Atsushi Oshio / 小塩真司 (@oshio_at)

投稿一覧(最新100件)

RT @k_inamasu: 清水裕士さん@simizu706、三浦麻子さん@asarinと書いた「評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として」が社心研で公刊です。コードの美しさはstan初心者には分かりませんが、我ながら新たな観点をい…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
@onsen_zuki @marxindo 機械学習はしていませんが,私もその昔,入学直後の心理検査で退学者予測をする論文を書いたことがあるのです。学問的な関心か営利目的かでまた判断は分かれるかとは思います。 大学退学者における… https://t.co/kUp75iR3Ve
何年か前にこの論文で「自尊感情の低下が社会的弱者の排除や政治的保守化,周辺諸国との対立などに結びつくことを示唆する」と書いたのですがどんどん実現されつつある印象 J-STAGE Articles - 日本における自尊感情の時間横… https://t.co/oBYyxpOkzm
RT @kaihiraishi: ASCONEでご一緒させて頂いたときのYMGS先生の講義の自分メモを見返したら、ここんとこ自分が考えていたことが、遥かに端的に述べられていて、凹みつつ感動した。SMJM阿仁がまとめてくれてるので皆も読んで。https://t.co/b6nQq9…
古川竹二の「血液型による氣質の研究」も学生時代に図書館で見つけてコピーしてきたものですが、今ではpdfで読むことができます。当時は統計的検定もしていないのですが「きれいな結果出すなあ」と不思議に思った記憶。 https://t.co/g4Oem5x8Ni
RT @asarin: 【心理学評論・過去巻号公開】第24巻(1981)から第38巻(1995)までがJ-STAGEで公開されました.現在の大御所やトップ研究者の論文が目白押しでどれを紹介したものやらと迷います.どうぞご覧下さい. https://t.co/V1X3Nw8IOR
東京でも気温上昇と犯罪件数増加の研究があります。 「強姦と猥褻の月別犯罪件数比(当該年における1 カ月あたりの平均件数に対する当該月の犯罪件数の比)は,それぞれ冬季,夏季に平均気温の上昇とともに有意に上昇」 東京都における気温上… https://t.co/QrRPhFxuHW
「被害経験率は女性で約37%,男性で約6%」 というのが大学生の調査結果。状況は満員電車が多い。 CiNii 論文 -  男女大学生における電車内痴漢被害の実態調査 https://t.co/Hupt7AH7zG #CiNii
この論文を読んだ時,今や喫煙者に対する態度はこんなにネガティブなのか…と驚いた記憶があります。 喫煙者に対する否定的評価と差別 https://t.co/rtgZcZaS4F
こちらもオンラインファースト。日本語では久しぶりの語彙研究です。 辞書研究に基づく対人特性語の構造の検討 橋本・小塩 パーソナリティ研究 https://t.co/CyVfln5QTP
オンラインファーストに出ました。ベイズで分析しています。 Dark Triadの高い者はゴミのポイ捨てをしやすいのか 下司・吉野・小塩 パーソナリティ研究 https://t.co/XEq6AywLZb
こういうのとか 明るさ充填の個人差における大域処理・局所処理の優位性の効果 https://t.co/UOpD9E5tMs
たとえばこういうやつです 大域優先性効果に対してラテラリティが及ぼす影響 https://t.co/t1xZRrNYQQ
日本だとたとえば 評定尺度法におけるカテゴリ間の間隔について -項目反応モデルを用いた評価方法- https://t.co/nQ50cUKtZZ
RT @asarin: 論文が早期公開されました: 田渕恵・三浦麻子「中・高齢期の親子・夫婦における制御焦点の類似性」心理学研究 https://t.co/ylgcso1NlH 中年期の夫婦とその親という 3 者間で制御焦点の類似性を検討した結果,子と親の間で予防焦点,夫婦間で…
バレンタインデーのため,この連休にチョコレート作りをする人も多いのではないでしょうか。そこで論文を検索してみると…意外と手作りのチョコレートって美味しく作るのは難しそうです。 J-STAGE Articles - チョコレートを… https://t.co/1iVgBXXdU7
J-STAGE Articles - 日本人成人における運動行動とBig Fiveパーソナリティ特性の関連 https://t.co/8yLL9xapEB
RT @oshio_at: 自尊感情の時代変化の論文(https://t.co/sf7mPmsJMz)にも引用したピンカーの「暴力の人類史」を紹介します。人類全体の暴力は減少傾向にあり子どもたちの認識も親と子の世代によって変わる可能性があるという話。 暴力の種類と減少|Ats…
自尊感情の時代変化の論文(https://t.co/sf7mPmsJMz)にも引用したピンカーの「暴力の人類史」を紹介します。人類全体の暴力は減少傾向にあり子どもたちの認識も親と子の世代によって変わる可能性があるという話。 暴力… https://t.co/jGXDZJqxlu
RT @asarin: 心研早期公開新着J-STAGE Articles - 井関龍太 心理学実験実習のメニューはどう決まるか https://t.co/S0lOQOWNgE
RT @matiasauquebaux: 5年くらい前に利き手の尺度を翻訳したんですよ。日本語でキチンと論文化されてる利き手尺度はこれだけです。だから「これは引用されるぞ、ふっふっふ」とか思ってたのに、まるで引用されません。一切断らないでも良いのでガンガン使ってください。プリー…
RT @JSPP_keijyo: パーソナリティ研究早期公開論文情報 亀倉大地・安保英勇 自己愛傾向とストレス反応の関連―自我脅威場面に着目して https://t.co/eLwnrnuTMD
RT @JSPP_keijyo: パーソナリティ研究早期公開論文情報 吉住隆弘 生活保護受給者への偏見に関連する心理学的要因の検討 https://t.co/GybY8okYFE
RT @JSPP_keijyo: パーソナリティ研究早期公開論文情報 中尾達馬・村上達也・数井みゆき 児童期においてアタッチメント不安とアタッチメント回避を測定する試み―児童版ECR-RSの日本語版作成 https://t.co/qLNyxdZZhY
RT @JSPP_keijyo: パーソナリティ研究早期公開論文情報 太幡直也 大学卒業時のチームワーク能力―チームワーク能力を向上させるトレーニングへの在学時の参加経験の有無による比較 https://t.co/2c8ILXoBjn
RT @asarin: 画伯を第1著者とする共著論文が『心理学研究』で早期公開されました.どなたでもお読みいただけます. 田渕恵・三浦麻子 中・高齢期の親子・夫婦における制御焦点の類似性 https://t.co/ICDf7dKMu9
好奇心に駆られて読んでみようと思ったのですが,pdfのページの中央が思いっきりズレてしまっていて読めませんでした。 動物の好奇心・探索行動に関する研究(心理学研究 / 30 巻 (1959-1960) 2 号) https://t.co/JNmkpoUKop
子供の読書に影響する要因については、随分前に安藤先生が、家の蔵書量が子供の読書に影響することを示してますよね。 子どもの読書行動に家庭環境が及ぼす影響に関する行動遺伝学的検討 https://t.co/DvOLdZ6C9N
J-STAGE Articles - 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/Uk44FSl1y0
『ハリーポッターと賢者の石』のイギリス版とアメリカ版を比較する論文を見つけました。 『ハリー・ポッターと賢者の石』におけるイギリス版とアメリカ版の比較研究 https://t.co/OBUCCi7cR9
上野・平野・小塩 (早期公開). 日本人成人におけるレジリエンスと年齢の関連 心理学研究 https://t.co/J465x9JdvM
さっきの記事でこの論文を思い出した J-STAGE Articles - 年齢を変わることができるとすれば, 何歳になりたいか : 大学生の反応 https://t.co/DxGfj0PoSE
上野雄己・平野真理・小塩真司  日本人成人におけるレジリエンスと年齢の関連 心理学研究https://t.co/J465x9JdvM
この論文に仲間と友人と親友の違いについて書かれていますので読んでみてはどうですか。 青年にとって仲間とは何か : 対人関係における位置づけと友だち・親友との比較から https://t.co/aKEv8Row3I… https://t.co/jXpkV1UQoI
ホーディング https://t.co/ydIzriULSr クセじゃなくて病気だった? ゴミ屋敷の原因にもなる「溜め込み症」|ニフティニュース https://t.co/ny9Tgt8kyI
RT @tbmhryk: 心理学研究の参加者の68%はアメリカ人、70%以上は大学学部生で、そこから見出される知見はヒト普遍とはいい難い場合もあり、例えばミュラーリヤー錯視が起こらない人達もいるらしい。問題というより、素朴にへぇと思った。(Heine, 2017, 認知心理学研…
RT @HIGUCHI_MA: 「社会心理学・再入門」の書評をいただきました!(by @kaihiraishi ) 買って、読みたくなること必至の書評をありがとうございました。 https://t.co/UQzikHLLt5
RT @JSPP_keijyo: 物語への移入尺度日本語版(小山内・楠見, 2016) キーワード:物語読解,物語への移入,文学的体験 因子:1因子15項目_ただし因子構造に検討の余地あり 評定:7件法 https://t.co/uuEYKQ6mfU
RT @JSPP_keijyo: 日本語版強み認識尺度(高橋・森本, 2015) キーワード:性格特性として示される強み, 自我同一性 因子:1因子8項目 評定:5件法 https://t.co/qcWQv06jFn
RT @JSPP_keijyo: 擬態語性格尺度短縮版(酒井・西岡・向山・小松, 2015) キーワード:擬態語 因子:緩やかさ,臆病さ,不機嫌さ,几帳面さ,淡泊さ,軽薄さ各5項目ずつ 評定:5件法 https://t.co/aomNzkPXqy
RT @nishidak0705: 日本社会心理学会の機関紙に掲載された拙著です。僭越ながら、オウムの犯罪心理に関心ある方には読んでもらいたいです。 https://t.co/OGzGpFLD7x
Self-concept clarityの尺度は日本語化されていて「自己概念の明確性尺度」と訳されています(https://t.co/1L77JvjSeU)。昨年テキサス大での研究会でも発表を聞いた記憶がある。 外国暮らしの「深… https://t.co/jOgb89x2kz
RT @moriguchiy: 引き続き色々とご意見をいただいていますが、より詳しい情報は以下のところをご参照ください。 ・米国の研究についてのまとめ https://t.co/DaWrxbNv4r ・日本の研究についてもふれているもの https://t.co/HBXTs4…
@riet911 南アメリカだと正高先生の心研の論文ですね 南アメリカ先住民の伝統的子育ての習慣であるスウォドリングの機能 https://t.co/HKAHlhy0zC
RT @asarin: The structure of human well-being related to ecosystem services: A Japanese case study to confirm the repeatability of previous…
@asarin @matiasauquebaux すでに検索されているかもしれませんが,この論文が近いですよね。あと,この論文に引用されていますが織田先生の昔の論文も。 評定尺度法におけるカテゴリ間の間隔について -項目反応モデ… https://t.co/V6z22ZYBk4
RT @inotti_ele: @marxindo 各大学の卒業論文制度の有無の変遷は下記の博士論文が詳しい。 日本のゼミナール教育の発展過程と構造に関する研究 西野, 毅朗 https://t.co/siw6IY4GjZ https://t.co/7sQYfA7ebY htt…
そして、この論文(https://t.co/utY8L4ileD)やこの本(https://t.co/kZsfIiQX4n)に書かれているように、別々にモデル化された清水・中山・小塩のモデルだけれども、実はおおよそ同じような次元を… https://t.co/LWgAqROocz
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(… https://t.co/jx3HjxSJIL
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(… https://t.co/jx3HjxSJIL
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(… https://t.co/jx3HjxSJIL
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(… https://t.co/jx3HjxSJIL
こちらも早期公開:スポーツ競技者におけるBig Fiveパーソナリティ特性と競技レベルとの関連 https://t.co/62t02tta4i
早期公開されています:対人特性とビッグ・ファイブ・パーソナリティ特性との関連――メタ分析による検討 https://t.co/fFVh9Tl0wf
メタ分析も過去にある資料の掘り起こしですね。論文の平均値を集めて時間横断的メタ分析をして,自尊感情が低下していることを見つけたときは面白かった(そうなるとは予想していなかったので)。 https://t.co/efPsXJCK7N
坂本先生のお名前、Jstage上で間違ってますよね?pdfは正しいのですが。 https://t.co/LF2Rd1uPIG
やっとjstageに ビッグ・ファイブ・パーソナリティ特性の年齢差と性差:大規模横断調査による検討 https://t.co/Ir5HyFf1pU
RT @uranus_2: Twitterの投稿に対して炎上判定を行うシステム。予想される返信文の提示や炎上する表現を訂正した文の提案も行う⇒ツイート炎上抑制のための包括的システムの構築 https://t.co/rVrw3IExur
今号のパーソナリティ研究の追悼記事 追悼特集 大村政男先生,星野命先生,藤永保先生の思い出 https://t.co/txVX1CWxt7
新しいパーソナリティ研究が届いた。蓮コラ画像恐怖を測定する尺度が載っている。 日本語版Trypophobia Questionnaire (TQ-J)の作成 https://t.co/03E83pnpyx
対人円環モデルの論文も早期公開から巻号,ページがついたみたい。 対人円環モデルに基づいたIPIP-IPC-Jの作成 https://t.co/Ggkq517rRX
日本人の自尊感情の男女差が年々小さくなってきたという論文を出したことがあるのですが(https://t.co/7BbcxoZMlR)、男女平等では「ない」国ほど自尊感情や性格の男女差が小さいという報告がある。 https://t.co/poQxVFbolK
「近年の日本における個性的な名前の特徴とその類型」https://t.co/G1sYjxfl6t 「人気キラキラネーム」今年も凄すぎ 平凡な名前で後悔したくない親たち https://t.co/qjEk8wocpm
歩行のテンポや連想語数を2500人に調査して年齢変化を調べた60年前の研究。畜産大にデータが残っていたり…しないですよねえ。 清水栄長 (1956). 年齡と歩行および連想のテンポ 心理学研究, 6, 402-405. https://t.co/2pJEFj4Bfc
@asarin @ichipoohmt その尺度は私も関与しているものですが https://t.co/74x8efHaZM もと尺度の作成者Jonasonはイグノーベル賞とってます。Dark Triadをジェームズボンドにたとえたタイトルの論文書いていたり。
編集委員長のお言葉 加藤司『パーソナリティ研究』に採択される方法 ——投稿論文の問題点とその対応策 https://t.co/hMdNWFeNwc
以前、共同研究者が別の人に自尊感情の時間横断的メタ分析の話をしたら「でも自分でデータ取っていないんでしょう」と言われたと聞いた。30年前のデータを自分でとるの?これがメタ分析への抵抗か。 自尊感情平均値に及ぼす年齢と調査年の影響 https://t.co/efPsXJCK7N
Grit尺度はもう日本語版があるのを忘れていた。 日本語版Short Grit (Grit-S)尺度の作成 https://t.co/atDUlsgCbm
RT @kohske: すごい面白いなこれ。曜日別に出生数に偏りがある、90年代まで閏日と4月1日生まれが異常に少ない、等々。 日別出生数からみた社会的要因による出生日選好傾向の現状 https://t.co/sB3wpGSvg4
TIPI-J使用論文,行動経済学に掲載された論文も見つけた。これはプロシーディングス?職種とBigFiveの結果になっているので何かに引用できそう。 パーソナリティ特性の形成要因—家庭・学校・職場の経験から https://t.co/BJm69T4ghS
TIPI-J論文を探したらこういう論文で使われていた。観察者の性格と馬のどこを見るかとの関連を検討している。外向性が高いほど後ろの方,神経症傾向が高いほど首周辺を見やすいらしい。 馬の外貌に対する人の視覚認知 https://t.co/1zBSAE2uUH
RT @kosukesa: 書誌情報を。今田恵 心理学という「科学」 https://t.co/JvocwYT0k4
1948年心理学研究のこの論文には「サンプルの数」という表現がある。第19巻は戦前戦後またにかけた巻だっけ→世論調査に於ける任意抽出法 (ランダムサンプリング) と質問法に關する考察 https://t.co/XFWsYh8Fer
この話と日本人の自尊心低下の話(https://t.co/efPsXJl8Jd)と、繋げることできるかなあ。今の人で関連取ればいいけど、ナショナリズムを過去に遡って証拠を取れるか。 https://t.co/ponJxYuTsv
RT @asarin: 三浦・小林論文は英語タイトルをちょっと凝ってみるシリーズなので第1弾を一応お披露目しておく→Mechanical Japanese: Survey satisficing of online panels in Japan https://t.co/gF…
RT @asarin: このトピックで4回の調査をし、現在は4本目の論文を執筆中です。satisficeにどう立ち向かうか、研究者はもちろん、調査会社様にも是非目を逸らさずに考えていただきたい。それがわれわれ2人の願いです。 https://t.co/hB83TXtzti(連続…
RT @asarin: 論文に目を通して下さった方は当然「で、こういうデータは実際俺たちの検証したいモデルをどうしちゃうんだ?」に関心を持たれますよね?そこまでしてくれないと…って。そこは数ヶ月先になりますが第2論文でやりました。ドラフトはあるよ。https://t.co/hB…
RT @asarin: 調査は2社で実施。実際のトラップ、それにかかったモニタがどのくらいいたか、心理尺度にかれらがどう答えたかは本文でご確認を。Web調査を素でやるのはまずい、と思うはず。こうした基準でサンプルを仕分けるのは国際的には当然になってます。https://t.co…
RT @asarin: 「社会心理学研究」最新号で論文公刊:三浦麻子@asarin・小林哲郎@tkobyashi オンライン調査モニタのSatisficeに関する実験的研究 https://t.co/hB83TXtzti ★Satisfice:調査に際して協力者が応分の注意資源…
RT @kenmetrics: 教心に2つ論文が載りました。ひとつは院生ががんばってデータを集めて書いたp値と効果量の関係についての実証研究https://t.co/2mvv5XAyrm もうひとつは年報の、クロンバックのαを中心とした信頼性についてのレビュー https://…
RT @kenmetrics: 教心に2つ論文が載りました。ひとつは院生ががんばってデータを集めて書いたp値と効果量の関係についての実証研究https://t.co/2mvv5XAyrm もうひとつは年報の、クロンバックのαを中心とした信頼性についてのレビュー https://…
同じ号にこちらも掲載されています。日本人の自尊感情の男女差がだんだんなくなってきている可能性を示す論文です。 日本人における自尊感情の性差に関するメタ分析 http://t.co/Wsiv8Jm6l0
パソ研のDark Triad Dirty Dozen尺度開発研究がpdfで読めるようになった http://t.co/YHHxv4LO7s
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? オタク分析の方向性(田川 隆博),2009 http://t.co/qxCIaSfBfr オタク文化の市場規模が大きくなり,海外でも注目を集めている.多くの若者はオタク系のイベントに集まる.オタク文化への…
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
勉強になった。PLOS ONEには年間3万本も論文が掲載されるんだ。しかも心理学系の諸雑誌に比べればIFが3超えるって言われれば相当高い→佐藤 翔 「PLOS ONEのこれまで,いま,この先」 情報管理, 57 http://t.co/s6C2la8kCz
JSTAGEでpdf化されたようだ→小塩他 (2014). 自尊感情平均値に及ぼす年齢と調査年の影響—Rosenbergの自尊感情尺度日本語版のメタ分析— 教育心理学研究, 62, 273-282. http://t.co/gyVPucVUji
RT @jssp_pr: 【地下鉄サリン事件20年】西田公昭「ビリーフの形成と変化の機制についての研究(3) : カルト・マインド・コントロールにみるビリーフ・システム変容過程」(『社会心理学研究』1993年9巻2号掲載+研究優秀賞受賞論文 http://t.co/ijChTV…
RT @jssp_pr: 【地下鉄サリン事件20年】西田公昭「オウム真理教の犯罪行動についての社会心理学的分析」(『社会心理学研究』2001年16巻3号掲載+研究優秀賞受賞論文 http://t.co/aOOZ3o880B … #CiNii
「経験のない8%もの人が「交際したこともなく、付き合いたいとも思わない」というのは、なぜだろう」そんなあなたにはこの論文→http://t.co/tBObHP3lzl 恋人いない男子の3割、1人とも「交際したことない」 http://t.co/AC4boVHI0m
この研究を見ると、喫煙者に対するネガティブイメージはすっかり定着しているようで(現在Jstageメンテ中です)、自分が昔喫煙していたと学生に伝えた時の視線に共通するものを感じる→喫煙者に対する否定的評価と差別 心理学研究 http://t.co/POFPTYVvaz
手元に届いた心研を見ていたら,TIPI-J使ってもらっているのを見つけた→喫煙者に対する否定的評価と差別 http://t.co/mYsrk3JKgu
依田新先生による続有恒先生の追悼文。研究室で亡くなられたと学生時代に聞いたことがある。享年57歳。亡くなったのは私が生まれる2ヶ月ほど前のこと。 続有恒教授を偲ぶ http://t.co/Xb1rlAkgzC
続先生たちは回答反応パターン研究もやっていて、5ー6本紀要論文があります。 <共同研究>反応パターンの解釈によるパーソナリティー検査の試み (1) http://t.co/f4qWK8Kwsx
これも続有恒先生の研究。郵送調査をして送付してこなかった人のところへ行って面接調査をしたら、郵送した人とは違う回答が返ってきたじゃんか!という内容。 郵送調査における回収応答からの一般化の限界 http://t.co/EKxvua8ROT
名古屋で学生をしていた時によく端々に聞いた続有恒先生の研究。質問紙と観察結果がそもそもどれくらい合致するかという内容。給食を残さず食べたかとか、挙手をしたかとか。 質問紙調査法と観察法との基礎的な比較研究 http://t.co/WWsoALN9l4
早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl
早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl

お気に入り一覧(最新100件)

社会調査もちょっと選択肢の副詞が違うと結果に影響するという論文がありましてね.これを素敵に統計モデリングで補正しちゃう方法もなくはないよ研究も進行形ですのよ. https://t.co/oRmdSWaqmO
#統計 11/5にGoogleのロゴが赤池弘次さんになっていたので、赤池さんが書いたものをググって読んでみました。次の2つ(どちらも1980年の論説): https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変… https://t.co/pOAiRF8Pew

フォロー(2232ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
RT @Nou_YunYun: よむよむ CiNii 論文 -  朝鮮通信使の研究に関する史学史的考察 https://t.co/2XJrcLCkSL #CiNii
RT @arusindo: スアレスは、人間論も天使論も興味深いが、着手の仕方が難しい。田口啓子もトマスとの比較をとっかかりにしている:CiNii 論文 -  F.スアレスの人間観についての覚え書-3-霊魂不死の論証をめぐって https://t.co/OoCIBo3WWl
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】公正感受性尺度日本語版(JSI-J)の作成https://t.co/QHBzuuP1hu 日本語アブストラクト:https://t.co/QBm3sMlrSb

3 3 3 3 OA 心身脳問題

【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】心身脳問題――からだを巡る冒険――https://t.co/zrNLeUTYZi 日本語アブストラクト:https://t.co/cCeVyfaslM
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】挿絵が物語文の読解における状況モデルの構築に及ぼす影響https://t.co/smBbh4oiFR 日本語アブストラクト:https://t.co/aCMWnsLjmR
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】調査回答の質の向上のための方法の比較https://t.co/BIZtJO7o76 日本語アブストラクト:https://t.co/kFGbE0MmZ6
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】Southampton Nostalgia Scale日本語版の作成https://t.co/DV76BOour2 日本語アブストラクト:https://t.co/dyTK7TqaYT
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】日本版バーンアウト尺度とMBI-HSSの異同に関する研究https://t.co/4iZUjhyayX 日本語アブストラクト:https://t.co/AHGDW87RWu
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】中学生の潜在的ハイリスク群に対する自殺予防プログラムの効果https://t.co/wL2Pz5lXbF 日本語アブストラクト:https://t.co/2K1eVYFZRP
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】誇大型-過敏型自己愛が累積屈辱感を媒介してゆるしに及ぼす影響https://t.co/Cnri9rM1We 日本語アブストラクト:https://t.co/Z8vvHar2ux
RT @Nou_YunYun: よむよむ CiNii 論文 -  18世紀初頭の朝鮮通信使と日本の知識人 https://t.co/AqwHQqcjy2 #CiNii
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @Sasa_Jim: 梅原 宏司, 2018, 「〈研究ノート〉文化勲章の制定についての一考察 ― その「社会的」背景について ―」『渾沌 : 近畿大学大学院総合文化研究科紀要』, 15: 27-37. https://t.co/Mxjf2YN6Yp
CiNii 論文 -  教育歴の分化と非行発生:一九四二年コーホートの追跡的研究 https://t.co/cbA7gLPptW #CiNii 師匠の研究。これは追跡法による。都内の中卒者5000人を,成人するまで追跡。スゴイよね。
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
RT @AinuHateCounter: マーク・ウィンチェスター「分類学者-河野本道のアイヌ民族否定論(上)」神田外語大学日本研究所紀要:https://t.co/tsoWQXM4va #アイヌ #Ainu
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeuZSs
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzHi7pK
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
水爆実験によるトリチウムは52EBqだったらしいが、半減期12年なので今は6EBqくらい。原発による放出量は今は0.1EBqくらいか。東電原発事故では特に普通の放出量から増えたわけではない。普通に運転していて出てしまう量。紀要だけ… https://t.co/BDQU3FZiKy
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes and Self Deepness of Makeup https://t.co/6SRKIbEp7q
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37GfV3 #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
J-STAGE Articles - 方法としての比較を用いた教育行政学のリノベーション(特集 教育学における新たな研究方法論の構築と創造) https://t.co/DpZU1Nleoj
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
RT @jack19998: レヴィ=ストロースの料理の三角形や、分子料理というジャンルがあることも初めて知った。 レヴィ=ストロースの料理構造論―料理の三角形から料理の四面体へ―川 端 晶 子 https://t.co/VFK4V8jB1L 分子ガストロノミー https…
結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶… https://t.co/Q9ZnBbyqnZ
統計的ネットワーク分析の視座:社会ネットワーク分析における意義の検討 https://t.co/J5thtuCLcw
大企業では新たな課題や価値を創り出し解決していく自律的な能力が、中小企業ではチャレンジ精神やアピアランスといった、真面目さや規律の遵守と結びつく能力が新卒者に求められる⇒大企業と中小企業が新卒者に求める能力は異なるか:求人情報サイ… https://t.co/oQpdbDtc4o
公的統計データの二次的利用の動向:オンサイト利用を中心に https://t.co/lycxgmuGGe
選好の進化による性別役割分業の変動分析 https://t.co/49pDmfXnQs
法然六五〇年の御忌 ―「蕐頂山大法會圖録全」「勅會御式略圖全」の翻刻―(日本研究)https://t.co/cVdR1clgpK #佛教 #浄土宗 #法然 #日本研究 #御忌 #日本仏教 #仏教 #知恩院 #黒谷 #論文 #歴史 #歴史学 #京都
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
【社会心理学研究・掲載論文】横井・中谷内(2018) 「治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響」 https://t.co/zxBRi5xaBc
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化

9 3 3 1 OA 計数の統計学

RT @Paul_Painleve: 単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3 https://t.co/MyrgyLh9…
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
社会教育学会は,紀要に論文を2本載せてもらうなど世話になったが,肌に合わないと,2011年で退会した。https://t.co/hHhgF7PgLo
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
山崎眞紀子「書評:書評 山田夏樹著『ロボットと〈日本〉 : 近現代文学、戦後マンガにおける人工的身体の表象分析』 / 1件のコメント https://t.co/y7EaCAxZla “https://t.co/jEB6Bd85w8” https://t.co/KOjOWk3gXW
山崎眞紀子「書評:書評 山田夏樹著『ロボットと〈日本〉 : 近現代文学、戦後マンガにおける人工的身体の表象分析』 / 1件のコメント https://t.co/y7EaCAxZla “https://t.co/jEB6Bd85w8” https://t.co/KOjOWk3gXW
Acutual Proof Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Manicure Using Profile of Mood States https://t.co/KgHRIsN9KF
RT @bokukoui: 田村謙治郎『日本主義経済学 ユダヤ主義経済の排撃』は、日本主義経済学までは「近代の超克」や日本浪漫派とかの流れで一応評価できなくもないが、それがユダヤ陰謀論に陥るあたりが悲しい。世界の富を握るユダヤ人の革命の陰謀、って富持ってるなら革命する必要ないじ…
RT @bokukoui: 1940年、電力国家管理当時の監督官庁・電気庁の長官に就任した田村謙治郎が、その年に書いた本。既存の経済学をユダヤ的と切り捨て、神話をもとに日本の偉大さを称揚する人物が、日本の電力行政のトップだったという、笑うに笑えない話である。 https://t…
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
[RE][paper] 加藤貴(2005)「江戸における家屋敷の売買」『比較都市史研究』https://t.co/rxEQk2uWy3 江戸の名主加判について解説し、「近世に名主などがになった公証・登記制度は、公権力から委任された… https://t.co/PJd5YiTIjR
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
RT @osrKwjY3HSwmQrM: 大英帝国とインドの深い繋がりが知りたい方々は、木村雅昭氏の『大英帝国とインド』という論文を読まれると良いでしょう。 https://t.co/yv3zjGbqWS https://t.co/21mF7LRgcx なんとインド政庁は、WW…
RT @osrKwjY3HSwmQrM: 大英帝国とインドの深い繋がりが知りたい方々は、木村雅昭氏の『大英帝国とインド』という論文を読まれると良いでしょう。 https://t.co/yv3zjGbqWS https://t.co/21mF7LRgcx なんとインド政庁は、WW…
社会的動機づけの観点から就労支援を語る論文. 発達障害者の一部は,仕事を生活費を得るための手段とはあまり考えず,仕事ワールドに没入する傾向もある.理念としての価値は「べき」思考となって顕在化するが,柔軟性が大事よね >大人の発達障… https://t.co/SeV90CLzXF
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
RT @monogragh: 筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
RT @KogachiRyuichi: 昔、勝村先生が「カルピスというのは、ありがたい会社なんや」と言っていて、若かった私は、何だろうと不審に思っていました。 https://t.co/aKMvsgTs8K
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
@garasangarasan 「フジツボ 成長速度」で検索してみたところ、 付着して1〜2ヶ月で1cm前後くらいに急成長、その後はゆっくり大きさを増していく みたいな話が https://t.co/a2O7fTHXA4
@garasangarasan 「フジツボ 成長速度」で検索してみたところ、 付着して1〜2ヶ月で1cm前後くらいに急成長、その後はゆっくり大きさを増していく みたいな話が https://t.co/a2O7fTHXA4
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
【社会心理学研究・掲載論文】原田・土屋(2019) 「社会性と集団パフォーマンス:他者の感情理解と自己制御に着目したマルチレベル分析による検討」 https://t.co/Q2dwh9B6Hm
日本地球惑星科学連合2019年大会/Japan Geoscience Letters (JGL) の15年とこれから https://t.co/kRROSeOCdb
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
神長・大石・馬塚 (2016).「文理解中の指示対象の曖昧性解消における発達的変化: 眼球運動と瞳孔径変化による検討」『教育心理学研究』64, 4, 531-543. https://t.co/FhkbvuzW2u
Acutual Proof Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Manicure Using Profile of Mood States https://t.co/KgHRIsN9KF
中島・伊藤・川田 (2018).「体育授業におけるコミュニケーションの様相 : 特に中学校ダンス授業におけるグループ学習を中心として」『運動とスポーツの科学』23, 2, 125–132. https://t.co/A2NokO8OGS
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
今日の午後は学校のハラスメントシンポ。 生内田先生初めてみた。リアル金髪。 https://t.co/ytBZmd18PD
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes and Self Deepness of Makeup https://t.co/6SRKIbmNIQ
日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
RT @sakunary: この研究でもそうなのだけれど、最近の(日本の)社会学での質的研究の傾向として、ナラティブな親密圏についての分析が多くて、それが社会構造へどのようなインパクトを与えているかというクリティカルな研究が少ない。物足りないところではある。https://t.…

フォロワー(6113ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @yoox5135: 済州4.3について、横浜市立大学の倉持和雄教授のレポート。上下巻に分かれていてPDFファイルで合計100ページもあるのでダウンロード時にはご注意を。 https://t.co/sUbxFSaYd1 https://t.co/5cBMnTMF7J
RT @yoox5135: 済州4.3について、横浜市立大学の倉持和雄教授のレポート。上下巻に分かれていてPDFファイルで合計100ページもあるのでダウンロード時にはご注意を。 https://t.co/sUbxFSaYd1 https://t.co/5cBMnTMF7J
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @yoox5135: 済州4.3について、横浜市立大学の倉持和雄教授のレポート。上下巻に分かれていてPDFファイルで合計100ページもあるのでダウンロード時にはご注意を。 https://t.co/sUbxFSaYd1 https://t.co/5cBMnTMF7J
RT @yoox5135: 済州4.3について、横浜市立大学の倉持和雄教授のレポート。上下巻に分かれていてPDFファイルで合計100ページもあるのでダウンロード時にはご注意を。 https://t.co/sUbxFSaYd1 https://t.co/5cBMnTMF7J
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
「数学も20世紀前半まででその使命をおえた純粋志向に未だに捉われている」とあるけれど、「使命をおえた」ってどういう意味だろう。終えたんですかね。なんとなく言い過ぎな気もするんだけど。https://t.co/c7CYHWCWSF
RT @tapa46: ラフレシア https://t.co/vUCyVqTjEk 日本語解説 https://t.co/6FiDtrE4YV マメダオシ(とハマウツボ科) https://t.co/jEoumdEJV6 ストライガ https://t.co/NTyAzuu9j…
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】日本版バーンアウト尺度とMBI-HSSの異同に関する研究https://t.co/4iZUjhyayX 日本語アブストラクト:https://t.co/AHGDW87RWu
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】Southampton Nostalgia Scale日本語版の作成https://t.co/DV76BOour2 日本語アブストラクト:https://t.co/dyTK7TqaYT
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】調査回答の質の向上のための方法の比較https://t.co/BIZtJO7o76 日本語アブストラクト:https://t.co/kFGbE0MmZ6
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
@kurumibudo 組版の時点でtableタグを使い、HTMLの方にも吐き出せるようにしております。掲載するプラットフォームによって体裁が少し変わりますが、例えば以下のような感じです。… https://t.co/OFu2YNY2ro
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @rootport: 「弱い」と判定されてはならないという恐怖から「弱いやつ」そのものを嫌悪するようになってしまうことがあります。これには「ウィークネス・フォビア」という名前がついているらしい。 https://t.co/QHpjmWOnvD
RT @Nou_YunYun: よむよむ CiNii 論文 -  18世紀初頭の朝鮮通信使と日本の知識人 https://t.co/AqwHQqcjy2 #CiNii
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗
@RX75_guntank @TMN_CAR #ss954 諸星大二郎の短編漫画「礎」では東京都の公務員を一人を人身御供に(柳田国男の『一つ目小僧その他』の手法だっけ?)、そうして予測されている東京大地震を鎮めて時間稼ぎするという… https://t.co/Mka2sMUEUE
@49sick89hack ggったら行き当たりました。僕もまともに読んでない&分野的に専門外、ということであまり下手なことは言えませんが、参考までに。 https://t.co/k3IGuQ9Yl3
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
RT @thousandsbooks: 『悲しいけど、青空の日(仮)』活動報告内にも掲載しましたが、田野中先生の最新論文が以下から読めます。 精神疾患の親をもつ子どもの具体的な困りごと、効果的な支援につながる気づきなど、ぜひご一読ください。 https://t.co/bmb0l…
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @apdetteiu: 「古代中国では既にアルミが使われていた」みたいな話が流れてきたけど、そもそもAl2O3+1.5C=2Al+1.5CO2のΔGみたら普通に正だったから無理じゃろ、と思って文献漁ってたら、石油機器の頃に電気を使わないAl製錬検討してる論文があった ht…
RT @Sasa_Jim: 梅原 宏司, 2018, 「〈研究ノート〉文化勲章の制定についての一考察 ― その「社会的」背景について ―」『渾沌 : 近畿大学大学院総合文化研究科紀要』, 15: 27-37. https://t.co/Mxjf2YN6Yp
RT @kakentter: こんな研究ありました:新規RNA感受性蛍光素子を用いたアメフラシ感覚神経細胞内mRNA動態観察(岡本 晃充) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/10F00212
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
RT @koichi_kawakami: 先日tweetしましたが、再度tweet。トリチウム水(HTO)のTは有機物の水素原子と置換します。ざっとネットを見ると、 置換基によって速度定数が異なり濃縮も起こりうるという論文。 https://t.co/Yxza7NdeJ9 ト…
RT @koichi_kawakami: 先日tweetしましたが、再度tweet。トリチウム水(HTO)のTは有機物の水素原子と置換します。ざっとネットを見ると、 置換基によって速度定数が異なり濃縮も起こりうるという論文。 https://t.co/Yxza7NdeJ9 ト…
RT @ent_univ_: 同じ片耳の高度難聴でも、生まれつきの場合と比べると、ある程度の年齢で突発性難聴で起こった場合はより不便を強く感じるということが知られています。 https://t.co/VdVn1aAshb
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Study on Makeup Norm https://t.co/4E620npx39
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeMAK0
教職課程で求められるICTスキルって、エクセルとワードの活用や、インターネットに地域のことを紹介する記事を書くとか、その程度の最低限のスキルしか求められないけど、どうなんだろと思いながら下を読んでいた。 現職教師がブログでつくる… https://t.co/606buLSZeR

71 11 11 0 OA 植民及植民政策

RT @ekesete1: @ryoutaro_kun @nogawam ある時期から「外地」と言い換えるようになったが、言い換えた所で植民地には変わりない> 近年拓務省設置以来我国植民地を総称する官庁用語として「外地」なる語を用ふるに至った。 https://t.co/UP…
RT @19760611: @masayachiba こういう話?https://t.co/IJrVwGVflf https://t.co/OkaNdRuYY7
J-STAGE Articles - ヒトが他者を助けるのは生得的で普遍的であることを示す最近の社会心理学・発達心理学・神経科学研究の紹介 https://t.co/BIv2yRRipl
RT @Baboon_sai: ちなみに日本蜘蛛学会誌ではクモの飼育方法に関する論文なども受け付けております。例えば、ギンメッキゴミグモの飼育法とか。 Shigemiya Y, Nakata K 2015. Method for rearing the orb-web spid…
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Relationship Between Companies and Consumers over the Cosmetics https://t.co/nUIbgeuZSs
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzHi7pK
RT @mkato_csecon: 人工知能学会論文「LSTMを用いた株価変動予測」のまとめ「実験の結果、LSTM は 1 分後利益率の時系列をモデル化できることが確認された。ただし、過学習が生じ、テストデータに対する予測ができない点が課題である」. これが月間アクセスランキン…
水爆実験によるトリチウムは52EBqだったらしいが、半減期12年なので今は6EBqくらい。原発による放出量は今は0.1EBqくらいか。東電原発事故では特に普通の放出量から増えたわけではない。普通に運転していて出てしまう量。紀要だけ… https://t.co/BDQU3FZiKy
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes and Self Deepness of Makeup https://t.co/6SRKIbEp7q
RT @hinatanococo: なにより「マルタ」だという罪人縛り写真と同じページにある丸囲み写真は、731部隊被害者なんかではない。 1910年 満洲ペスト大流行時「奉天停留所停留室内の一部」(感染疑い者を留め置く”停留”)コマ45 https://t.co/dGwp5…
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37GfV3 #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
J-STAGE Articles - 方法としての比較を用いた教育行政学のリノベーション(特集 教育学における新たな研究方法論の構築と創造) https://t.co/DpZU1Nleoj
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
RT @uranus_2: 結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応した…⇒学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影…
RT @uranus_2: 統計的ネットワーク分析の視座:社会ネットワーク分析における意義の検討 https://t.co/J5thtuCLcw
法然六五〇年の御忌 ―「蕐頂山大法會圖録全」「勅會御式略圖全」の翻刻―(日本研究)https://t.co/cVdR1clgpK #佛教 #浄土宗 #法然 #日本研究 #御忌 #日本仏教 #仏教 #知恩院 #黒谷 #論文 #歴史 #歴史学 #京都
栗田(2015)ルックス至上主義社会における生きづらさーーハイティーン女子の「リア充」の行方と「変身願望」の出自ーー https://t.co/qIjWamdCL2
Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Skin Care https://t.co/Meenlj14K3
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世後期における摂津国山田荘 https://t.co/bzgMnZOBQW #CiNii
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
Relationship between Makeup Behaviors in Public Scenes, Normative Consciousness and Dependence https://t.co/YJpOzH0w1a
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
黒髪の変遷史への覚書き(日本研究) https://t.co/ddkT37XQMB #美人 #美女 #歴史 #歴史学 #黒髪 #風俗史 #文化史 #研究 #風俗 #平安 #ヘアスタイル #化粧 #化粧文化 #歴史 #日本研究 #論文 #風俗

797 33 19 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
Acutual Proof Study on the Adjustment Mechanism of Feeling with Manicure Using Profile of Mood States https://t.co/KgHRIsN9KF
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
[RE][paper] 加藤貴(2005)「江戸における家屋敷の売買」『比較都市史研究』https://t.co/rxEQk2uWy3 江戸の名主加判について解説し、「近世に名主などがになった公証・登記制度は、公権力から委任された… https://t.co/PJd5YiTIjR
タイ料理の隠し味(NICHIBUNKEN NEWSLETTER) https://t.co/ddkT37XQMB #タイ #タイ料理 #料理 #比較文化 #日系企業 #食文化
一柳満喜子の生涯に関する一考察(日本研究) https://t.co/21MbpFoef5 #一柳満喜子 #華族 #クリスチャン #ヴォーリズ #近江兄弟社 #幼児教育 #近江八幡 #YMCA #研究 #論文 #宗教史 #キリスト教史 #教育史 #教育学
RT @osrKwjY3HSwmQrM: 大英帝国とインドの深い繋がりが知りたい方々は、木村雅昭氏の『大英帝国とインド』という論文を読まれると良いでしょう。 https://t.co/yv3zjGbqWS https://t.co/21mF7LRgcx なんとインド政庁は、WW…
RT @osrKwjY3HSwmQrM: 大英帝国とインドの深い繋がりが知りたい方々は、木村雅昭氏の『大英帝国とインド』という論文を読まれると良いでしょう。 https://t.co/yv3zjGbqWS https://t.co/21mF7LRgcx なんとインド政庁は、WW…
RT @sakunary: この研究でもそうなのだけれど、最近の(日本の)社会学での質的研究の傾向として、ナラティブな親密圏についての分析が多くて、それが社会構造へどのようなインパクトを与えているかというクリティカルな研究が少ない。物足りないところではある。https://t.…
RT @nov_saturday: 社会福祉学クラスタへ、秋の夜長に超豪華メンバーのどつき座談会はいかがでしょうか? 日本社会福祉学会の歴史 : 創設期・初期を中心に(I)(2) https://t.co/giiMcUuQie https://t.co/P2N0McHIpT…
RT @nov_saturday: 社会福祉学クラスタへ、秋の夜長に超豪華メンバーのどつき座談会はいかがでしょうか? 日本社会福祉学会の歴史 : 創設期・初期を中心に(I)(2) https://t.co/giiMcUuQie https://t.co/P2N0McHIpT…
RT @nov_saturday: 社会福祉学クラスタへ、秋の夜長に超豪華メンバーのどつき座談会はいかがでしょうか? 日本社会福祉学会の歴史 : 創設期・初期を中心に(I)(2) https://t.co/giiMcUuQie https://t.co/P2N0McHIpT…
RT @koichi_kawakami: 先日tweetしましたが、再度tweet。トリチウム水(HTO)のTは有機物の水素原子と置換します。ざっとネットを見ると、 置換基によって速度定数が異なり濃縮も起こりうるという論文。 https://t.co/Yxza7NdeJ9 ト…
RT @koichi_kawakami: 先日tweetしましたが、再度tweet。トリチウム水(HTO)のTは有機物の水素原子と置換します。ざっとネットを見ると、 置換基によって速度定数が異なり濃縮も起こりうるという論文。 https://t.co/Yxza7NdeJ9 ト…
社会的動機づけの観点から就労支援を語る論文. 発達障害者の一部は,仕事を生活費を得るための手段とはあまり考えず,仕事ワールドに没入する傾向もある.理念としての価値は「べき」思考となって顕在化するが,柔軟性が大事よね >大人の発達障… https://t.co/SeV90CLzXF
80℃に温め、かつ酸触媒が必要。 vitro下での実験。 海水への希釈放水により、 その希釈トリチウムが自然界で有機物と置換され、それを人が食しDNAまで取り込まれる(半減期12年)確率は? >80°Cに加熱したトリチウム水に… https://t.co/GT5A5KUjV4
Research on the Emotional State Change that Applying Makeup, in the Form of a Manicure, Has on Males https://t.co/jRImti3Xeq
RT @KogachiRyuichi: 昔、勝村先生が「カルピスというのは、ありがたい会社なんや」と言っていて、若かった私は、何だろうと不審に思っていました。 https://t.co/aKMvsgTs8K