著者
加藤 司 馬場 真美子 太幡 直也 下田 俊介 福田 美紀 大久保 暢俊
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.84, no.2, pp.146-155, 2013-06-25 (Released:2013-09-01)
参考文献数
35
被引用文献数
1 1

This study investigated the professional impact of “Japanese Journal of Psychology.” Thirty four psychological journals written in Japanese were selected to register articles in a new database. This database included approximately 23,900 articles published through 2010. Using citations extracted from the references and footnotes in these scholarly journals, the Psychology Citation Index for Japanese Papers was created. The citation impact factors in Japanese psychology was determined on the basis of the number of times a journal was cited, cumulative impact factors, and the cited half-life of the journal; five years was a valid period for impact factor of psychological journals in Japan. The changes in the 5-year impact factors of “Japanese Journal of Psychology” were reviewed by comparing it with other journals.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

インパクトファクターからみた“心理学研究”の評価 https://t.co/YKyeOFbYxo
@HasseAkira これは面白い試みでしたね。https://t.co/jkXzKqef8U
@nikata920 両誌のIFを調べた研究でもそうでしたよね。 https://t.co/XKvH2wnJW0
本誌のIF が最高値であった1966 年に, 現在“教育心理学研究”が迫りつつあるのに対して,本誌のIF は低下し続けている。このような傾向は 1999 年以降本誌の掲載論文の質が低下していること を示唆している。 http://t.co/3Abr8QVLVZ
インパクトファクターからみた“心理学研究”の評価https://t.co/R9SbfRWkoZ

収集済み URL リスト