著者
延原 弘章 渡辺 由美 三浦 宜彦
出版者
日本公衆衛生学会
雑誌
日本公衆衛生雑誌 (ISSN:05461766)
巻号頁・発行日
vol.61, no.7, pp.354-359, 2014 (Released:2014-08-08)
参考文献数
21

目的 インフルエンザ対策に関する基礎資料を提供することを目的として,2000/01年から2010/11年シーズンの11シーズンにわたるインフルエンザワクチンの接種状況の推定を行った。方法 全国のインフルエンザワクチンの使用実績のある医療機関等から,都道府県で層化して無作為に抽出した3,364~7,476の医療機関等を対象に,2000/01年から2010/11年シーズンにわたってインフルエンザワクチンの接種状況および同ワクチンの使用状況の調査を行った。このデータを元に,全国の実際のインフルエンザワクチン使用本数を補助変量とした複合比推定により,全国の世代別のインフルエンザワクチンの接種者数および接種率の推定を行った。結果 有効回答数は1,047~2,763であった。2000/01年,2010/11年シーズンの接種者数はそれぞれ923万人,4,946万人と推定され,この11シーズンの間に 5 倍以上に増加していた。また,2010/11年シーズンの接種率は小児59.2%,一般成人28.6%,高齢者58.5%,全体で38.6%と推定された。ただし,調査期間後半では回収数の減少等により,小児および高齢者では信頼区間の幅が広くなっていた。結論 2000/01年から2010/11年シーズンにかけて,インフルエンザワクチンの接種率は上昇傾向にあったが,近年は横ばい傾向で,小児および高齢者は50%台,一般成人は30%弱,全体では40%弱程度で安定しつつあるように見受けられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

平成22年のワクチン流通ルートによるインフルエンザワクチン使用数を調べたら、2400万本でしたが、 推定接種者が4900万人なのは、なぜでしょう? アホな私にもわかるように、誰か説明してください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001leka-att/2r9852000001l... ...

教えて!goo (1 users, 1 posts)

11年のパンデミック以来すこし上がっているようですね。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/61/7/61 … https://www.niid.go.jp/niid/images/iasr/2016/11/ …

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

備忘録その2 https://t.co/whaBIIyvBk
一定の値というのがどの程度かわからないですが、4割弱の値をそれ以上に増やすのであれば、ある程度の強制性が必要な感じはありますね(推計が間違ってる可能性はあります) https://t.co/0BD7fL3fDk https://t.co/cQwWrYUfI9
@bn2islander 1990年代に接種率が下がって死亡率が上がったことは保証しませんが、少なくとも2000年代に入って接種率は上昇したようです:https://t.co/qG9zeK5JQh
わが国におけるインフルエンザワクチン接種率の推計 https://t.co/2HNYTiaJio 2010-2011年時点での高齢者の接種率(推定)は6割前後。発症や重症化を防ぐとのことなので、感染を防ぐかどうかは別として、接種率はもっと上がったほうがよさそうではあります。
@momotakaginofu インフルエンザワクチンの接種率は38%くらいなので、接種者数は4500万人くらいですね。 https://t.co/9WaYK6OeWG

収集済み URL リスト