小児の症例が39例あった。成人同様に女性に多いが,年齢が低いほど性差は少なくなる。小児に特徴的な甲状腺癌の組織型としては,びまん性硬化型乳頭癌DSPCと,充実型乳頭癌があげられる。DSPCは臨床的には橋本病との鑑別が問題となるが,その病理学的な本質は甲状腺の癌性リンパ管症とびまん性リンパ球浸潤と考えられる。充実型乳頭癌はチェルノブイリ原発事故に注目されたが,放射線被曝と関連のない国内でも若年者にみられる。病理組織学的に低分化癌との鑑別が問題となるが,臨床的に治療方針に違いがあることから,区別する必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (67 users, 83 posts, 55 favorites)

ほんの少し前のものですが、『福島原発事故以前に日本国内の多施設で手術された小児甲状腺癌を集計し,チェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺癌と比較したもの』 >「小児甲状腺癌の病理組織学的特徴,特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して」:https://t.co/ViZx2dkUPG
MEMO: 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 Vol. 30 (2013) No. 4 小児甲状腺癌の病理組織学的特徴,  特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して https://t.co/xUFTVoytfy
小児がん学会全数把握事業の集計結果 2009年、2010年 全国で年3例https://t.co/nnt8wFRSwa 小児甲状腺癌は極めて稀,15歳以下100万人に1人程度と→ https://t.co/siCi1GHO8Z @packraty @SciCom_hayashi
菅間博 (2013) "小児甲状腺癌の病理組織学的特徴、特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して" https://t.co/uuls5dxH2W
311以前に福島県医科大学,筑波大学,伊藤病院,隈病院(兵庫)で手術された20歳以下の若年性甲状腺癌の 症例を収集し臨床病理学的に再検討したもの。 https://t.co/Vgylqws5JE およそ年齢分布や比率は福島県の甲状腺スクリーニングの結果と矛盾しない。
菅間博 (2013) "小児甲状腺癌の病理組織学的特徴、特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して" https://t.co/uuls5dgE0W
@shanghai_ii @yotayotaahiru 【緩募】横失です。この資料(https://t.co/Ql6Ap2A1S3)の表1で、乳頭癌156例と、その内訳の数が合わないのは、どう解釈したらいいのでしょうか?それ以降はその内訳の割合で語られているので固まってしまったw
おっと、遊んでいる場合じゃなかったε=ε=ε=┏( ・_・)┛ あとで読もう。 「小児甲状腺癌の病理組織学的特徴, 特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して」 (杏林大学医学部病理学教室 菅間博) https://t.co/Ql6Ap2A1S3
続)上海さんから教えてもらった参考になる論文。→https://t.co/0hPZ77huPx …震災前「国内の4施設,福島県医科大学病院(福島),筑波大学病院(茨城),伊藤病院(東京),隈病院(兵庫)で手術された20歳以下の若年性甲状腺癌の症例を収集し臨床病理学的に再検討」(続
@shanghai_ii 特に参考になりますね→https://t.co/0hPZ77huPx震災前の「国内の4施設,福島県医科大学病院(福島),筑波大学病院(茨城),伊藤病院(東京),隈病院(兵庫)で手術された20歳以下の若年性甲状腺癌の症例を収集し臨床病理学的に再検討」
@yotayotaahiru あひるさんの趣旨を理解してない可能性があるけど(^^;、僕が非常に参考になったものを追加します。 10年https://t.co/oTcfLzpf6E 13年https://t.co/Lh5jilHq0m

収集済み URL リスト