著者
加藤 貴彦 藤原 悠基 中下 千尋 盧 渓 久田 文 宮崎 航 東 賢一 谷川 真理 内山 巌雄 欅田 尚樹
出版者
日本衛生学会
雑誌
日本衛生学雑誌 (ISSN:00215082)
巻号頁・発行日
vol.71, no.1, pp.94-99, 2016 (Released:2016-01-30)
参考文献数
10

Multiple chemical sensitivity (MCS) is an acquired chronic disorder characterized by nonspecific symptoms in multiple organ systems associated with exposure to low-level chemicals. Diagnosis of MCS can be difficult because of the inability to assess the causal relationship between exposure and symptoms. No standardized objective measures for the identification of MCS and no precise definition of this disorder have been established. Recent technological advances in mass spectrometry have significantly improved our capacity to obtain more data from each biological sample. Metabolomics comprises the methods and techniques that are used to determine the small-level molecules in biofluids and tissues. The metabolomic profile—the metabolome—has multiple applications in many biological sciences, including the development of new diagnostic tools for medicine. We performed metabolomics to detect the difference between 9 patients with MCS and 9 controls. We identified 183 substances whose levels were beyond the normal detection limit. The most prominent differences included significant increases in the levels of both hexanoic acid and pelargonic acid, and also a significant decrease in the level of acetylcarnitine in patients with MCS. In conclusion, using metabolomics analysis, we uncovered a hitherto unrecognized alteration in the levels of metabolites in MCS. These changes may have important biological implications and may have a significant potential for use as biomarkers.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (16 users, 38 posts, 19 favorites)

#メタボローム解析 によって #化学物質過敏症( #CS) の患者の #血中代謝物 を解析したところ、 #中鎖脂肪酸 や #アセチルカルニチン の異常が見られたという研究がありました。 #化学物質過敏症 研究への… https://t.co/5bBS6rYBoJ
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
#化学物質過敏症 研究へのメタボロミクスの応用 https://t.co/e5ylQPG2sT 化学物質過敏症 ―歴史,疫学と機序― 加藤貴彦先生 熊本大学大学院生命科学研究部 https://t.co/1YCRrAoaN6… https://t.co/xQdmRVnu1r
#化学物質過敏症 研究への #メタボロミクス の応用 https://t.co/e5ylQPG2sT #電磁波過敏症 って何? - 対処法を考える集い (上) 宮田幹夫 先生ご講演 https://t.co/SLGW2lFLb3… https://t.co/7ECGb1tfx5
#化学物質過敏症 研究へのメタボロミクスの応用 #カルニチン #アセチルカルニチンの減少が生じ,それらの直接的影響や, #脂肪酸 の利用障害による影響,そして脂肪酸そのものの毒性による自発活動量の低下や臓器障害が引き起こされてい… https://t.co/DI8pV69E3y
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用https://t.co/lCTr32i2Gc 熊本大学大学院生命科学研究部公衆衛生学分野 近畿大学医学部環境医学・行動科学教室 財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター 医療法人社団… https://t.co/ASTFZ1cSg6
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2RkKvB6
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
日本衛生学雑誌 Vol. 71 (2016) No. 1 p. 94-99 『化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用』https://t.co/kaV2Rl26sE
化学物質過敏症研究へのメタボロミクスの応用 https://t.co/iC5mWaWXGf

収集済み URL リスト