著者
中谷内 一也 長谷 和久 横山 広美
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.89.17215, (Released:2018-03-10)
参考文献数
53

This study examined whether people’s level of basic scientific knowledge is associated with their anxiety levels pertaining to a wide range of hazards. We conducted a nationwide survey and collected data from a highly representative sample (N = 1,073). Participants rated their anxiety level regarding 51 hazards as well as their level of trust in organizations regarding the management of each hazard. Additionally, they answered 11 basic scientific knowledge questions. The results of a hierarchical multiple regression analysis indicated that the level of people’s basic scientific knowledge was associated with the level of anxiety they felt about hazards, even after controlling for the effects of sex and trust level. However, the results also suggested that the explanatory power of knowledge was low. The interpretation of these results is discussed with a focus on the deficit model of science communication.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

チャンネル回していて放送大学で出てきた。面白そうなので検索した。不安の総量は一定であるという説は否定された。そうだ。とはいえ、地震の心配ばかりしていることができなくなる未来への予感はある。

Twitter (65 users, 65 posts, 65 favorites)

》信頼がすべての因子において有意な負の回帰係数を示していた。すなわち,科学的リテラシー,性別,年齢の影響をコントロールしてもなお,信頼がハザードへの不安を抑制することが示唆された。 『科学的基礎知識とハザードへの不安との関係 』 https://t.co/f4wEqrpwA5
チャンネル回していて放送大学で出てきた。面白そうなので検索した。不安の総量は一定であるという説は否定された。そうだ。とはいえ、地震の心配ばかりしていることができなくなる未来への予感はある。 / “科学的基礎知識とハザードへの不安…” https://t.co/ymn8HXtQLl
先ほどGoogle Scholar先生に教えてもらった論文。リスクに対する人々の不安の理由として、科学リテラシーの不足を挙げるいわゆる「欠如モデル」の現実的妥当性について。 J-STAGE Articles - 中谷内 一也,… https://t.co/ysst3v8CFB
【「心理学研究」新着早期公開論文(3月分)】 科学的基礎知識とハザードへの不安との関係 早期公開はこちら https://t.co/o0HP8lPiSM 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/AtaYdAUTkU

収集済み URL リスト