青島周一 (@syuichiao89)

投稿一覧(最新100件)

日本では2001年から2016年にかけて喫煙者の社会経済格差が拡大しており、近い将来も健康格差が存在することを示している。 https://t.co/Qxb13jcwY8
トラックの排気ガスやガソリン車への曝露はCVDの死亡率と正の関連があり、大気汚染がこの関連に関与している可能性がある J-STAGE Articles - Association between Traffic Count and Cardiovascular Mortality: A Prospective Cohort Study in Taiwan https://t.co/zxojUXDHtw
65歳以上の10万人あたりの高齢者向け介護施設数が1施設増加すると、認知症の発生率が7.9%(95%信頼区間、3.3〜12.4)低下したJ-STAGE Articles - Incidence and mortality of dementia-related missing and their associated factors: An ecological study in Japan https://t.co/U7M6fLzok7
J-STAGE Articles - Widening socioeconomic inequalities in smoking in Japan, 2001-2016 https://t.co/rwyIxAgilu
J-STAGE Articles - ウィルス感染におけるABO組織-血液型抗原の役割 https://t.co/PRmG6EbtMd
RT @FakePearl_inst: 國松 淳和. 機能性高体温症の臨床. 心身医学, 60 巻 (2020) 3 号p. 227-233. https://t.co/E5iTtRh1HQ 一番最近書いた総説
J-STAGE Articles - Epidemiology of food choking deaths in Japan: Time trends and regional variations https://t.co/M5TXzZm3sx
J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
J-STAGE Articles - What factors affect the evolution of the wife’s mental health after the husband’s retirement? Evidence from a population-based nationwide survey in Japan https://t.co/QhetW9BPO7
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
J-STAGE Articles - Does laughter predict onset of functional disability and mortality among older Japanese adults? the JAGES prospective cohort study https://t.co/QKXwPkj7a7
J-STAGE Articles - Physical fitness and dyslipidemia among Japanese: a cohort study from the Niigata Wellness Study https://t.co/wlnDmFofpv
J-STAGE Articles - Associations of education with overall diet quality are explained by different food groups in middle-aged and old Japanese women https://t.co/fNgL24rJSO
J-STAGE Articles - Pitfalls and Tips for Statistical Methods in Epidemiology: A New Series of Special Articles Has Started https://t.co/k7W3SI63g3
J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
@takashi_brown test-negative case-control designですかね。 https://t.co/OPnW7s7XrF
RT @syuichiao89: 誌上シンポジウム:Evidence-Based Medicine(EBM)教育:誰が,何を,どのように教えるか インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム ―設立背景とその影響 J-STAGEで公開です! J-STAGE Artic…
誌上シンポジウム:Evidence-Based Medicine(EBM)教育:誰が,何を,どのように教えるか インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム ―設立背景とその影響 J-STAGEで公開です! J-STAGE Articles - インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム https://t.co/JbnHFOaoy2
RT @kurojda: 一昨年の薬学教育学会のシンポジウムレビューです!EBMxTBL第二弾。違う切り口。他にもEBM教育手法が載っているので、是非^ ^青島先生のレビューも同巻にございます! https://t.co/Wi9ZobFUxo
J-STAGE Articles - The association between habitual sleep duration and mortality according to sex and age: the Japan Public Health Center-based Prospective Study https://t.co/GZxDOYjpOp
J-STAGE Articles - Relationship between calcium intake and impaired activities of daily living in a Japanese population: NIPPON DATA90 https://t.co/9DcddmTkI6
J-STAGE Articles - Longitudinal Trends in Blood Pressure Associated with the Frequency of Laughter: Longitudinal Study of Japanese General Population: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS) https://t.co/HykAzNiShV
J-STAGE Articles - Effect of dietary nori (dried laver) on blood pressure in young Japanese children: an intervention study https://t.co/B2QjxvuSvw
J-STAGE Articles - Relationship Between Severe Respiratory Depression and Codeine-Containing Antitussives in Children: A Nested Case-Control Study https://t.co/5jzba7HDB4
J-STAGE Articles - Plain Water Intake and Association With the Risk of Overweight in the Chinese Adult Population: China Health and Nutrition Survey 2006–2011 https://t.co/xmrYSndL5B
RT @Gun_san70: 因果推論で重要なDirected Acyclic Graphs (DAG) 臨床でも大いに使うべきツール 臨床でもって言い方がよくないけど https://t.co/aIqmBlRM3k
寝室の暖房が子どもの感染症を予防する効果があるかもしれない https://t.co/JYOCpTv7lg ホントかいな
「医療は科学的であるというよりは,科学的である要素も含むがそれが全てではなく、そのほかの哲学的・精神的・宗教的などちらかといえば疑似科学に分類されるような領域をも統合的に含めて医療と考える必要があると思われる」 医療は科学的であるのかについての哲学的考察 https://t.co/iCLANv8bnP
J-STAGE Articles - Dental Status is Associated With Incident Functional Disability in Community-Dwelling Older Japanese: A Prospective Cohort Study Using Propensity Score Matching https://t.co/iqJba1MN4l
RT @kurojda: 薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK…
J-STAGE Articles - 人はなぜ依存症になるのか https://t.co/c1MVrSp2Zn
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
RT @Fizz_DI: 「お守り」は親しい人や年上の親族からもらうことが多く、神頼みよりもメッセージ性(例:勉強頑張れ、身体に気を付けろ)を込めたコミュニケーション・ツールとして贈られる面がある。 社会心理学研究22(1):85-97,(2006) https://t.co…
RT @t_nihonmatsu: しかし、医師といっても万能ではない。 なぜなら病気の種類は無限に多く、毎日のように新しい病気や処方が生まています。家族の身を守るためには、診断内容を調べる必要があるかもしれません。 医師 青島周一氏「高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤…
J-STAGE Articles - 保湿・肌荒れ防止用化粧品の有用性と製品開発 https://t.co/sgmyurGXIp
汎発性皮膚瘙痒症診療ガイドライン https://t.co/dLH8Wv37kV
#未読 https://t.co/mGH0b46I4Y https://t.co/kXYuQL40ji https://t.co/CO1RdcaYC8 https://t.co/UTRjzewMD5
RT @ph_lelouch: 確かにちらし寿司と牛乳は合わないよねw J-STAGE Articles - 学校給食の牛乳に対する小学生の嗜好に関する研究 https://t.co/vwNpiZpipM
J-STAGE Articles - 宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか https://t.co/U3WaApXxjz
J-STAGE Articles - 宇宙で日常をつぶやく https://t.co/3a4asMgVZD
RT @asarin: @kabata_h この本は未読なのですが,野口聡一さんは心理学の論文を2つ書いておられます.そういう「気づき」があったのだろうなと思います. 「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」https://t.co/gG2uK3gbG…
RT @asarin: @kabata_h この本は未読なのですが,野口聡一さんは心理学の論文を2つ書いておられます.そういう「気づき」があったのだろうなと思います. 「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」https://t.co/gG2uK3gbG…
J-STAGE Articles - <b>凍瘡(しもやけ)</b><b>の発現機序に関する一考察</b> https://t.co/TDQD7Ys8Uv
RT @Office_j: 「ガイドライン未準拠」治療で、「準拠」治療に比べ、死亡・脳卒中の補正後ORは2.32 [95%CI 1.86-2.90]。出血は不明。 https://t.co/ZggMaG7YP0 https://t.co/P1ZIQuvt6p
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and Healthcare Expenditures in People Aged 75 Years or Older in Japan: A Population-Based Study Using Medical and L https://t.co/flJ7k0hSy9
食事とフレイル J-STAGE Articles - Frequency of Balanced-Meal Consumption and Frailty in Community-Dwelling Older Japanese: A Cross-Sectional Study https://t.co/csaGgGNnqG
J-STAGE Articles - 1.Clinical trial (臨床試験) から Criminal trial (裁判) へ ―ディオバン臨床研究不正事件とは― https://t.co/T8AXHQijQk
RT @NPOJCLEAR: 【新着】 「薬剤疫学会誌」最新号の企画、「ディオバン事件のもたらしたもの」に、当NPO理事長(桑島 巌)による「Clinical trial (臨床試験) から Criminal trial (裁判) へ ―ディオバン臨床研究不正事件とは―」が掲…
@streptocoooccus ですね。またこの分野、費用対効果の話も出てきています(https://t.co/m9cDGNAowt)。法に加えて制度設計(経済的な観点からの)の問題も絡んできていますかね。根っこのところではつながっているかと思いますが。でもあれですね、法学というのもまた哲学分野だなと思います。
directed acyclic graphに関する解説。わかりやすい。 https://t.co/lPduwb5ZCN
#未読 https://t.co/DhIrWalkcx https://t.co/k45T4wvd22 https://t.co/d7oO3YjhgL https://t.co/iu1Vm8ITtZ https://t.co/uhTSjTchGl https://t.co/SzEwoKSaak https://t.co/tZWg69D9nq https://t.co/S3GZzavkCg https://t.co/liLapGyMOM https://t.co/lWiJ4ffYTM
J-STAGE Articles - 口腔病変の診断と治療 https://t.co/0avBmXJ6Dk
@_vol_de_nuit ご参考になるか分かりませんが、僕たちの取り組みはいくつか文献化されています。フリーでアクセスできるものとして、https://t.co/i8xmvRAsTI やhttps://t.co/fCdp960yC4 があります。
RT @hiroshi_ma2moto: 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/wXakS20lWS
J-STAGE Articles - シンプルで効果が継続する肥満予防介入の探究―自治体職員を対象としたランダム化比較試験― https://t.co/32seSR2fkz
J-STAGE Articles - 医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ https://t.co/Y4o0Uf8ZLF
J-STAGE Articles - 日米中3カ国におけるSNSの倫理的利用に向けたナッジ効果の実証分析 https://t.co/dk63vX2PLL
RT @syuichiao89: 昨年アクセプトされた僕の総説論文、J-stageに登載されました。フリーアクセスです。 J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
昨年アクセプトされた僕の総説論文、J-stageに登載されました。フリーアクセスです。 J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の胃腸薬における制酸力の比較検討 https://t.co/uwZDILs3Tk
RT @n291: 米原 優「『自由論』における言論の自由擁護論」- 静岡大学学術リポジトリ https://t.co/vI3u5RE39D / 自由の探究-ジョン・スチュアート・ミル自由論- - 思想的、疫学的、医療について https://t.co/XZweMxK85n
良くまとまっています。 J-STAGE Articles - 6.慢性腎臓病とプロトンポンプ阻害薬 https://t.co/PjdQnXAP6w
RT @tiseda: わたしも協力者として参加した科研費で行った動物実験に関する意識調査の結果が論文として公表されました。著者は打越綾子さんと笠井憲雪さんです。 https://t.co/ZHI0CHOnQk
日本疫学会誌にTest-Negative Designに関する総説(https://t.co/Tk3oLIByL7)Healthcare-seeking attitude exerts an effect を排除できるデザインとしてワクチンの有効性検討に近年用いられているデザインですね。同じ号にロタウイルスワクチンの効果を検討したCase-Control Study が掲載されてます

5 0 0 0 OA 経口補水療法

J-STAGE Articles - 経口補水療法 https://t.co/jVN2Jnnm7o
#後で読む 動物の倫理的重みと人間の責務 : 動物倫理の方法と課題 https://t.co/jvuS6qGzr3 生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学 https://t.co/T2BdoiaZkf ‘Why Be Moral?’問題の再検討 https://t.co/2DhH2olIZU
#後で読む 動物の倫理的重みと人間の責務 : 動物倫理の方法と課題 https://t.co/jvuS6qGzr3 生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学 https://t.co/T2BdoiaZkf ‘Why Be Moral?’問題の再検討 https://t.co/2DhH2olIZU
#疫学 #後で確認する https://t.co/qfcCmM40oT https://t.co/jvXvxxZEno https://t.co/gsEYIzwVVB https://t.co/mq7SkZrMoK
#疫学 #後で確認する https://t.co/qfcCmM40oT https://t.co/jvXvxxZEno https://t.co/gsEYIzwVVB https://t.co/mq7SkZrMoK
J-STAGE Articles - バイアスと交絡:医療情報データベースを使った薬剤疫学研究 https://t.co/coch92HlZl
J-STAGE Articles - 集団を対象とする疫学研究とN = 1 研究 https://t.co/pibOQHQA5R
J-STAGE Articles - Test-negative case control design による成人のインフルエンザワクチン効果―2013/14,2014/15 シーズン― https://t.co/aJNitwhOBf
J-STAGE Articles - ライフサイエンス辞書とは https://t.co/MydFm75Tw4
J-STAGE Articles - Intake of coffee associated with decreased depressive symptoms among elderly Japanese women: a multi-center cross-sectional study https://t.co/0GSATjkVwQ
総合診療誌ってDOI番号がついているんですねぇ。引用に便利。 「処方カスケード」とその対応 (総合診療 28巻7号) | 医書.jp https://t.co/u0UQKHjhYJ
RT @nnago: 過剰診断がどう誤解されやすいか。検診と調査がいかに混同されているか。この論文を読むとよくわかります。https://t.co/sPQj1WQOai
J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
RT @yachu93: 福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
RT @okazakiyslab: インターネット上での EBM スタイル臨床教育プログラムの概要とその展望 https://t.co/7BMCC7cM0Y 薬剤師のジャーナルクラブは、インターネットに接続した端末からラジオ配信ができるサービスを利用。(本文より)
J-STAGE Articles - 吸血性昆虫唾液腺の生理活性物質とその機能 https://t.co/7wsHHPU4Vn
無事に終了いたしました!会場にお越しいただきました先生方、ありがとうございました! 座長の先生より『いろいろな意味で興味深い研究』との評価を頂きしあわせです! 第10回日本プライマリ・ケア連合学会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
RT @syuichiao89: 13時30分からです! WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
13時30分からです! WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 健康の社会的決定要因と農村医学 https://t.co/pmnwmii8eN
RT @syuichiao89: WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
J-STAGE Articles - 健康は診断できるか https://t.co/mSA1PLFP58
J-STAGE Articles - The Association Between Education and Smoking Prevalence, Independent of Occupation: A Nationally Representative Survey in Japan https://t.co/duoHHZWleS
J-STAGE Articles - Number of teeth and all-cause and cancer mortality in a Japanese community: The Takayama Study https://t.co/GapqMCW0bm
RT @yachu93: 奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
RT @yachu93: 東北大学,たら澤 邦男先生。基盤C「在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析」 https://t.co/yc9hFsMgEX

お気に入り一覧(最新100件)

「科学哲学」52 巻1号に掲載された『ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』(鈴木貴之著)の書評がJ-STAGEで公開されました。評者は太田紘史さんでタイトルは「物理主義者であるとはどのようなことか」です。20ページに及ぶ書評論文をお見逃しなく。 https://t.co/wpiVBHtJ4R
國松 淳和. 機能性高体温症の臨床. 心身医学, 60 巻 (2020) 3 号p. 227-233. https://t.co/E5iTtRh1HQ 一番最近書いた総説
一昨年の薬学教育学会のシンポジウムレビューです!EBMxTBL第二弾。違う切り口。他にもEBM教育手法が載っているので、是非^ ^青島先生のレビューも同巻にございます! https://t.co/Wi9ZobFUxo
薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
しかし、医師といっても万能ではない。 なぜなら病気の種類は無限に多く、毎日のように新しい病気や処方が生まています。家族の身を守るためには、診断内容を調べる必要があるかもしれません。 医師 青島周一氏「高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か」 https://t.co/KD6F63STrE
「お守り」は親しい人や年上の親族からもらうことが多く、神頼みよりもメッセージ性(例:勉強頑張れ、身体に気を付けろ)を込めたコミュニケーション・ツールとして贈られる面がある。 社会心理学研究22(1):85-97,(2006) https://t.co/lTSt55ENqQ …お守り、私も持っています✨(`・ω・´)
これは良い論文だなあ(^-^) 薬物性光線過敏症と紫外線可視吸収スペクトルと構造の関連, 医薬品情報学, 2019, 21(2), 70-78. https://t.co/4333eT8tel
東北大学,たら澤 邦男先生。基盤C「在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析」 https://t.co/yc9hFsMgEX
順天堂大学,野尻 宗子先生。基盤C「レセプトデータベース(NDB)を使った高齢者の医療資源の適正化の検討」 https://t.co/5YdQI9sfND
奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
質の低い研究を含めると効果が大きくなる、というだけではなかろうか。論文に期待したい。 / “楽器演奏・音楽療法の認知症予防効果に関する文献レビュー” https://t.co/f9AeF2kTwa
FTUによる指導を行っている薬剤師は6%!! J-STAGE Articles - 副腎皮質ステロイド軟膏剤の適正使用に向けたFinger-tip unit による服薬指導の実態調査と製剤学的使用性の評価 https://t.co/w6xmmSJtiJ
これはみんな読んでおこう!(頼んだ) J-STAGE Articles - 日本における健康医学情報の探索行動 : 2008年および2013年調査の結果 https://t.co/rnJhRFbzn0

2 0 0 0 QOLとSOL

まさしく答えが載っていましたね、SOLもQOLも生命倫理学由来と考えてよさそうです。久しぶりにサイニーで論文を読みました…(笑) CiNii 論文 -  QOLとSOL https://t.co/3YvJCRw2NW #CiNii
CiNii 論文 -  文学教育のための物語論 https://t.co/fVw3jgiudD #CiNii
『科学基礎論研究』最新刊もフリーアクセスとなりました! 拙論「精神疾患とは何か?」 も無料ダウンロード可能です。 https://t.co/aN9lWi4BDs https://t.co/ESI6TTxAIm
“薬剤師のジャーナルクラブ” https://t.co/IPEHjiABYD
載せとこ(エビデンスレベルは皆無だけれど、個人的には重要やで)。COPD患者さんへの運動指導のせいで治療関係が悪くなって大変やったけど、ちゃんとやったら少しはエエ感じやったで、って報告です。はよ他の論文も書かないと。https://t.co/ZDq2VIABbM
【吹田研究6898名観察:AF発症リスク予知のスコアリング完成。c統計量は0.75】 Circ J https://t.co/jyr02HOOmb https://t.co/accXC1jWXy
“modified Rankin Scaleの信頼性に関する研究” https://t.co/9ath2hqIYQ
CYP2D6*10変異をもつaripiprazole服用患者においてClarithromycin併用によって血中濃度上昇→横紋筋融解症が疑われた症例報告、獨協医大。 こういう報告を見るとCAMの薬物相互作用の怖さを再認識します。 https://t.co/4KKBvf4lGc
プラセボと聞くと効果のないもののように思う方もいるかもしれませんが、それは違います。プラセボ投与群の改善率は心身症で42%、IBSで61%、片頭痛で28%、糖尿病で13%、急性単純性膀胱炎で72%というデータもあります。 http://t.co/l5rVBE79Ea
「労働時間とうつ・抑うつなどの精神的負担との関連について,一致した結果は認められなかった.」 / “A Systematic Review of Working Hours and Mental Health Burden” http://t.co/gxGaI2dm3Z
“CiNii 論文 -  黄砂の健康影響 : 疫学文献レビュー” http://t.co/k1Y03kryhV
EBM / “CiNii 論文 -  PubMedの基本的な使い方およびエビデンスに基づいた文献の検索(<特集>PubMed使い倒し)” http://t.co/OVtoLKE1

フォロー(809ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @drjohnmorley: J-STAGE Articles - The sitting and rising test for assessing people with chronic stroke https://t.co/9knKlet0TZ…
ふむふむ_φ(・_・ タゾバクタム/ピペラシリンによる薬剤性腎障害に対して尿量増加と尿中好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン減少により腎代替療法を回避し得た1例 #日集中医誌 #PIPCTAZ #AKI #DIKI #NGAL #RRT https://t.co/qLKRAdbABo
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
鼻アレルギーに対する局所薬物療法の変遷 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO) 33(1): 1―6, 2015 https://t.co/1qkqRUyiEr
@codeblueflower 作り置きのアルコール綿が一気に廃れたのは、水よりもアルコールが先に揮発して、有効濃度が維持出来なくなると、院内感染がらみで拡く知られたことと記憶しています。 https://t.co/9MKdHPc4vR

1 1 1 0 OA 1.治療の変遷

気管支喘息の治療の変遷 (日内会誌 102:1327~1332,2013) https://t.co/lhvEPtgdVm
RT @Office_j: 【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2…
【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2bQU
【日本人でPCSK9と相関していた代謝マーカーは?/ JAT】 日本、地域住民674名、健診データ解析:PCSK9濃度は、トリグリセライド濃度、HOMA-IR、Lp(a)と [正] 相関するも、LDL-C濃度との相関は認められず。 https://t.co/USNdId0y3t
RT @kadsho: Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://…
Is Concomitant Therapy with Acetaminophen and Low-dose Aspirin a Risk Factor for CKD Progression? A 6-Year Cohort Study #YakugakuZasshi https://t.co/fma8ne2Mi4
Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://t.co/BnWMy8ffM9
RT @azukichan_koshi: https://t.co/kg5m9Y97VP 避妊率について知りたければ、この文献でも読んでおけ。ちゃんと表になってて見やすいから。OCが低用量ピルね。 https://t.co/zMhgn7udsX
【書評】栗田真広著『核のリスクと地域紛争』の「アジア経済」に掲載されたの書評がJ-STAGEで公開です。評者は濱村仁さんです。 https://t.co/kFS9brKPUk 研究者が研究対象に影響を与える可能性の問題や、無限に複雑な現実を理解可能にするための仮定「国家の一枚岩性」など、論点は多岐にわたります。
「覗きカメラでERCP」という話題をみかけたので、思い出したが、1980年代にはこんなことをやっていました。 https://t.co/KUuUXMulOr
J-STAGE Articles - 患者・生活者は、医薬品についてインターネット上で、どのような情報を求めているか? https://t.co/8FYKYOh1Wl
J-STAGE Articles - リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rRQJFloOc5
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 心不全の在宅医療における薬剤師の役割 https://t.co/k62griKH7b こんな症例まで在宅で管理できるんですね。すごいなー
J-STAGE Articles - 心不全の在宅医療における薬剤師の役割 https://t.co/k62griKH7b こんな症例まで在宅で管理できるんですね。すごいなー
RT @MathEdr: TLでしばしば見かける"「教材研究」とは何なのか"問題ですが,数学教育学では,算数・数学教育における教材研究の方法それ自体をテーマとした博士論文があります。まずは本文pp.33-37らへんを読むと「教材研究」についての全体像をつかみやすいかと思います。…
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
RT @tUKa0i9AuBOUHNZ: アレントにおける「自由の遡及的性格」という、この論文の切り口が偉大だ。やっぱり先達の論文は繰り返し何度も探さないとな。https://t.co/rNW6IVPGvR
@santoph ありがとうございます。私も少し検索してみて、マウス実験(あくまでマウスですが)で有意差があった?(引用元を自力で読み解ききれませんが
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
阪大の学生を対象にOTC医薬品、サプリ等の使用頻度、エナジードリンク(カフェイン飲料含む)の使用状況等をあわせて調査 【社会薬学 39(1) p.2-11, 2020】 大学生のセルフメディケーションに対する関心およびエナジードリンクの使用状況に関する調査:パイロット研究 https://t.co/KhsBnG73Ng
【社会薬学 39(1) p1, 2020】 新型コロナウイルス感染に負けるな:日本社会薬学会第39年会延期のお知らせ https://t.co/JAYusTlqL3 https://t.co/lIrtr703u7
【薬剤学 80 (1), 24-35 (2020)】 夢対談 薬剤師と院内製剤を取り巻く環境の変化~過去,現在,未来~ https://t.co/BhWOAkT3kg
【日本ペインクリニック学会誌 27(2) p133-142,2020】 痛み診療の現場における2015年および2016年の有害事象について―日本ペインクリニック学会安全委員会・有害事象調査報告と課題― https://t.co/jWPiagg89V

フォロワー(5446ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @drjohnmorley: J-STAGE Articles - The sitting and rising test for assessing people with chronic stroke https://t.co/9knKlet0TZ…
清水信子「資料紹介 二松學舍大学附属図書館蔵佐久間峻斎旧蔵書目録(医書之部)」『日本漢文学研究』14号、 2019 https://t.co/JVN8FKfxHI https://t.co/wyvUVACRPc
心肺運動負荷試験で時折認める、運動時周期性呼吸変動(EOV)、いわゆるオシレーションは、EFの低下した心不全患者の予後不良因子として知られており、近年ではEFの低下していない心不全患者でも予後予測因子の有用性が報告されています。 https://t.co/OCmG1OC4cs https://t.co/lJpVp0kSrG
ふむふむ_φ(・_・ タゾバクタム/ピペラシリンによる薬剤性腎障害に対して尿量増加と尿中好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン減少により腎代替療法を回避し得た1例 #日集中医誌 #PIPCTAZ #AKI #DIKI #NGAL #RRT https://t.co/qLKRAdbABo
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
RT @pt_sogoriha: ■緊急座談会 新型コロナウイルス―各現場から, withコロナ時代の理学療法を展望する COVID-19治療最前線での理学療法―第2波, その先に向けて https://t.co/aFb3lqJok4 COVID-19感染予防を主軸とした組織…
RT @yusai00: https://t.co/VlJmxp4lV7 体感としても都会に住む人の方が歩く感じはあるけど、ちゃんと調査もある。都市規模が大きい場所に住んでいる人ほど1日の歩数が多く、都心部に住む人の方が、田舎の人よりだいたい平均1日700歩ほど歩数が多いという…
RT @nanayoh: どうして海岸にはイチジク浣腸が落ちてるんだろうという疑問に答える論文があった https://t.co/nB5O1JDsdI 使用済み浣腸容器の由来はほとんどが日本
鼻アレルギーに対する局所薬物療法の変遷 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO) 33(1): 1―6, 2015 https://t.co/1qkqRUyiEr
まみさんの質的研究入門。とても良い。薬剤師にももっと質的研究が広まって欲しい。 薬剤師による薬剤師さんのための質的研究入門 第2回目:質的研究の研究デザイン ーリサーチクエスチョンと関連してー https://t.co/VaBcoaO8Th
@codeblueflower 作り置きのアルコール綿が一気に廃れたのは、水よりもアルコールが先に揮発して、有効濃度が維持出来なくなると、院内感染がらみで拡く知られたことと記憶しています。 https://t.co/9MKdHPc4vR
RT @ktgis: NHKで「小さな旅」を見てたら、岐阜和傘が取り上げられていた。昭和20年代が最盛期だったそうだが、どうりで終戦直後のモージャー氏撮影の写真に複数入っているわけだ。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0H5em0Kjbs https://…
RT @kyoheiomon: リハビリテーションのVR関連情報です!!ぜひ、一読していただけますと幸いです!論文やメディア情報です! https://t.co/l51awMvGCH https://t.co/S0RZzCWcvv https://t.co/6jdd2R8…

1 1 1 0 OA 1.治療の変遷

気管支喘息の治療の変遷 (日内会誌 102:1327~1332,2013) https://t.co/lhvEPtgdVm
RT @Office_j: 【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2…
RT @Office_j: 【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2…
RT @Office_j: 【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2…
【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2bQU
【日本人でPCSK9と相関していた代謝マーカーは?/ JAT】 日本、地域住民674名、健診データ解析:PCSK9濃度は、トリグリセライド濃度、HOMA-IR、Lp(a)と [正] 相関するも、LDL-C濃度との相関は認められず。 https://t.co/USNdId0y3t
RT @kadsho: Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://…
RT @kadsho: Is Concomitant Therapy with Acetaminophen and Low-dose Aspirin a Risk Factor for CKD Progression? A 6-Year Cohort Study #Yakug…
RT @kadsho: Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://…
Is Concomitant Therapy with Acetaminophen and Low-dose Aspirin a Risk Factor for CKD Progression? A 6-Year Cohort Study #YakugakuZasshi https://t.co/fma8ne2Mi4
Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://t.co/BnWMy8ffM9
RT @azukichan_koshi: https://t.co/kg5m9Y97VP 避妊率について知りたければ、この文献でも読んでおけ。ちゃんと表になってて見やすいから。OCが低用量ピルね。 https://t.co/zMhgn7udsX
「覗きカメラでERCP」という話題をみかけたので、思い出したが、1980年代にはこんなことをやっていました。 https://t.co/KUuUXMulOr
マイクロニードルによるドラッグデリバリーをもっと詳しく知りたい方はこの日本語文献読むとわかるでしょう。 https://t.co/7UDKoiWiXH https://t.co/fPZjTbcBCe (まだ読み切れてない)
マイクロニードルによるドラッグデリバリーをもっと詳しく知りたい方はこの日本語文献読むとわかるでしょう。 https://t.co/7UDKoiWiXH https://t.co/fPZjTbcBCe (まだ読み切れてない)

660 13 11 0 OA ジャムシード王

RT @fushunia: ゾロアスター教の研究者の井本英一氏は、この始祖王「イマ王」(ジャムシード王)の論文を書いてる。ここに出てくる「牛」(王=祭司の分身)は、弥生神話の「鹿」にあたり(弥生時代に牛はいない)、鹿を犠牲にして「死と再生」の儀式を行い、太陽が衰弱する冬を乗り切…
ジャイ子じゃねーかwww https://t.co/GgVUcf8q0H
RT @Dashige1: Annals of Clinical Epidemiology (ACE)に「Introduction to Instrumental Variable Analysis」というセミナー論文が掲載されました。 https://t.co/37JND03…
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
J-STAGE Articles - 患者・生活者は、医薬品についてインターネット上で、どのような情報を求めているか? https://t.co/8FYKYOh1Wl
J-STAGE Articles - リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rRQJFloOc5
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 心不全の在宅医療における薬剤師の役割 https://t.co/k62griKH7b こんな症例まで在宅で管理できるんですね。すごいなー
J-STAGE Articles - 心不全の在宅医療における薬剤師の役割 https://t.co/k62griKH7b こんな症例まで在宅で管理できるんですね。すごいなー
RT @MathEdr: TLでしばしば見かける"「教材研究」とは何なのか"問題ですが,数学教育学では,算数・数学教育における教材研究の方法それ自体をテーマとした博士論文があります。まずは本文pp.33-37らへんを読むと「教材研究」についての全体像をつかみやすいかと思います。…
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
RT @tUKa0i9AuBOUHNZ: アレントにおける「自由の遡及的性格」という、この論文の切り口が偉大だ。やっぱり先達の論文は繰り返し何度も探さないとな。https://t.co/rNW6IVPGvR
RT @enumura: 「400年を越えて続いた日本史上最大最長の土木事業―関東平野における河川改修事業を規制したテクトニックな制約―」地学雑誌 https://t.co/a1UkjYz21h 関東河川改修の通史と、その自然地理学的な背景について。
@santoph ありがとうございます。私も少し検索してみて、マウス実験(あくまでマウスですが)で有意差があった?(引用元を自力で読み解ききれませんが
RT @kojima_aponet: 明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
阪大の学生を対象にOTC医薬品、サプリ等の使用頻度、エナジードリンク(カフェイン飲料含む)の使用状況等をあわせて調査 【社会薬学 39(1) p.2-11, 2020】 大学生のセルフメディケーションに対する関心およびエナジードリンクの使用状況に関する調査:パイロット研究 https://t.co/KhsBnG73Ng
【社会薬学 39(1) p1, 2020】 新型コロナウイルス感染に負けるな:日本社会薬学会第39年会延期のお知らせ https://t.co/JAYusTlqL3 https://t.co/lIrtr703u7
【薬剤学 80 (1), 24-35 (2020)】 夢対談 薬剤師と院内製剤を取り巻く環境の変化~過去,現在,未来~ https://t.co/BhWOAkT3kg
【日本ペインクリニック学会誌 27(2) p133-142,2020】 痛み診療の現場における2015年および2016年の有害事象について―日本ペインクリニック学会安全委員会・有害事象調査報告と課題― https://t.co/jWPiagg89V
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
@volvoayumina 緩和ケアの文脈ですが、臨床宗教師はいかがでしょう? https://t.co/h2IIZPg4Mi
【薬学から官庁データサイエンティストへ 総務省統計分野の仕事】 https://t.co/g5qDtmSA2F