青島周一@『ゆる読み』配信中! (@syuichiao89)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - Dental Status is Associated With Incident Functional Disability in Community-Dwelling Older Japa… https://t.co/4Bcern9F7Z
RT @kurojda: 薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK…
J-STAGE Articles - 人はなぜ依存症になるのか https://t.co/c1MVrSp2Zn
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
いや、例外もあるかもしれない。それはネオシーダー®の名で販売されている鎮咳去痰薬だ。 https://t.co/AEC9AcckQs https://t.co/olXeiEjlCF https://t.co/ltdZFb3BL4
RT @Fizz_DI: 「お守り」は親しい人や年上の親族からもらうことが多く、神頼みよりもメッセージ性(例:勉強頑張れ、身体に気を付けろ)を込めたコミュニケーション・ツールとして贈られる面がある。 社会心理学研究22(1):85-97,(2006) https://t.co…
RT @t_nihonmatsu: しかし、医師といっても万能ではない。 なぜなら病気の種類は無限に多く、毎日のように新しい病気や処方が生まています。家族の身を守るためには、診断内容を調べる必要があるかもしれません。 医師 青島周一氏「高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤…
J-STAGE Articles - 保湿・肌荒れ防止用化粧品の有用性と製品開発 https://t.co/sgmyurGXIp
汎発性皮膚瘙痒症診療ガイドライン https://t.co/dLH8Wv37kV
#未読 https://t.co/mGH0b46I4Y https://t.co/kXYuQL40ji https://t.co/CO1RdcaYC8 https://t.co/UTRjzewMD5
RT @ph_lelouch: 確かにちらし寿司と牛乳は合わないよねw J-STAGE Articles - 学校給食の牛乳に対する小学生の嗜好に関する研究 https://t.co/vwNpiZpipM
J-STAGE Articles - 宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか https://t.co/U3WaApXxjz
J-STAGE Articles - 宇宙で日常をつぶやく https://t.co/3a4asMgVZD
RT @asarin: @kabata_h この本は未読なのですが,野口聡一さんは心理学の論文を2つ書いておられます.そういう「気づき」があったのだろうなと思います. 「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」https://t.co/gG2uK3gbG…
RT @asarin: @kabata_h この本は未読なのですが,野口聡一さんは心理学の論文を2つ書いておられます.そういう「気づき」があったのだろうなと思います. 「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」https://t.co/gG2uK3gbG…
J-STAGE Articles - <b>凍瘡(しもやけ)</b><b>の発現機序に関する一考察</b> https://t.co/TDQD7Ys8Uv
RT @Office_j: 「ガイドライン未準拠」治療で、「準拠」治療に比べ、死亡・脳卒中の補正後ORは2.32 [95%CI 1.86-2.90]。出血は不明。 https://t.co/ZggMaG7YP0 https://t.co/P1ZIQuvt6p
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and… https://t.co/VEbB8XN80R
食事とフレイル J-STAGE Articles - Frequency of Balanced-Meal Consumption and Frailty in Community-Dwelling Older Japanese… https://t.co/PQWXC7wNoU
J-STAGE Articles - 1.Clinical trial (臨床試験) から Criminal trial (裁判) へ ―ディオバン臨床研究不正事件とは― https://t.co/T8AXHQijQk
RT @NPOJCLEAR: 【新着】 「薬剤疫学会誌」最新号の企画、「ディオバン事件のもたらしたもの」に、当NPO理事長(桑島 巌)による「Clinical trial (臨床試験) から Criminal trial (裁判) へ ―ディオバン臨床研究不正事件とは―」が掲…
@streptocoooccus ですね。またこの分野、費用対効果の話も出てきています(https://t.co/m9cDGNAowt)。法に加えて制度設計(経済的な観点からの)の問題も絡んできていますかね。根っこのところではつな… https://t.co/0MWUNJR4wc
directed acyclic graphに関する解説。わかりやすい。 https://t.co/lPduwb5ZCN
#未読 https://t.co/DhIrWalkcx https://t.co/k45T4wvd22 https://t.co/d7oO3YjhgL https://t.co/iu1Vm8ITtZ… https://t.co/mNnZHnwo7s
J-STAGE Articles - 口腔病変の診断と治療 https://t.co/0avBmXJ6Dk
@_vol_de_nuit ご参考になるか分かりませんが、僕たちの取り組みはいくつか文献化されています。フリーでアクセスできるものとして、https://t.co/i8xmvRAsTI やhttps://t.co/fCdp960yC4 があります。
RT @hiroshi_ma2moto: 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/wXakS20lWS
J-STAGE Articles - シンプルで効果が継続する肥満予防介入の探究―自治体職員を対象としたランダム化比較試験― https://t.co/32seSR2fkz
J-STAGE Articles - 医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ https://t.co/Y4o0Uf8ZLF
J-STAGE Articles - 日米中3カ国におけるSNSの倫理的利用に向けたナッジ効果の実証分析 https://t.co/dk63vX2PLL
RT @syuichiao89: 昨年アクセプトされた僕の総説論文、J-stageに登載されました。フリーアクセスです。 J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
昨年アクセプトされた僕の総説論文、J-stageに登載されました。フリーアクセスです。 J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の胃腸薬における制酸力の比較検討 https://t.co/uwZDILs3Tk
RT @n291: 米原 優「『自由論』における言論の自由擁護論」- 静岡大学学術リポジトリ https://t.co/vI3u5RE39D / 自由の探究-ジョン・スチュアート・ミル自由論- - 思想的、疫学的、医療について https://t.co/XZweMxK85n
良くまとまっています。 J-STAGE Articles - 6.慢性腎臓病とプロトンポンプ阻害薬 https://t.co/PjdQnXAP6w
RT @tiseda: わたしも協力者として参加した科研費で行った動物実験に関する意識調査の結果が論文として公表されました。著者は打越綾子さんと笠井憲雪さんです。 https://t.co/ZHI0CHOnQk
日本疫学会誌にTest-Negative Designに関する総説(https://t.co/Tk3oLIByL7)Healthcare-seeking attitude exerts an effect を排除できるデザインとし… https://t.co/zBHytiq6oJ

5 0 0 0 OA 経口補水療法

J-STAGE Articles - 経口補水療法 https://t.co/jVN2Jnnm7o
#後で読む 動物の倫理的重みと人間の責務 : 動物倫理の方法と課題 https://t.co/jvuS6qGzr3 生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学… https://t.co/Eo9VmZqepg
#後で読む 動物の倫理的重みと人間の責務 : 動物倫理の方法と課題 https://t.co/jvuS6qGzr3 生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学… https://t.co/Eo9VmZqepg
#疫学 #後で確認する https://t.co/qfcCmM40oT https://t.co/jvXvxxZEno https://t.co/gsEYIzwVVB https://t.co/mq7SkZrMoK
#疫学 #後で確認する https://t.co/qfcCmM40oT https://t.co/jvXvxxZEno https://t.co/gsEYIzwVVB https://t.co/mq7SkZrMoK
J-STAGE Articles - バイアスと交絡:医療情報データベースを使った薬剤疫学研究 https://t.co/coch92HlZl
J-STAGE Articles - 集団を対象とする疫学研究とN = 1 研究 https://t.co/pibOQHQA5R
J-STAGE Articles - Test-negative case control design による成人のインフルエンザワクチン効果―2013/14,2014/15 シーズン― https://t.co/aJNitwhOBf
RT @yu_hosizaki: CiNii 論文 -  生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学 https://t.co/FvZK8STxBH #CiNii
J-STAGE Articles - ライフサイエンス辞書とは https://t.co/MydFm75Tw4
J-STAGE Articles - Intake of coffee associated with decreased depressive symptoms among elderly Japanese women: a m… https://t.co/HM7lJUbOoa
総合診療誌ってDOI番号がついているんですねぇ。引用に便利。 「処方カスケード」とその対応 (総合診療 28巻7号) | 医書.jp https://t.co/u0UQKHjhYJ
RT @nnago: 過剰診断がどう誤解されやすいか。検診と調査がいかに混同されているか。この論文を読むとよくわかります。https://t.co/sPQj1WQOai
J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
RT @syuichiao89: J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
J-STAGE Articles - 医療過誤と道徳的運(moral luck)の問題 https://t.co/StmNm85M7p
RT @yachu93: 福田治久先生「NDB 解析用データセットテーブルの開発」。これはバイブルになるだろう。 https://t.co/GT7cpzO8ZN
RT @okazakiyslab: インターネット上での EBM スタイル臨床教育プログラムの概要とその展望 https://t.co/7BMCC7cM0Y 薬剤師のジャーナルクラブは、インターネットに接続した端末からラジオ配信ができるサービスを利用。(本文より)
J-STAGE Articles - 吸血性昆虫唾液腺の生理活性物質とその機能 https://t.co/7wsHHPU4Vn
無事に終了いたしました!会場にお越しいただきました先生方、ありがとうございました! 座長の先生より『いろいろな意味で興味深い研究』との評価を頂きしあわせです! 第10回日本プライマリ・ケア連合学会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から… https://t.co/pIZxU6LRUd
RT @syuichiao89: 13時30分からです! WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
13時30分からです! WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 健康の社会的決定要因と農村医学 https://t.co/pmnwmii8eN
RT @syuichiao89: WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
WONCA APR Conference 2019/第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/頭髪の抜け毛は春に少なく夏から秋にかけて増えるかもしれない https://t.co/kONB5sKxDh
J-STAGE Articles - 健康は診断できるか https://t.co/mSA1PLFP58
J-STAGE Articles - The Association Between Education and Smoking Prevalence, Independent of Occupation: A Nationall… https://t.co/ZwGlkHaoXv
J-STAGE Articles - Number of teeth and all-cause and cancer mortality in a Japanese community: The Takayama Study https://t.co/GapqMCW0bm
RT @yachu93: 奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
RT @yachu93: 東北大学,たら澤 邦男先生。基盤C「在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析」 https://t.co/yc9hFsMgEX
RT @yachu93: 順天堂大学,野尻 宗子先生。基盤C「レセプトデータベース(NDB)を使った高齢者の医療資源の適正化の検討」 https://t.co/5YdQI9sfND
RT @m0370: セフェピム脳症は割とよく聞くけどセフトリアキソン脳症とな(腎不全患者において)。最近抗菌薬が手に入りにくくなってCTRX使用頻度増えてるしな。 /Intern Med https://t.co/4KE4mAWrpn
J-STAGE Articles - 消費者の総合感冒薬に対する知識・理解と購入時の情報源の関連性 https://t.co/aRt3aesFQI
J-STAGE Articles - Evidence-Based Medicine https://t.co/FlgSe49819
#ルテインとかとか https://t.co/UwPrplsdRb https://t.co/8LFV7i1v0x https://t.co/sAxvxIwSdz https://t.co/Kk5k2Vq7O8… https://t.co/bvBJaDO4lb
J-STAGE Articles - 頭痛患者のセルフメディケーションにおける保険薬局薬剤師の役割 https://t.co/sB33bGDme4
J-STAGE Articles - 鶏卵の知識とおいしさ https://t.co/rwMER2dqdl
J-STAGE Articles - 新鮮卵と保存卵の風味に関する研究 https://t.co/ksZXMS74uL
RT @EARL_Med_Tw: 1日の労働時間が7-9時間群と比して,11時間以上群は急性心筋梗塞リスクが1.63倍増加し,中でも勤務者では2.11倍,追跡開始年齢50歳以上では2.6倍増加する.本邦15277例20年追跡コホート研究(Circ J 2019 Mar6) ht…
CiNii 論文 -  過剰ステロイド点鼻薬によって二次性副腎不全になった1例 https://t.co/FTLb8n4mbn #CiNii
#未読 https://t.co/NWzE41IdmB https://t.co/Kf6EhLHOci https://t.co/d5njmUS2jZ https://t.co/Tl1Ls7DdHi… https://t.co/QEBbJbecMC
RT @Office_j: 【日本3県コホート82809名、15年観察:コーヒー多飲 [可能] 男性 [5杯以上/日] では、無飲男性に比べ、死亡HRが0.73 [95%CI 0.64-0.83]。女性では0.83 [0.68-1.03]。ただし両性とも、1日コーヒー摂取量と死…
CiNii 論文 -  生命と意識の行為論 : フランシスコ・ヴァレラのエナクティブ主義と現象学 https://t.co/T2BdoiaZkf #CiNii
J-STAGE Articles - スギ花粉症におけるアウトカム研究(第5報) : 初期療法における抗ヒスタミン薬の有効性およびCost Qualityの比較 https://t.co/UoHaDG5sAu
J-STAGE Articles - フォーミュラリー https://t.co/rQIWKr4xMp
スギ花粉症の人では死亡リスクが低い!? J-STAGE Articles - Cedar Pollinosis and Mortality: A Population-Based Prospective Cohort Study… https://t.co/Qfj2zggijq
日本人におけるBMIと死亡に関する13コホートのプールド解析 J-STAGE Articles - Association Between Body Mass Index and All-Cause Death in Japan… https://t.co/rT4MMmXUSy
高齢者における歯の残存本数と機能障害のリスク(傾向スコアマッチングコホート) J-STAGE Articles - Dental status is Associated with Incident Functional Dis… https://t.co/3NMsyFJDd4
日本人高齢者におけるバランスの良い食事とフレイルの関連(横断調査) J-STAGE Articles - Frequency of Balanced-Meal Consumption and Frailty in Communi… https://t.co/8umeI0OCfF
日本人高齢者における自転車関連転倒の危険因子に関する疫学的研究 J-STAGE Articles - An epidemiological study of the risk factors of bicycle-related… https://t.co/RbvxdtQf3e
J-STAGE Articles - <b>インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発</b><b>現象と治療に立脚した診断方針の試案 </b> https://t.co/EQBph0gW54
J-STAGE Articles - 理由に依拠した規範性理解は非自然主義擁護に貢献しているのか https://t.co/xGly4SFjHW
J-STAGE Articles - G.E.ムアと自然主義の誤謬 https://t.co/rtVwkv0a4O
J-STAGE Articles - メタ倫理学的自然主義再考 https://t.co/PriglSRRJs
ネットワークメタ分析 https://t.co/r4Eba5LMJu https://t.co/RHXBXk2MFk https://t.co/j9swVODsWW https://t.co/eZP9Us42gJ https://t.co/EhFyRIv1Mf
#未読 https://t.co/uZQQltrZyt https://t.co/9Dj0dbLyA8 https://t.co/XGjab1qAGE https://t.co/nJOFJToyEt… https://t.co/ymYCqqREwn

お気に入り一覧(最新100件)

薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
「お守り」は親しい人や年上の親族からもらうことが多く、神頼みよりもメッセージ性(例:勉強頑張れ、身体に気を付けろ)を込めたコミュニケーション・ツールとして贈られる面がある。 社会心理学研究22(1):85-97,(2006)… https://t.co/BVCTqLzQj3
これは良い論文だなあ(^-^) 薬物性光線過敏症と紫外線可視吸収スペクトルと構造の関連, 医薬品情報学, 2019, 21(2), 70-78. https://t.co/4333eT8tel
順天堂大学,野尻 宗子先生。基盤C「レセプトデータベース(NDB)を使った高齢者の医療資源の適正化の検討」 https://t.co/5YdQI9sfND
奈良県立医科大学,久保慎一郎先生。科研費「NDB(レセプトデータ)を用いた難病患者の疫学調査の手法開発と治療実態の把握」。 https://t.co/Aa9Qlyijvf
FTUによる指導を行っている薬剤師は6%!! J-STAGE Articles - 副腎皮質ステロイド軟膏剤の適正使用に向けたFinger-tip unit による服薬指導の実態調査と製剤学的使用性の評価 https://t.co/w6xmmSJtiJ
これはみんな読んでおこう!(頼んだ) J-STAGE Articles - 日本における健康医学情報の探索行動 : 2008年および2013年調査の結果 https://t.co/rnJhRFbzn0
CiNii 論文 -  文学教育のための物語論 https://t.co/fVw3jgiudD #CiNii
『科学基礎論研究』最新刊もフリーアクセスとなりました! 拙論「精神疾患とは何か?」 も無料ダウンロード可能です。 https://t.co/aN9lWi4BDs https://t.co/ESI6TTxAIm
載せとこ(エビデンスレベルは皆無だけれど、個人的には重要やで)。COPD患者さんへの運動指導のせいで治療関係が悪くなって大変やったけど、ちゃんとやったら少しはエエ感じやったで、って報告です。はよ他の論文も書かないと。https://t.co/ZDq2VIABbM
CYP2D6*10変異をもつaripiprazole服用患者においてClarithromycin併用によって血中濃度上昇→横紋筋融解症が疑われた症例報告、獨協医大。 こういう報告を見るとCAMの薬物相互作用の怖さを再認識します。 https://t.co/4KKBvf4lGc

フォロー(792ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

社会的処方の事例と効果に関する文献レビュー 日本における患者の社会的課題への対応方法の可能性と課題 https://t.co/SMPUrpdy6B
@HattoriM @y_tambe クロロキンですね https://t.co/jxItz93vRS 多施設治験中とのことでしたが,もう結果が出たのでしょうか?
RT @narita_yusuke: 自治体と分析者の出会いの例: 足立区:https://t.co/hWchyzlG3q @Koichi_U 尼崎市:https://t.co/2OcriDn6Xn @fohtake 政府や自治体の行政データ開放運動:https://t.…
社会的処方の事例と効果に関するレビューです。 https://t.co/KdLiK7amyM
フレイル、プレフレイル、認知機能低下、脳卒中既往、喫煙がリスク因子。生活習慣病の予防・改善を図ることも必要。 【日本公衆衛生雑誌】 高齢者の自立喪失に及ぼす生活習慣病,機能的健康の関連因子の影響:草津町研究 https://t.co/DUat14wvyf
https://t.co/Zp33GPJcdT 薬学部 5 年次実務実習における原著論文を用いた情報収集・評価実習の試み
RT @yohtake: ☑リハビリテーションの4分野(WHO) ・医学的 ・社会的 ・職業的 ・教育的 医療の力で医学的な部分は満たせても、 その後の職業的・社会的・教育的なリハビリの視点も重要❗ 緩和の全人的苦痛の考え方とも似てますね☺ https://t.co/hP…
RT @mori_arch_econo: @zkhr ここにダイヤモンドプリンセス号の空調設計資料がるんだけれども、空調というのは温度調整の効率を考えて、一部空気をレタンさせて使うのが普通だから、部屋から出た空気が通路をチャンバーとして機能し還気ダクトを経て、還流されている。空…
川口茂雄(2019)「串田純一『ハイデガーと生き物の問題』とリクール『意志的なものと非意志的なもの』 : 身体運動と可能性の現象学」『甲南大學紀要:文学編』pdf https://t.co/PqJj0FZP2a

1 1 1 0 OA 感染症病棟

@golfkilo7 オペ室やカテ室ではなく、感染症病棟の隔離という文脈で「清潔/不潔」を使う用例は実際あるようですが…… https://t.co/N0HLPWtCGM
【メモ】"首都圏において仮に大規模災害時に帰宅困難者の一斉帰宅が行われると、6人/m²を超える密集空間の道路延長距離は東日本大震災の約137倍/混雑低減には就業者の一斉帰宅抑制がより効果的/車両の平均移動速度が3km以下となる車道… https://t.co/n7XeJJJge9
【メモ】"意図性保続は何かを意図的に始めようとすると、少し前におこなった行為が繰り返される現象で、一度書いた単語がその後に別な単語を書こうと思ったときに出てきてしまう。間代性保続はひとつの運動がくりかえされる現象で、同じような線を… https://t.co/ibGxeDPz7K
【メモ】"重篤な副作用が発生したDLB症例では、D2ブロック後の生理的反応であるD2受容体のアップレグレーションが充分に対応できない症例であるとされている(https://t.co/AlCZsUAr1z )。" https://t.co/y6e85vEOcw
【メモ】"DLB患者の脳病理では、黒質ドパミン作動ニューロン、尾状核のドパミン濃度が40-60%減少し、相対的なドパミン欠乏状態で、D2受容体ブロック作用の抗精神病薬を投与することで、錐体外路症状などの副作用が発生すると想定されて… https://t.co/cZKOn4VzXr
>コミュニケーションが乱立したいためには、指揮一元化の決まりは絶対に守るようにする。現場ではしばしば横ヤリが入ったり権限のない人間から指示が入ったり、災害現場が混乱することは珍しくない。 「災害時の指揮命令系統の構築」 杏林医学… https://t.co/D7j4A1Hsf5
RT @tani6s: 『一物理学者が観た哲学』(谷村ノート)は以前と変わらずここに置いてあります:https://t.co/pcTTaFKtCU
#スッキリ で「汗アレルギー」を紹介していたようで、ツイッターでトレンド入りしています。 https://t.co/5BVSKfc6lr
@Tonko2_ph 治療的投与により大腸菌に対するCEZのMICが上がりやすいというデータがあるようです。 出典はメモできませんでした。 自分で検索してこんな古い文献はみましたが。 https://t.co/bbWx4Z9uA3… https://t.co/9hWuiHByfa

フォロワー(4809ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @souyakuchan: 実際、Ace2 ノックアウトマウスでは SARS 感染が起きづらくなったという知見もあり (参考: 総説 https://t.co/SIHBwGbCSe)、スパイクが細胞表面に付着できなくすることも1つの治療戦略たりうるかもしれない。と、いうわ…
実際、Ace2 ノックアウトマウスでは SARS 感染が起きづらくなったという知見もあり (参考: 総説 https://t.co/SIHBwGbCSe)、スパイクが細胞表面に付着できなくすることも1つの治療戦略たりうるかもしれな… https://t.co/zgIU1WtWcL
RT @Fuwarin: ちなみに内閣府でも病院船の勘案をしたようで、災害時多目的船(病院船)に関する調査・検討なるものがあったりするのです。 https://t.co/QyAZWOnIjA https://t.co/wEh02NblUa 。病院船の概要と課題 https://…
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
社会的処方の事例と効果に関する文献レビュー 日本における患者の社会的課題への対応方法の可能性と課題 https://t.co/SMPUrpdy6B
RT @akoustam: 科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
@HattoriM @y_tambe クロロキンですね https://t.co/jxItz93vRS 多施設治験中とのことでしたが,もう結果が出たのでしょうか?
社会的処方の事例と効果に関するレビューです。 https://t.co/KdLiK7amyM
RT @masaki_kobashi: @ayako700 日本渡航医学会&産業衛生学会のコラボ文書(https://t.co/ltAUJJ1eTL)や、新型インフルエンザにおける企業意思決定事項(写真、元はhttps://t.co/POViYvdnFw)などを用いて担当企業と…
RT @take_judge: #ツイフェミ や #まなざし村 民が自分が嫌いな画像や動画を探しまくっていることを、私らオタクは不思議に思っている。 しかし、この理由は非常に簡単で、 https://t.co/SNkPzdH9gi にヒントがある。
フレイル、プレフレイル、認知機能低下、脳卒中既往、喫煙がリスク因子。生活習慣病の予防・改善を図ることも必要。 【日本公衆衛生雑誌】 高齢者の自立喪失に及ぼす生活習慣病,機能的健康の関連因子の影響:草津町研究 https://t.co/DUat14wvyf
RT @ent_univ_: ガイドラインの解説がこちら https://t.co/52OWEY34tG 最初のツイートの画像はこちらのNHKのサイトからです https://t.co/onx5llxWy6
RT @ogataKCHGIM: 社会的処方の事例と効果に関する文献レビュー 日本における患者の社会的課題への対応方法の可能性と課題 西岡 大輔, 近藤 尚己 #SDoH https://t.co/TdUHEuKxDw
https://t.co/Zp33GPJcdT 薬学部 5 年次実務実習における原著論文を用いた情報収集・評価実習の試み
RT @yohtake: ☑リハビリテーションの4分野(WHO) ・医学的 ・社会的 ・職業的 ・教育的 医療の力で医学的な部分は満たせても、 その後の職業的・社会的・教育的なリハビリの視点も重要❗ 緩和の全人的苦痛の考え方とも似てますね☺ https://t.co/hP…
RT @mori_arch_econo: @zkhr ここにダイヤモンドプリンセス号の空調設計資料がるんだけれども、空調というのは温度調整の効率を考えて、一部空気をレタンさせて使うのが普通だから、部屋から出た空気が通路をチャンバーとして機能し還気ダクトを経て、還流されている。空…
RT @Regulus0rion22: 病院スタッフが,患者や患者家族から受けるセクシュアルハラスメントの実態を調査した論文が早期公開中です! 性別や職種関係なく,約半数の人に被害経験があった一方で,かなり潜在化しやすいことが分かりました。 同じ問題を共有している方たちに読ん…

1 1 1 0 OA 感染症病棟

@golfkilo7 オペ室やカテ室ではなく、感染症病棟の隔離という文脈で「清潔/不潔」を使う用例は実際あるようですが…… https://t.co/N0HLPWtCGM
【メモ】"首都圏において仮に大規模災害時に帰宅困難者の一斉帰宅が行われると、6人/m²を超える密集空間の道路延長距離は東日本大震災の約137倍/混雑低減には就業者の一斉帰宅抑制がより効果的/車両の平均移動速度が3km以下となる車道… https://t.co/n7XeJJJge9
RT @syutoken_sanka: 要するにクレベリン。そりゃそうだろって感じ ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証 環境感染学会 https://t.co/h4SXZCzGmU 『空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化効果・・空間での活性…
【メモ】"意図性保続は何かを意図的に始めようとすると、少し前におこなった行為が繰り返される現象で、一度書いた単語がその後に別な単語を書こうと思ったときに出てきてしまう。間代性保続はひとつの運動がくりかえされる現象で、同じような線を… https://t.co/ibGxeDPz7K
【メモ】"重篤な副作用が発生したDLB症例では、D2ブロック後の生理的反応であるD2受容体のアップレグレーションが充分に対応できない症例であるとされている(https://t.co/AlCZsUAr1z )。" https://t.co/y6e85vEOcw
【メモ】"DLB患者の脳病理では、黒質ドパミン作動ニューロン、尾状核のドパミン濃度が40-60%減少し、相対的なドパミン欠乏状態で、D2受容体ブロック作用の抗精神病薬を投与することで、錐体外路症状などの副作用が発生すると想定されて… https://t.co/cZKOn4VzXr
RT @mori_arch_econo: @zkhr ここにダイヤモンドプリンセス号の空調設計資料がるんだけれども、空調というのは温度調整の効率を考えて、一部空気をレタンさせて使うのが普通だから、部屋から出た空気が通路をチャンバーとして機能し還気ダクトを経て、還流されている。空…
>コミュニケーションが乱立したいためには、指揮一元化の決まりは絶対に守るようにする。現場ではしばしば横ヤリが入ったり権限のない人間から指示が入ったり、災害現場が混乱することは珍しくない。 「災害時の指揮命令系統の構築」 杏林医学… https://t.co/D7j4A1Hsf5
#スッキリ で「汗アレルギー」を紹介していたようで、ツイッターでトレンド入りしています。 https://t.co/5BVSKfc6lr
酒田先生も亡くなったか。書いているのは泰羅先生。 https://t.co/fOMe1OOvUk
RT @ktgis: 一宮近辺の繊維工業は九州から労働力を集めていた。 J-STAGE Articles - 繊維工業における労働力供給地と性別職種分業の変化 https://t.co/oA4ZgSMF1I
@Tonko2_ph 治療的投与により大腸菌に対するCEZのMICが上がりやすいというデータがあるようです。 出典はメモできませんでした。 自分で検索してこんな古い文献はみましたが。 https://t.co/bbWx4Z9uA3… https://t.co/9hWuiHByfa