著者
北澤 京子 佐々木 順一 中山 健夫
出版者
日本薬学教育学会
雑誌
薬学教育 (ISSN:24324124)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.2017-007, 2017 (Released:2017-12-01)
参考文献数
16

6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicine(EBM)教育の実態を把握する目的で質問紙調査を実施した.教員268人に調査票を送付し,72校の191人から回答を得た(回答率71.3%).EBMに関する50の主要キーワードのうち,研究デザイン(ランダム化比較試験,前向きコホート研究,後ろ向きコホート研究,症例対照研究)や研究結果の指標(オッズ・オッズ比,相対リスクと絶対リスク)は,ほとんどの大学で教育されていた.一方で,臨床推論,ランダム化比較試験の患者への適用,システマティック・レビューの批判的吟味,および診療ガイドラインの作成手順と解釈に関するキーワードは,教育している大学が少なかった.EBM教育が「充実している」との自己評価は32.2%にとどまり,主な課題として,時間不足,演習・実習の機会の不足,教員の意識・スキルの不足,適切な教材の不足が挙げられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 16 posts, 23 favorites)

薬学生向けのEBMの教科書・演習書などの教材を開発……。わりといろいろでそろってきた気もするんですけどね。。。 J-STAGE Articles - 全国6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicin… https://t.co/AbqMGtRWoP
J-STAGE Articles - 全国6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicine(EBM)教育に関する質問紙調査 https://t.co/JeceoFYaL3
この間参加したワークショップで案内されたもの。薬学教育で、EBMはどれだけ教えられているか? 基本講義形式で教えられるものはやってるけど、SGDとか肝心の適用ができていないっぽいですねぇ。道のりは長い https://t.co/dV4YWBuTqP
全国 6 年制薬学部・薬科大学における Evidence-Based Medicine(EBM) 教育に関する質問紙調査 https://t.co/oYJoZ1z8cu

収集済み URL リスト