著者
板谷 浩男 夏川 遼生 守屋 年史
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.71, no.2, pp.185-191, 2022-10-24 (Released:2022-10-31)
参考文献数
27

都市部における人口増加に伴い,人為活動が都市近郊に生息する猛禽類に悪影響を与えることが懸念されている.本研究では,東京都内の都市近郊に生息するオオタカ Accipiter gentilis の繁殖成功率を調査し,立入制限区域内外での占有巣間の繁殖成功率を比較した.その結果,立入制限区域内の巣では区域外の巣よりもおよそ3倍高い繁殖成功率を示した(63.6% vs. 21.4%).この結果は,都市近郊に生息するオオタカであっても人為活動に対して寛容であるとは限らないことを示唆しており,営巣林での人為活動を制限することが重要と考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (51 users, 52 posts, 132 favorites)

https://t.co/9DFFYjCTIg 「オオタカは人通り多い場所を選んで営巣している」「人の存在でカラス圧を防いでいる」なんて、証拠も無く吹聴している人に読んで欲しい論文。東京都内のオオタカを調査し,立入制限区域内の巣では区域外の巣よりもおよそ3倍高い繁殖成功率(63.6% vs. 21.4%)
J-STAGE Articles - 営巣林への立入制限は都市近郊に生息するオオタカの繁殖成功を促進する https://t.co/fKHlfJtfqP
一ノ瀬研究室にSFC研究所上席所員として加わっていただいている夏川遼生さんが連名となっている論文が公開されました。板谷浩男・夏川遼生・守屋年史 (2022) 営巣林への立入制限は都市近郊に生息するオオタカの繁殖成功を促進する. 日本鳥学会誌. 71(2):185-191.https://t.co/T8gDCSdPfD おめでとう!
都市近郊に生息するオオタカについて立入制限がある巣とない巣との繁殖成功率を比較した短報が公開されました。 板谷 浩男, 夏川 遼生, 守屋 年史, 『営巣林への立入制限は都市近郊に生息するオオタカの繁殖成功を促進する』, 日本鳥学会誌, 2022, 71 巻, 2 号, p. 185-191 https://t.co/8C6OFMdJZJ

収集済み URL リスト