著者
小塩 真司 市村 美帆 汀 逸鶴 三枝 高大
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.90.19003, (Released:2019-11-15)
参考文献数
33

The present study examines changes over time in 12 traits of the Yatabe-Guilford Personality Inventory that has been commonly used in Japan. A cross-temporal meta-analysis was conducted on 245 samples (95 papers) of Japanese people who completed the scale between 1954 to 2012 (total N = 50,327). Most of the traits showed curvilinear changes with survey year. Especially in recent years, Emotional Instability traits tended to increase with time whereas Dominance and Non-reflection traits tended to decrease. Changes to Thinking Extraversion and Nervousness correlated strongly with the changes to self-esteem between 1984 and 2009. Implications of the changes in the personality traits with survey year are discussed along with future research directions.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (74 users, 74 posts, 160 favorites)

【論文】小塩他 (2020) 日本における情緒不安定性の増加/12尺度から成るYG性格検査の時間横断的メタ分析を実施。おおむね曲線的な変化。80年代以降は情緒不安定性因子が上昇傾向、主導性因子および非内省性因子が低下傾向。つまり、… https://t.co/RrKyTHAqbN
日本における情緒不安定性の増加 https://t.co/8ohBCCOJkV
J-STAGE Articles - 日本における情緒不安定性の増加 https://t.co/u7HuI9lsll
早期公開されました。論文122本に掲載されたYG性格検査の平均値を集めて1957年から2012年の平均値の時代変化を検討しました。グラフを見てもらえばわかりますが、21世紀の日本って... 小塩・市村・汀・三枝 日本における情緒… https://t.co/oFskRLfc7e
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】日本における情緒不安定性の増加――YG性格検査の時間横断的メタ分析―― https://t.co/CM5QCZcAo7

収集済み URL リスト