青島周一 (@syuichiao89)

投稿一覧(最新100件)

企業買収(Mergers and Acquisitions)を経営戦略に組み込むことによって、急成長した日本企業に、精密モーターの世界シェアを有する日本電産株式会社(Nidec)をあげることができます https://t.co/EgWzZucoJJ

237 108 1 0 OA 因果推論の道具箱

RT @nagano_1123: 因果推論についての総復習のような論文。 https://t.co/KaoZqL8e2B
J-STAGE Articles - インタビュー及びSNSのテキスト分析を用いた健康経営の認知に関する研究 https://t.co/8wUkNtTwrp
J-STAGE Articles - 健康経営における「職場における健康文化」に関する評価指標の検討 https://t.co/R4ziSMYj5R
J-STAGE Articles - Antiresorptive drugs and the risk of femoral shaft fracture in men and women with osteoporosis: A cohort study using the National Database of Health Insurance Claims of Japan https://t.co/oW0S9sugkA
RT @miyayou: 【人工知能学会誌 2023年1月号】 哲学から人工知能への15の批判リスト https://t.co/P7embmLtVr よろしくお願いいたします。どなたでもご閲覧できます。
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: Dose-Response Associations of Physical Activity and Sitting Time with All-Cause Mortality in Older Jap…
RT @nrmkx: 論文の要旨にも使えちゃう由緒ある表現 https://t.co/SotQ2bln2E
RT @syuichiao89: かかりつけ薬剤師による調剤は、非かかりつけ薬剤師による調剤に比べ、処方変更の記録がある確率が1.37倍 Journal of Epidemiology掲載とはすごい。 J-STAGE Articles - Dispensing by fam…
かかりつけ薬剤師による調剤は、非かかりつけ薬剤師による調剤に比べ、処方変更の記録がある確率が1.37倍 Journal of Epidemiology掲載とはすごい。 J-STAGE Articles - Dispensing by family pharmacists as a potential factor in pharmacist-initiated prescription https://t.co/CdcNafas0d
J-STAGE Articles - Dispensing by family pharmacists as a potential factor in pharmacist-initiated prescription change: a retrospective observational study https://t.co/CdcNafas0d
J-STAGE Articles - 医薬品・医療情報を探す https://t.co/SDAejZl4YP
J-STAGE Articles - Risk Ratio and Risk Difference Estimation in Case-cohort Studies https://t.co/yzzIWq1zVj
J-STAGE Articles - Inter-prefectural Travel and Network Connectedness During the COVID-19 Pandemic in Japan https://t.co/QoAnSxnSlM
J-STAGE Articles - ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討 https://t.co/dBseAgzWpA
J-STAGE Articles - 「オンライン服薬指導」に関する患者意識調査 https://t.co/qQOQ8iX4ED
RT @naka_takaya: ケースコントロール研究についてとても丁寧かつわかりやすく説明されている文献です! コントロールぐんのサンプリング手法やコホート内ケースコントロール研究,ケースクロスオーバー研究の違いについても図を交えて説明されていてとても勉強になりました…
RT @ph_lelouch: メディア報道に対して普段から対応を行っている割合は3割強 →この辺、事前に行動しておきたいところ J-STAGE Articles - 薬局薬剤師を対象としたメディアによる「くすりの危険性」に関する報道に起因する患者からの相談応需の実態調査 h…
J-STAGE Articles - Trend in alcohol-related crashes before and after the introduction of mandatory breath testing among commercial truck drivers https://t.co/60V2XhDxzq
コマツ製作所の在庫管理は奥が深そう
RT @Noboru_Hagino: 2022年度人工知能学会全国大会(第36回) 「HPVワクチンをめぐる日本のツイッター上の賛否両論の対立と変化」 https://t.co/L9MjUUTlvG
RT @EbmShibanyan: 「EBMを学ぶサードプレイス」が2013年に始まり、今も発展し続けてるのは最高にかっこいいと思いました。後に続けるよう地道に頑張ろう。#JJCLIP https://t.co/w0iRx3nHkp
RT @Tama_Goldheart: 先日発行された『医学哲学・医学倫理』第39号に、拙論「ナッジと健康増進の睦まじくも危険な関係」が掲載されました。健康増進政策へのナッジの応用について、その正当化をめるぐ論理および懸念を検討しています。関心のある方に広くお読みいただければ嬉…
@l9kEHOVtUxt4ptc ありがとうございます! 何か引用できそうな記事や論考などを探していたのですが、https://t.co/avQnhea3oW くらいしか見つからず、構成生薬の数との関連性については言及がなかったのです。
@Fizz_DI ありがとうございます! なんとか引用に耐えそうなのは☟なのですけど、 https://t.co/avQnhea3oW 構成生薬との関連性については言及されてないんですよね
J-STAGE Articles - Is Caring for Grandchildren Good for Grandparents’ Health? Evidence From a Fourteen-wave Nationwide Survey in Japan https://t.co/Q3wiOUkg5R
J-STAGE Articles - 韓国の医薬分業 https://t.co/0AYy9FGZLa
RT @kshikino: #dpe の疫学についてまとめました。 Frequency of Difficult Patient Encounters in a Japanese University Hospital and Community Hospitals: A C…
数年後、処方提案により追加された認知症治療薬は、潜在的不適切処方となり、減薬提案に変わっていくのだろうなぁ……などと考えてしまう。 J-STAGE Articles - 医師への処方提案等による処方支援 https://t.co/uud64DXEN9
やはりこれがリアルなところよな。 J-STAGE Articles - 処方提案や疑義照会におけるチームワーク悪化・ストレス発生に影響する信念対立因子の解明─多変量解析とベイジアンネットワーク解析─ https://t.co/uS6nTKf0CQ
本文を読みたいが。 しかし、こういうのが巷でいう対人業務なのか。 J-STAGE Articles - 医師への処方提案等による処方支援 https://t.co/uud64DXEN9
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - 薬剤師のジャーナルクラブ https://t.co/QS61g9mYzY
RT @ph_lelouch: 興味深い研究ですので、皆さん読んで。私は読んでません(まだ) J-STAGE Articles - 疑義照会を躊躇する心理に影響を与える薬局薬剤師の個人的要因に関する調査研究 https://t.co/xyWYCosH9s
J-STAGE Articles - 薬剤師のジャーナルクラブ https://t.co/QS61g9mYzY
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOsxMa
J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOsxMa
RT @syuichiao89: 医師ー薬剤師の多職種連携って、良い面だけがクローズアップされるけど、本質的に摩擦の原因なのだという自覚も必要。 J-STAGE Articles - 処方提案や疑義照会におけるチームワーク悪化・ストレス発生に影響する信念対立因子の解明─多変量…
医師ー薬剤師の多職種連携って、良い面だけがクローズアップされるけど、本質的に摩擦の原因なのだという自覚も必要。 J-STAGE Articles - 処方提案や疑義照会におけるチームワーク悪化・ストレス発生に影響する信念対立因子の解明─多変量解析とベイジアンネットワークhttps://t.co/uS6nTJXXAQ
「患者の感情に共感できるが、不当な批判に苦しむ」ことが、処方提案によりチームワークの悪化をもたらす J-STAGE Articles - 処方提案や疑義照会におけるチームワーク悪化・ストレス発生に影響する信念対立因子の解明─多変量解析とベイジアンネットワーク解析─ https://t.co/uS6nTJXXAQ
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 週刊誌に掲載された「危ないクスリ」に関する情報の整理とその適切性評価 Jpn. J. Drug Inform, 24 (1): 1~10 (2022). https://t.co/tfQUIewVWZ
J-STAGE Articles - Hobby engagement and risk of disabling dementia https://t.co/YfT90PsHD9
RT @ykfrs1217: 「医療と社会」という内閣府が主務の雑誌に、政治からも専門家からも全方面から怒られそうな論考が掲載されました。もう、偉くなれない(ならない)… 1. 数理モデルとは 2. モデルの目的 3. 市民の理解 4. 政府の思惑 5. 専門家の葛藤 6.…
RT @kurojda: 大学教員から集めたオンライン教育のしくじりたちです。昨年のシンポジウムをもとに執筆しました! https://t.co/HsMzjmqpev
RT @syuichiao89: 臨床薬学|プラセボをしっかり飲むだけでリスクが減るとはどういうことか!?—薬剤効果の「多因子性」と「極小性」を垣間見た瞬間 (総合診療 30巻5号) | 医書.jp https://t.co/HpqmWt4Bqk
臨床薬学|プラセボをしっかり飲むだけでリスクが減るとはどういうことか!?—薬剤効果の「多因子性」と「極小性」を垣間見た瞬間 (総合診療 30巻5号) | 医書.jp https://t.co/HpqmWt4Bqk
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 患者および介護者からの減薬希望剤数と患者背景因子に関する研究 https://t.co/vSsqIEDuZy
マリオッティ マルチェッラさんより https://t.co/CIJua8a2sL https://t.co/Hp5cAmHqli
RT @ryoueharaS2: 概念工学についての拙論はこれで、今回あらためて読み直すと内容は面白いが(ちょっとぎちぎちしている感じはあるけど)、1ページ目に脱字があるのを今さら発見してしまうの巻。 J-STAGE Articles - 日本発の概念工学は実行に移せるか?…
家に一人でいることと6〜7歳の子供の虫歯 J-STAGE Articles - Being Left Alone at Home and Dental Caries of Children Aged 6–7 Years https://t.co/rp0CUDb9JH
RT @enumura: 近藤暁夫「「ポップ地政学」本の掲載地図批判:主に高校地理レベルの内容の誤りについて」 https://t.co/JCteD601Of
J-STAGE Articles - 日本における電子処方箋のあり方とそのインパクトに関する研究 https://t.co/GIL6zQg8YB
J-STAGE Articles - リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/cZNpROeeOE
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 服用薬剤調整支援料に伴う減薬医薬品の実態調査~ハザマ薬局における算定例123 名の検討~ https://t.co/p0TcgWr3fm
CiNii 論文 -  急性咳嗽を主訴とする小児の上気道炎患者へのチペピジンヒベンズ酸塩の効果 https://t.co/bcEOficWvL #CiNii https://t.co/eLhY7cgDKW
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/WXjnggrmjX
RT @kojima_aponet: 必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の…
RT @kojima_aponet: 必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の…
関連付けが因果関係にある場合、家庭での朝食を増やすと、青年期の感情的/行動的問題が軽減され、心理社会的健康に役立つ可能性があります。 J-STAGE Articles - Skipping Breakfast and Eating Breakfast Away From Home Were Prospectively Associated With Emotional and https://t.co/f0n3wVkRl3
RT @Office_j: 【成人してから10kg以上太るとCVリスクは?/ JAT】 日本、30-79歳住民4746名、19.9年観察:5.6%でCVイベント。20歳時から「10kg超体重増加」でHRは2.13 [95%CI 1.38-3.30、諸因子補正後はNS]。CV死…
RT @toyahiroshi: そういえば、YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。の評論を発表しましたのでよかったらご覧ください(入手難易度高いと思いますが、、、)。「変わらない「夜」を求めて : 若者の音楽体験をめぐる一考察」https://t.co/2mN9P…
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
CiNii 論文 -  地域の健康相談室だからこそ実践したい! 伝わる 繋がるエビデンス(第8回)風邪のとき,入浴してもいいですか? https://t.co/hpnnlWdjZQ #CiNii
CiNii 論文 -  ワクチン接種の大切さ (特集 いまさら聞けない子どもの薬) https://t.co/4X9neRUUV2 #CiNii
CiNii 論文 -  健康情報の収集と伝え方 (特集 薬局の健康サポート機能を総点検!) -- (健康サポート業務のコツとピットフォール) https://t.co/yf2cnTouqb #CiNii
J-STAGE Articles - IPO後の長期株価パフォーマンス https://t.co/6sV4MkBofK
J-STAGE Articles - Changes in Drug Utilization After Publication of Clinical Trials and Drug-Related Scandals in Japan: An Interrupted Time Series Analysis, 2005–2017 https://t.co/6jlq4nqnBn
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - ワクチン有害説を科学的に評価する https://t.co/eI9cL3EFVY
J-STAGE Articles - ワクチン有害説を科学的に評価する https://t.co/eI9cL3EFVY
世界はこんなにもつかみどころがない。 CiNii 論文 -  急性咳嗽を主訴とする小児の上気道炎患者へのチペピジンヒベンズ酸塩の効果 https://t.co/bcEOfhUNhD #CiNii
論文PDFは北大のウェブサイトから全文がダウンロードできます。 https://t.co/HjZDEEREVJ / @89089314 https://t.co/fQ7yXgxh2g
J-STAGE Articles - Clinical characteristics and risk factors for severe outcomes of novel coronavirus infection, January-March 2020, Japan https://t.co/kr4u9E3Oh9
J-STAGE Articles - Will working longer enhance the health of older adults? A pooled analysis of repeated cross-sectional data in Japan https://t.co/HiYAxnHLCk
証券投資の理論史研究―我が国の家計・年金基金の資産運用への示唆を探る― https://t.co/YJh4PEpWa0
まあ、そうだろうよ◎ J-STAGE Articles - Does Laughter Predict Onset of Functional Disability and Mortality Among Older Japanese Adults? The JAGES Prospective Cohort Study https://t.co/QKXwPkj7a7
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @hazetemple: 公衆衛生政策と人権 公衆衛生政策において私権制限は最小限とすべきことを前提として正当性、合理性、経済的負担、効果と効率、私権制限の程度、公平性、政策相互の整合性といった面から判断することを解説 https://t.co/XSuLBzPCLt
RT @kuriedits: 主体性を考える上で面白い。 次の言葉を見たり聞いたりしたことがあるか? 「残薬」→ある72.5% ない27.5% 「ポリファーマシー」→ある3.1% ない96.9% 高齢者を対象とした医薬品に関連する用語の認知度に関する調査 社会薬学2020.2…
J-STAGE Articles - Changes in smoking behavior since the declaration of the COVID-19 state of emergency in Japan : A cross sectional study from the Osaka health app https://t.co/gs2hR9gfR7
J-STAGE Articles - Changes in health-related quality of life among impoverished persons in the Free/Low-Cost Medical Care Program in Japan: Evidence from a prospective cohort study https://t.co/neTrVXbKEI
@ph_minimal https://t.co/nXnYVMLysl ( *´艸`) キーワード2つくらいで大体わかります
J-STAGE Articles - 医療の多様性と“価値に基づく医療” https://t.co/fZV3bmjjou
J-STAGE Articles - A Prospective Cohort Study of Bedroom Warming With a Heating System and Its Association With Common Infectious Diseases in Children During Winter in Japan https://t.co/EdXlig1Efj
J-STAGE Articles - 耳掻痒感に対するベシル酸ベポタスチン (タリオン<SUP> (R) </SUP>錠) の有用性の検討 https://t.co/A0i4Rvol0e
J-STAGE Articles - 外耳道湿疹における塩酸フェキソフェナジンの有用性 https://t.co/nokFr45y57
J-STAGE Articles - あなたの耳は何故痒い? https://t.co/kZzk9dhzXr
CiNii 論文 -  急性咳嗽を主訴とする小児の上気道炎患者へのチペピジンヒベンズ酸塩の効果 https://t.co/bcEOfhUNhD #CiNii
減塩料理であっても、うま味調味料であるグルタミン酸を用いることで料理のおいしさを損なうことなく、塩分の摂取量を減らすことができるというわけ https://t.co/0gCMW8gdK1
J-STAGE Articles - うま味を利用した減塩料理の提案とその官能評価 https://t.co/okcjRVyiNZ
J-STAGE Articles - Longitudinal Trends in Blood Pressure Associated With the Frequency of Laughter: The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS), a Longitudinal Study of the Japanese General Population https://t.co/HykAzNiShV
RT @kurojda: 公開されました! 対面からオンラインに移行した演習科目のあれこれを記しました。主にやってみた感想ですが、こういった経験を記録に残して共有することも大切かと。。。 https://t.co/s8ZB9RHW7K
J-STAGE Articles - Intake of Vegetables and Fruits and the Risk of Cataract Incidence in a Japanese Population: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study https://t.co/JBXyYn58Ry
J-STAGE Articles - Relationship between neighborhood food environment and diet variety in Japanese rural community-dwelling elderly: a cross-sectional study https://t.co/1e8gLcWEFH
J-STAGE Articles - Relationship between non-fasting triglycerides and cardiovascular disease mortality in a 20-year follow-up study of a Japanese general population: NIPPON DATA90 https://t.co/fsPjoXXzN4
J-STAGE Articles - ニキビの発症メカニズム,治療,予防 https://t.co/PZ8NgCptUo
J-STAGE Articles - 冬期の暖房に対する四肢皮膚温の反応とソックスの影響 https://t.co/dZLfBAfs4T

お気に入り一覧(最新100件)

Advanced Publication: Dose-Response Associations of Physical Activity and Sitting Time with All-Cause Mortality in Older Japanese Adults Satoshi Seino, Takumi Abe, Yu Nofuji, Toshiki Hata, Shoji Shinkai, Akihiko Kitamura, Yoshinori Fujiwara https://t.co/jCHpkcjL6b https://t.co/wFubKl9FB7
症例報告を書きました! J-STAGE Articles - Mandibular Nodule Caused by <i>Mycobacterium marinum</i> with False Positive Interferon-γ Release Assay. A Case Report https://t.co/7CK6rX2Mdb
「EBMを学ぶサードプレイス」が2013年に始まり、今も発展し続けてるのは最高にかっこいいと思いました。後に続けるよう地道に頑張ろう。#JJCLIP https://t.co/w0iRx3nHkp
先日発行された『医学哲学・医学倫理』第39号に、拙論「ナッジと健康増進の睦まじくも危険な関係」が掲載されました。健康増進政策へのナッジの応用について、その正当化をめるぐ論理および懸念を検討しています。関心のある方に広くお読みいただければ嬉しく思います。https://t.co/Jk37isrvU2
#dpe の疫学についてまとめました。 Frequency of Difficult Patient Encounters in a Japanese University Hospital and Community Hospitals: A Cross-sectional Study https://t.co/xGdl2yuxun
https://t.co/9JYYBb9RrC 勉強することは大事です。
ニホンザルによる農作物被害問題とその研究の歴史的経緯 https://t.co/9JYYBb9RrC
概念工学についての拙論はこれで、今回あらためて読み直すと内容は面白いが(ちょっとぎちぎちしている感じはあるけど)、1ページ目に脱字があるのを今さら発見してしまうの巻。 J-STAGE Articles - 日本発の概念工学は実行に移せるか? https://t.co/KjxJpBftPO
J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/WXjnggrmjX
そういえば、YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。の評論を発表しましたのでよかったらご覧ください(入手難易度高いと思いますが、、、)。「変わらない「夜」を求めて : 若者の音楽体験をめぐる一考察」https://t.co/2mN9P7VCiS
@Fizz_DI @syuichiao89 ブルーレターやイエローレターがでると有害事象(の報告数)が増えるみたいですね JADER https://t.co/WVnIOnGUqB
「学業成績には,LINE,Twitter,YouTubeの利用が負の影響を与えていた。つまり,これらのSNSの利用時間が増えるほど学業成績が悪くなることが示唆された」→J-STAGE Articles - 日本の大学生のSNS利用と学業成績との関連性について https://t.co/jYTetGE62U
公衆衛生政策と人権 公衆衛生政策において私権制限は最小限とすべきことを前提として正当性、合理性、経済的負担、効果と効率、私権制限の程度、公平性、政策相互の整合性といった面から判断することを解説 https://t.co/XSuLBzPCLt
@syuichiao89 有害事象を詳しく検討した論文は私も見つけられてないです
J-STAGE Articles - 推薦システムとしてのビブリオバトルの評価 https://t.co/7wzB5SotjR この論文を書いた時に、内容ベース、協調フィルタリング、キーワード検索、ビブリオバトルの推薦の性質の違いを実験的に評価した。
高齢者は抑肝散に関連した低カリウム血症の高リスクであるとの報告。(一部の高齢者に処方が多い、という見方もできますが) Geriatric Patients Are at a High Risk of Hypokalemia Associated with Yokukansan Preparation: A Retrospective Cohort Study #BPB https://t.co/9Qh90d7aO8
“CiNii 論文 -  音楽が画像の記憶再生に与える影響に関する検討” https://t.co/r3J6VFByx4
誌上シンポジウム:Evidence-Based Medicine(EBM)教育:誰が、何を、どのように教えるか 薬学教育.4,(2020):「インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム」 https://t.co/kRhcdfSR4B ・・・薬学教育学会の最近の論文を見てたら、青島先生の総説が出てきた(; ゚Д゚)
北大薬からの報告 Prescription of Colchicine with Other Dangerous Concomitant Medications: A Nation-Wide Survey Using the Japanese Claims Database #BPB https://t.co/ovQPox7XWi
國松 淳和. 機能性高体温症の臨床. 心身医学, 60 巻 (2020) 3 号p. 227-233. https://t.co/E5iTtRh1HQ 一番最近書いた総説
一昨年の薬学教育学会のシンポジウムレビューです!EBMxTBL第二弾。違う切り口。他にもEBM教育手法が載っているので、是非^ ^青島先生のレビューも同巻にございます! https://t.co/Wi9ZobFUxo
薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
しかし、医師といっても万能ではない。 なぜなら病気の種類は無限に多く、毎日のように新しい病気や処方が生まています。家族の身を守るためには、診断内容を調べる必要があるかもしれません。 医師 青島周一氏「高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か」 https://t.co/KD6F63STrE
「お守り」は親しい人や年上の親族からもらうことが多く、神頼みよりもメッセージ性(例:勉強頑張れ、身体に気を付けろ)を込めたコミュニケーション・ツールとして贈られる面がある。 社会心理学研究22(1):85-97,(2006) https://t.co/lTSt55ENqQ …お守り、私も持っています✨(`・ω・´)
これは良い論文だなあ(^-^) 薬物性光線過敏症と紫外線可視吸収スペクトルと構造の関連, 医薬品情報学, 2019, 21(2), 70-78. https://t.co/4333eT8tel
高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/wXakS20lWS
米原 優「『自由論』における言論の自由擁護論」- 静岡大学学術リポジトリ https://t.co/vI3u5RE39D / 自由の探究-ジョン・スチュアート・ミル自由論- - 思想的、疫学的、医療について https://t.co/XZweMxK85n
@syuichiao89 フルテキストみたけど、市販薬については考慮されていないとなっているから、どうなんだろうと思う。 https://t.co/xRa9w2em8g
東北大学,たら澤 邦男先生。基盤C「在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析」 https://t.co/yc9hFsMgEX
順天堂大学,野尻 宗子先生。基盤C「レセプトデータベース(NDB)を使った高齢者の医療資源の適正化の検討」 https://t.co/5YdQI9sfND
奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
@syuichiao89 手書き!! 書き込みの入ったのもありますね! J-STAGE Articles - 幼児の動的筋力と疾走能力 https://t.co/W2MGRO6J6u
ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思います J Epidemiol 2018 Oct 27 https://t.co/f3YC9wHrCI https://t.co/r08VAI5E44
J-STAGE Articles - 費用対効果分析に基づく医療給付制限の倫理的正当化 https://t.co/FUrmxue4Uk
CiNii 論文 -  文学教育のための物語論 https://t.co/fVw3jgiudD #CiNii
『科学基礎論研究』最新刊もフリーアクセスとなりました! 拙論「精神疾患とは何か?」 も無料ダウンロード可能です。 https://t.co/aN9lWi4BDs https://t.co/ESI6TTxAIm
医薬情報担当者(MR)の医薬品情報提供活動に対する医療関係者の意識と行動についての研究 https://t.co/6G2oocaiTx
“薬剤師のジャーナルクラブ” https://t.co/IPEHjiABYD
載せとこ(エビデンスレベルは皆無だけれど、個人的には重要やで)。COPD患者さんへの運動指導のせいで治療関係が悪くなって大変やったけど、ちゃんとやったら少しはエエ感じやったで、って報告です。はよ他の論文も書かないと。https://t.co/ZDq2VIABbM
【吹田研究6898名観察:AF発症リスク予知のスコアリング完成。c統計量は0.75】 Circ J https://t.co/jyr02HOOmb https://t.co/accXC1jWXy
Inappropriate Antibiotic Use for Acute Asthma in Japanese Emergency Departments #JGeneralFamMed https://t.co/mgTesIbGBe
日本集中治療医学会雑誌 Vol. 22 (2015) No. 2 p. 143-144 短報 ダビガトラン内服中に急性腎傷害を発症し,著明な凝固障害から重篤な消化管出血を生じた1症例 https://t.co/r7x1GuD3GO
CYP2D6*10変異をもつaripiprazole服用患者においてClarithromycin併用によって血中濃度上昇→横紋筋融解症が疑われた症例報告、獨協医大。 こういう報告を見るとCAMの薬物相互作用の怖さを再認識します。 https://t.co/4KKBvf4lGc
客席を全面禁煙とすることにより営業収入が有意に増加するが,分煙化では有意な増加は認めらなかった。 【日本公衆衛生雑誌】 某ファミリーレストラングループにおける客席禁煙化前後の営業収入の相対変化 未改装店,分煙店の相対変化との比較 https://t.co/1m5a9zYceZ
5年も前の報告ですが、すでに医薬品安全および病棟薬剤師の必要性を指摘されていたようです。 「臨床医にとっての医薬品安全性情報:医師は副作用に関心がないのか?」 小池竜司氏(東京医科歯科大学) #薬剤疫学 2009 https://t.co/g4pd9lzYZO
Ampicillinの24時間持続静注は、結構やられているのでしょうか…?一回にまとめて12gを詰めるのでしょうか? Enterococcal bacteremia は、これを使う方が楽そうですよねぇ。 https://t.co/pNBgjFq9Jg
「労働時間とうつ・抑うつなどの精神的負担との関連について,一致した結果は認められなかった.」 / “A Systematic Review of Working Hours and Mental Health Burden” http://t.co/gxGaI2dm3Z
EBM / “CiNii 論文 -  PubMedの基本的な使い方およびエビデンスに基づいた文献の検索(<特集>PubMed使い倒し)” http://t.co/OVtoLKE1

フォロー(908ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こわーい 薬学部の研究論文生産性に関する計量書誌学的分析 https://t.co/CtXlM8PNpF
COVID-19ワクチン接種について、職場や学校が情報源とした人は接種完了率が有意に高かった。本邦でのオンライン調査を用いた縦断研究。 The influence of information sources on intention changes to receive COVID-19 vaccination: A prospective cohort study in Japan https://t.co/koXLm4hxkF
RT @shuichiotsu: ・出典 https://t.co/ST7nzoo7PY 以前も類する研究が行われている https://t.co/JUA2nSIAFM 前回も動画サイトから情報を得ている人は忌避につながりやすいとの結果が出ている 改めて、動画サイトの影響…
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
レギチーン®︎(フェントラミン) 持注することがあると知った20年目 知らないことが沢山ありますね https://t.co/8VoEwhSylP https://t.co/VydBQsW4NR
RT @kojima_aponet: 仏HASが、ニフェジピン含有クリームの慢性裂肛への使用に対する償還に肯定的と書いてあったので調べたら、日本でも試用されているのね 【日本大腸肛門病学会雑誌 72(2) p53-57,2019】 慢性裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安…
仏HASが、ニフェジピン含有クリームの慢性裂肛への使用に対する償還に肯定的と書いてあったので調べたら、日本でも試用されているのね 【日本大腸肛門病学会雑誌 72(2) p53-57,2019】 慢性裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安全性 https://t.co/ppNbJaAcM6
RT @clark_dama: @dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療…
@dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 第4章 鉄の評価と補充療法 https://t.co/Z1QIJpCQna
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
https://t.co/IqjYWg4vGH より引用抜粋 https://t.co/cbMLtBmmlD
"生活と医療の境界に生まれる様々な「もやもや感」を大切に扱うこと、医療と生活両方の視点を包括する「いかにしてともに生きていくか」という問いを立てて生活者視点を再構築すること、「健康づくり」ではなく「地域づくり」の一員として地域の人々の仲間に加わることが重要" https://t.co/NoOar18nYY
"医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @Merleau_Pokotin: 本日と関連する河島先生の神解説 https://t.co/HZ1V3gJVkl #よもやまナイト
"人は同じ話を何度も聞かされるとうんざりして抵抗感を抱く。これをSoらは「メッセージ疲労」と名付け概念化した(https://t.co/MWglVRdE6N )。健康に関する同じようなメッセージに繰り返し長期間曝されることによる疲労であり健康行動への抵抗を誘発する動機づけの状態である" https://t.co/I9ZxdvTADl
RT @chicagonaka: @ymdkt2 @minddive_9 効かなくなる 現象はダウンレギュレーションで説明できます しかし 効果が切れると逆につまる 現象は説明できません 今のところ、血管収縮効果が切れたあと、反発性に血管が拡張することで浮腫をおこし、鼻詰まりが…
RT @marxindo: 加藤敏「進化論の見地からみる統合失調症」これも勉強になるラジよ。https://t.co/tZ6jvQhc7e
高齢患者の安全のための服薬アドヒアランス(日本健康医学会雑誌, 2022 年 31 巻 2 号 p. 150-158) https://t.co/3fGd0MWKxM
患者・住民・社会のニーズを常に意識しながら,困難な臨床状況の中で省察を繰り返しながら変容し続けてプロフェッショナリズムを高めていくことが,現代の複雑な医療・社会状況の中での真の専門家には求められている. https://t.co/VovE24kuSu
薬学部の場合,プロフェッショナリズムは学部時代からシームレスに,経験した環境に応じて一生涯にわたって考え続ける姿勢を持たせることこそ,卒業時に身につけておかなければならない資質,能力だと感じている. 薬学部におけるプロフェッショナルを考えるhttps://t.co/dp3RR1qEMh https://t.co/ByoYfHbfrp
言語哲学大全IVでの飯田先生のDavidson的な解釈的T理論を中心としたモデル(図1)が、実質的に脱多義化された平叙文のみを扱うもので、疑問文や命令文を直接扱うことができないという山田先生の指摘は、お二人のスタンスの違いをよく表している。 https://t.co/h7y3iT9ZPd https://t.co/3U0fIhordK
健康診断で糖尿病の可能性を指摘されてから受診行動に至る促進要因と抑制要因に関する研究(日本健康医学会雑誌, 2019 年 28 巻 2 号 p. 107-115) https://t.co/eHPYsrUT2j
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: Association between advanced airway management with adrenaline injection and prognosis in adult patien…
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: BMI and cardiometabolic traits in Japanese: a Mendelian randomization study Mako Nagayoshi et al. http…
「本稿では低分子の化学薬品を中心とした医療用医薬品の供給障害について,その原因と各国の状況を概観し,品質関連の原因による不足発生の抑制策を考察する」 「医療用医薬品の品質問題と安定供給」が総説でまとめられています。薬価についても https://t.co/GyLabPRtCg 薬学雑誌2023 年 143 巻 2 号
先日みた通常のサルコペニアではなさそうな方は、免疫介在性壊死性ミオパチーの可能性があるそうです。私は初めて聞きましたが、多発性筋炎とは別の疾患なのですね。治療法がある筋疾患なら、見落とさずに脳神経内科などにつなげるのが大事です。以下の論文が参考になります。 https://t.co/5QisVl0u5c
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?.. Highlights 3/3 ✅Need to pay attention to the health outcomes of policy measures that encourage older adults to work longer. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Highlights 2/3 ✅Raising both mandatory retirement age & eligibility age for claiming public pension benefits to 70 ys ↓ employment rate⬆️ probability of poor self-rated health⬇️ psychological distress⬆️ https://t.co/7basZulALM by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?... Oshio T et al Highlights 1/3 ✅Work reduced the probability of poor self-rated health and increased that of psychological distress. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cross-sectional Data in Japan Oshio T et al https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol https://t.co/MgXakWoiSv
>初任教員の研修転移プロセスにおける行動意図の役割 https://t.co/nWvby9KemG

フォロワー(7445ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@Salvador_aji リチウム2mgとかのことでしょうか。どの程度コンセンサスが得られているのかがよくわかっていなくて、実際にやったことはないですが… >>杉山登志郎「複雑性 PTSD への簡易トラウマ処理による治療」 https://t.co/UUJWdjekHr
こわーい 薬学部の研究論文生産性に関する計量書誌学的分析 https://t.co/CtXlM8PNpF
RT @oikawamaru: そもそも水産用種苗放流はあまり効果がないのではないか、むしろ害があるのでは、という科学的な指摘はこれまでもなされていまして、こちらの総説なども勉強になります。 https://t.co/aVqcXus49a
COVID-19ワクチン接種について、職場や学校が情報源とした人は接種完了率が有意に高かった。本邦でのオンライン調査を用いた縦断研究。 The influence of information sources on intention changes to receive COVID-19 vaccination: A prospective cohort study in Japan https://t.co/koXLm4hxkF
RT @shuichiotsu: ・出典 https://t.co/ST7nzoo7PY 以前も類する研究が行われている https://t.co/JUA2nSIAFM 前回も動画サイトから情報を得ている人は忌避につながりやすいとの結果が出ている 改めて、動画サイトの影響…
RT @shuichiotsu: ・出典 https://t.co/ST7nzoo7PY 以前も類する研究が行われている https://t.co/JUA2nSIAFM 前回も動画サイトから情報を得ている人は忌避につながりやすいとの結果が出ている 改めて、動画サイトの影響…
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
新型コロナウイルスのワクチンを接種するか「様子見」していた人のうち、新型コロナウイルス感染症に関する情報を「職場/学校」「LINE」から得ている人はその後のワクチン接種率が高く、「インターネットニュース」「動画共有サイト」から得ている人は接種率が低かった https://t.co/AjBkIUAB2N
@kakipitabetai 私も分2だと適応外になると思いますが、実際ジルチアゼム分2での処方箋はよく見ます!(疑義はとりまかける) 詳しくは勉強不足でわからないのですが、この例でも分2の使用で改善したみたいです! https://t.co/30jje4Ylv0
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
DOACとワーファリンの大規模臨床試験の問題点としては海外のワーファリンコントロールがINR 2.0-3.0であり日本の日常臨床と異なり、出血性脳卒中・頭蓋内出血の抑制の解釈が難しくなる。 https://t.co/RutQOSJ2pT
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
レギチーン®︎(フェントラミン) 持注することがあると知った20年目 知らないことが沢山ありますね https://t.co/8VoEwhSylP https://t.co/VydBQsW4NR
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @0sak1_m1d0r1: #寝る前に論文読む 88 横道誠「文学作品を読む自閉スペクトラム症者--「脳の多様性」と「当事者批評」」 https://t.co/2yCQx0xUW0 「ASD者のニキ・リンコは、この想像力 の障害を「想像力が、世俗の生活の役にたってくれ…
RT @Mitamura_Lab: 博士後期課程の加藤宏公氏の研究が刊行されました! 加藤宏公・柳澤博紀・三田村仰 (2022). 統合失調症の慢性期にある50代女性患者のアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)参加による価値に結びついた主観的体験の変化のプロセス.…
RT @airu_7272: https://t.co/S1vYa0bRED 金富子氏(性売買経験当事者ネットワーク灯火)って上野千鶴子の慰安婦問題にブチ切れてんのね。 村木さんがここまで狙ってんならスゲェな。 https://t.co/ox46gPpZD6
RT @mazuisake: J-STAGE Articles - STEM教育におけるAmbivalent Sexism(両面価値的性差別)に 関する研究の紹介 https://t.co/eu9GfZBCb4
RT @narcissina: 日本生態学会野外安全管理委員会.フィールド調査における安全管理マニュアル https://t.co/zfHd52Ewra #フィールド調査における安全管理
RT @chino79999: ✍️脂肪乳剤と炎症との関係 抗菌薬開始したら肝酵素⬆️したので代替案を教えてください‼️ いやいや、脂肪肝とか考慮したの?と思ったので調べてみた https://t.co/nosD0RA9qv
RT @kojima_aponet: 仏HASが、ニフェジピン含有クリームの慢性裂肛への使用に対する償還に肯定的と書いてあったので調べたら、日本でも試用されているのね 【日本大腸肛門病学会雑誌 72(2) p53-57,2019】 慢性裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安…
仏HASが、ニフェジピン含有クリームの慢性裂肛への使用に対する償還に肯定的と書いてあったので調べたら、日本でも試用されているのね 【日本大腸肛門病学会雑誌 72(2) p53-57,2019】 慢性裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安全性 https://t.co/ppNbJaAcM6
https://t.co/0i9yezKoGV   こんな報告がでとった。 透析中に爪矯正というのはなかなか時間の有効活用だなぁ。 …あと巻き爪ロボの効果が利益相反無しで示されてるんが地味にありがてえ。
RT @clark_dama: @dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療…
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
@dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 第4章 鉄の評価と補充療法 https://t.co/Z1QIJpCQna
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
https://t.co/IqjYWg4vGH より引用抜粋 https://t.co/cbMLtBmmlD
J-STAGE Articles - STEM教育におけるAmbivalent Sexism(両面価値的性差別)に 関する研究の紹介 https://t.co/eu9GfZBCb4
RT @OyatsuMaster: #考古学のおやつ 2/2 →▶ 小畑弘己, 宮浦舞衣 (2021) 宮崎市本野原遺跡出土の 縄文時代後期のマメ類種子多量混入土器. 植生史研究, 29巻1号, pp. 3-14. [J-Stage (@jstage_ej)] https:/…
"生活と医療の境界に生まれる様々な「もやもや感」を大切に扱うこと、医療と生活両方の視点を包括する「いかにしてともに生きていくか」という問いを立てて生活者視点を再構築すること、「健康づくり」ではなく「地域づくり」の一員として地域の人々の仲間に加わることが重要" https://t.co/NoOar18nYY
"医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @Kazuma_Kitamura: 水田洋先生がお亡くなりになったとのこと。英文解釈の観点から言うと、アダム・スミスの翻訳をめぐって別宮先生と熾烈な論争を繰り広げた方だった。ご冥福をお祈りします。 https://t.co/yzG6jo7NlC
RT @shogensumiyoshi: @gene_hos_spe 経食エコー・血液培養陰性IEの診断にはワンチャン、と思っていますが全然出会いませんね。 ↓この症例みたいなピンポイントなニーズですよね。いざ自分が診ていてPET!と言えるかは不明ですし、PETが最適解なのか…
RT @tashirokouji: 外川拓・磯田友里子・鈴木凌・恩藏直人(2023)「顧客の名字がブランド選択に及ぼす影響― 視覚情報としての文字に注目して―」『マーケティングジャーナル』42(3): 27-38. https://t.co/bVu1mlRYpm
RT @tashirokouji: がんばるか、超がんばるかの二択の筋力トレーニングは健康増進になるが、筋肉と異なりトレーニングhttps://t.co/TO1tBhVEVSをすることはサボって裏切ることも。Coke ONアプリhttps://t.co/JyeLSvxrH7のよ…
RT @hichachu: 本報告の11名に重症患者はいませんでしたが、2回のコロナワクチンが接種され症状が軽い場合でもワクチンを接種せずに罹患した人と同じ程度の期間ウイルス排泄が続く可能性があるため、感染予防策は今後も重要であると考えられます。 https://t.co/gs…
RT @Merleau_Pokotin: 本日と関連する河島先生の神解説 https://t.co/HZ1V3gJVkl #よもやまナイト
@CyoQ3 そう単純ではないようだ。ぜんぜんわからんが https://t.co/KIjMp9n3cF
昨今の寿司テロや商品テロにしろ、 我々のような司法試験や予備試験受験者としては、 奪取?領得?毀棄? 占有や客体の転移性?喪失可能性? とモヤるのでして、 財産罪における客体の価値 https://t.co/0QO6vzABoe 読んだら少しスッキリした
@sasakamanian 自分は、あまり経験はありませんが、お断りしました。 以下は論文の場合ですが、判断基準の参考になるかもです。 https://t.co/zUiHTcLryH
CiNii Books - 百万人の山と自然 : 講座登山基礎 : 安全のための知識と技術 日本山岳ガイド協会著 日本山岳ガイド協会, 2015.10 増補改訂版 https://t.co/tio3QyyIzy
"人は同じ話を何度も聞かされるとうんざりして抵抗感を抱く。これをSoらは「メッセージ疲労」と名付け概念化した(https://t.co/MWglVRdE6N )。健康に関する同じようなメッセージに繰り返し長期間曝されることによる疲労であり健康行動への抵抗を誘発する動機づけの状態である" https://t.co/I9ZxdvTADl
@abyss778 著者の方は,この方面にお強いようですね。 BPS modelの普及に伴って、心理社会的な要因の関与は注目されまくってますね。 むしろ、危険なほどとも言えると思います。 https://t.co/8T5J4ddwcA
RT @chicagonaka: @ymdkt2 @minddive_9 効かなくなる 現象はダウンレギュレーションで説明できます しかし 効果が切れると逆につまる 現象は説明できません 今のところ、血管収縮効果が切れたあと、反発性に血管が拡張することで浮腫をおこし、鼻詰まりが…
RT @marxindo: 加藤敏「進化論の見地からみる統合失調症」これも勉強になるラジよ。https://t.co/tZ6jvQhc7e
『この命 落としはせぬと 足萎えの 我は行きたり 避難訓練』 https://t.co/H4Adxyq1g6
RT @Iida_zeirishi: 「受益者負担」で検索したらすごい論文が出てきた。 1995年の論文ですが、現在の日本の惨状を予見しているようです。 井深雄二「教育費の節減合理化と受益者負担論」  (名古屋工業大学紀要) https://t.co/XNdd28OHxH…
RT @akupiyocco: 紹介されている論文はこれ。 大石 奈々, 濱田 伊織 (2021)「静かなる流出:ポスト3.11における日本人高度人材の豪州への移住」『社会科学研究』72 巻 2 号 p. 93-116 https://t.co/AeUu77inrR
高齢患者の安全のための服薬アドヒアランス(日本健康医学会雑誌, 2022 年 31 巻 2 号 p. 150-158) https://t.co/3fGd0MWKxM
RT @InterRadXV: 【論文紹介】※アクセスフリー ※非放散虫論文 Nearest-neighbor-spacing Distribution of People Sitting along the Bank of Kyoto's Kamogawa River かの…
RT @KenkasCR: 集中治療医学会雑誌に順天堂大学高橋哲也先生の「集中治療における理学療法:質保証と課題」の総説が無料で見ることができます。 集中治療領域における理学療法が注目された経緯、理学療法士に求められることについて分かりやすくまとめられています。 https…
患者・住民・社会のニーズを常に意識しながら,困難な臨床状況の中で省察を繰り返しながら変容し続けてプロフェッショナリズムを高めていくことが,現代の複雑な医療・社会状況の中での真の専門家には求められている. https://t.co/VovE24kuSu
薬学部の場合,プロフェッショナリズムは学部時代からシームレスに,経験した環境に応じて一生涯にわたって考え続ける姿勢を持たせることこそ,卒業時に身につけておかなければならない資質,能力だと感じている. 薬学部におけるプロフェッショナルを考えるhttps://t.co/dp3RR1qEMh https://t.co/ByoYfHbfrp
RT @FUKUSHIMAYasuh1: 医学科の学生に放射線防護についての実習を行い、アンケートを #KHCoder でテキストマイニングを行い、実習の効果を評価しました。 J-STAGE Articles - Effect of Radiation Protection T…
健康診断で糖尿病の可能性を指摘されてから受診行動に至る促進要因と抑制要因に関する研究(日本健康医学会雑誌, 2019 年 28 巻 2 号 p. 107-115) https://t.co/eHPYsrUT2j
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: Association between advanced airway management with adrenaline injection and prognosis in adult patien…
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: BMI and cardiometabolic traits in Japanese: a Mendelian randomization study Mako Nagayoshi et al. http…
RT @smaeda_tw: 共著論文が早期公開されました。制止学習アプローチに基づいたエクスポージャーの有効性や研究動向についてまとめたレビュー論文です。 https://t.co/PNH0Bx0nAm
先日みた通常のサルコペニアではなさそうな方は、免疫介在性壊死性ミオパチーの可能性があるそうです。私は初めて聞きましたが、多発性筋炎とは別の疾患なのですね。治療法がある筋疾患なら、見落とさずに脳神経内科などにつなげるのが大事です。以下の論文が参考になります。 https://t.co/5QisVl0u5c
RT @pokapokamirai23: 脳卒中リハに関わる多くのリハスタッフは目を通した事があるだろうが 改めてみても勉強になります ●大脳皮質・脳幹ー脊髄による姿勢と歩行の制御機構● https://t.co/U4Q6YDrkY8
J-STAGE Articles - 放射線滅菌における医療機器材料の選定方法 https://t.co/nkQvFDcCTf
RT @sakagan: 政治的アイデンティティの問題は、「権威主義体制の正統性としての「建国の父」-その継承と変容の比較研究-」で取り組むのだろう。 父を軸にした、リン・ハントが定義し直した家族ロマンス「政治の底にひそむ家族秩序に関する集団的、無意識的なイメージ」の政治化と…
RT @sakagan: 木村幹先生による『アジアの脱植民地化と体制変動 民主制と独裁の歴史的起源』白水社、書評。 「従来の「脱植民地化」の過程における政治的システムを巡る議論において、最も重要な役割を果すものの一つとされて来たのは、政治的アイデンティティの問題である。」 h…
RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?.. Highlights 3/3 ✅Need to pay attention to the health outcomes of policy measures that encourage older adults to work longer. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Highlights 2/3 ✅Raising both mandatory retirement age & eligibility age for claiming public pension benefits to 70 ys ↓ employment rate⬆️ probability of poor self-rated health⬇️ psychological distress⬆️ https://t.co/7basZulALM by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?... Oshio T et al Highlights 1/3 ✅Work reduced the probability of poor self-rated health and increased that of psychological distress. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cross-sectional Data in Japan Oshio T et al https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol https://t.co/MgXakWoiSv