著者
村上 宣寛 村上 千恵子
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
性格心理学研究 (ISSN:13453629)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.29-39, 1997-10-09 (Released:2017-07-24)
被引用文献数
6 11

本研究の目的は, 主要5因子を測定する質問紙を作成することである. 予備調査では, 試作版の95項目, GoldbergのSD尺度, MINI性格検査を大学生236名に実施した. SD尺度は5因子モデルのよいマーカーであることが分かった. また, 試作版の因子分析から69項目が選択された. 本調査では, 試作版に, MINIの43項目, 新たに執筆した項目を加え, 合計300項目の質問紙を作成した. その質問紙と, GoldbergのSD尺度, MINIを大学生496名に実施した. MINIの結果から洞察力に問題がある被験者を除き, 443名を分析の対象とした. 最初に暫定版質問紙300項目とSD尺度の各次元の合計点との相関を求め, 合計150項目を選出した. グループ主軸法による分析を行い, 60変数を抽出し, 最終的に, 主因子法と因子パーシモニー基準による直交回転を行った. その後, MINI性格検査の建前尺度12項目を追加し, 並ベ換えを行った. 基準関連妥当性としてSD尺度の各次元の合計点との相関を算出すると, 0.510から0.774の範囲に分布していた. 信頼性をみるために, 主要5因子性格検査(決定版)を大学生227名に1週間間隔で2度実施した. 結果は0.853から0.953の範囲であった. 主要5因子性格検査(決定版)の妥当性, 信頼性はともにかなり高いと考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

主要5因子性格検査の尺度構成 性格診断テストとして有名なBig5ってのがあるよ!日本語版を検討した論文だよ!ネタバレ注意だね! https://t.co/b5b0UulrAc
性格とか人格は「BIG5」という心理テストだと5つの要素に分けます。 ・外向性 ・協調性 ・勤勉性 ・情緒安定性 ・知性 5つのパラメータを戦略的に書き換えていくことができれば性格は変えられますし、その結果人生をより良い方向へ… https://t.co/fI1PmcbQOH
J-STAGE Articles - 主要5因子性格検査の尺度構成 https://t.co/yHpY7DRnTM
主要5因子性格分析理論の各因子の日本語訳ってネットの文献いくつか見ると定まってないっぽい > https://t.co/3kSTIqWOAL

収集済み URL リスト