uncorrelated (@uncorrelated)

投稿一覧(最新100件)

RT @takahashitaiyo: 朗報。ただし「一般的に使われる使い捨てのマスクをすると」が前提。一方、布マスクについての研究は「ガーゼマスクは,厳重な呼気中細菌の遮断を必要とする環境での使用には,ほとんど無効であることを示唆」と。(ましてや細菌>>ウイルス)https:…
@AarusMaguna @sono_nemu ジェンダー社会学者あたりが、メディアにおけるジェンダー表現は人々の性別認識から自然に見えるように作られるという社会学者ゴッフマンの話を、ジェンダー表現が人々の性別認識を定めると言う風… https://t.co/9xpDLVVPrM
@aniota6 @ooo9lm_n どちらにしろ、官公庁のガイドラインは、官公庁の振る舞い方の指針であり、性的モノ化/性的客体化の意味を説明するものではないので、それを説明した文書を参照するべきでしょう:https://t.co/RHfTSNjrH1
@ooo9lm_n @aniota6 ジェンダー社会学者あたりが、メディアにおけるジェンダー表現は人々の性別認識から自然に見えるように作られるという社会学者ゴッフマンの話を、ジェンダー表現が人々の性別認識を定めると言う風に、因果を… https://t.co/xbOVAoi3mC
@kaaaazuuuu6 @aniota6 定めると言う風に、因果を逆転して解釈しているようです:https://t.co/WDQ1PspNmI 表現規制派のジェンダー社会学者が先行研究をしっかり読まないでした話を、他のツイフェミ… https://t.co/ix4VqZfDB0
@kaaaazuuuu6 @aniota6 フェミニスト倫理学者ヌスバウムが整理した性的モノ化の議論では、人格をモノ化することが問題なのは明確で、モノをモノ化することは問題では無いです:https://t.co/RHfTSNjrH1
@A_shinogi @LT1eOJ0iKbG00Vc ジェンダーロールに関しては、メディアにおけるジェンダー表現は人々の性別認識から自然に見えるように作られるという社会学者ゴッフマンの話を、メディアにおけるジェンダー表現が人々の… https://t.co/P7O7FPlxrR
@GellryYip @motoken_tw @rukario625 @joytamachan アーヴィング・ゴッフマンの話については、是永 (2019) https://t.co/WDQ1PspNmI を参照してください。なおメ… https://t.co/o9qN6tfUcE
@ryu_ehn sexual objectificationを日本語に訳したときに、そもそもの議論にない意味を付与するのは良くないと思います。言葉遊びになるので。まぁ、詳しいところは江口 (2006)「性的モノ化と性の倫理学」… https://t.co/PkCHdfg73O
@motoken_tw @nisinosonokun7 @dokuninjin_blue その通りです。しかし、この用語が広まってしまった以上、ある程度の説明を与えないと納得し難いと思うので、だらだら書きました。なお、詳しいところ… https://t.co/vbZ7ZYPbVf
@dokuninjin_blue @bonyouben ただし、この説は、メディアにおけるジェンダー表現は人々の性別認識から自然に見えるように作られるというゴッフマンの話を、メディアにおけるジェンダー表現が人々の性別認識を定めると… https://t.co/pMnq27N52R
@pachi_tw @dokuninjin_blue 江口(2006)https://t.co/RHfTSNjrH1 のpp.136–137を案内するツイートだったのが認識されていないようですが、やや話が長いので論文を参照してもらった方がよいと思います。
女性という人格をモノのように扱うこと、転じて被写体に人格が無いかのように女性の身体を見て楽しむことを、sexual objectification(性的モノ化、恐らく転じて性的消費)と言うわけですが、他者をモノとして扱うことを悪と… https://t.co/Sl4p7nNNn6
@naka___35 江口 (2006)「性的モノ化と性の倫理学」現代社会研究, 9号, pp.135–150 https://t.co/RHfTSNjrH1 が手っ取り早い解説になります。
@tkshhysh スペルナーの補題を使ったn→∞でX軸ベクトルの不動点An=Y軸ベクトルの不動点になり、AnとBnの部分点列は一意の点に収束するよと言う不動点定理の証明 https://t.co/enkIk0Hy4P ならば、踏… https://t.co/pLx9s2x5dK
「月経周期が女性の味覚を変える」と言う話、稀に聞くのだが検証されているのかな…と思ってみたら、(有力説かは分からないものの)酸味とうま味の感受性に変化があると言う研究があった:https://t.co/eWjRBOkQua
RT @y_mizuno: 私も、人文・社会系の方々と、共同研究や共著の著作や論文が最近は増えているんで、他人事ではない。。。 谷村先生、すごいなぁ。一度、お会いしたいわ。。。 https://t.co/i8557doFhH
数学を捨て世を学ぼう。 — そう言えば積読にしていた「Brouwer’s fixed point theorem の初等的証明」https://t.co/enkIk0pXdh を拝読しました。 https://t.co/xdjQdoefan
RT @idfqjx7: 日経学会の若手セッションでやってた『いかにして英文雑誌に論文を掲載するか』を見つけた。手島先生のブログでも触れられていたみたいで他の研究者の意見も見られて楽しい。英語はあまり得意でないけどたくさん書いて鍛えよう。 論文 (PDF):https://t.…
是永論文 https://t.co/ikMhH4pBxs を雑かつ穿った見方でまとめると、(1)会話分析から会話的相互行為における男女差は、性差別に起因しているとは言えない。とくに頷きや相槌に関しての知見はない。キズナアイの事例は… https://t.co/onFAOyXyOy
徴用工問題に関しては、「『外国の立法』No.278-1 【韓国】元徴用工への損害賠償を確定させる大法院判決」https://t.co/8UBOo4feKS を、慰安婦問題に関しては、『謝罪等請求控訴事件 東京高裁平成一一年(ネ)第… https://t.co/m23wgEjI2M
RT @Perfect_Insider: d次元単位球の定義関数(原点からの距離が1以下の点で1、それより遠い点で0をとる関数)は極めて普通な関数に見える。ところが、この関数をフーリエ変換してフーリエ逆変換すると、5次元以上の場合、任意の有理点で元の関数に戻らず、発散するという…
『外国の立法』No.278-1 【韓国】元徴用工への損害賠償を確定させる大法院判決 https://t.co/8UBOo4feKS
韓国側は日韓請求権協定を覆す態度のつもりでない事を認識していないことを把握していないのが気になるところです。韓国大法院は「強制動員慰謝料請求権」は請求権協定の適用外であるとして、徴用工に賠償すべしと言っているので。この辺、目を通し… https://t.co/2FzlN6Jojw
https://t.co/w1Jujllruw 景気ドライブンで中央政府への不満が高まっているように思える。 https://t.co/pEMB0pX2UQ
2012年大法院判決と、2018年大法院判決で話が変わっているし、ちょっとこれややこしいんだけどねー。しかし、チートペーパー https://t.co/8UBOo4feKS があるので、目を通しておくべきだったと思う。
RT @uncorrelated: 「帰納的推論ツールとしての統計的仮説検定 : 有意性検定論争と統計改革」https://t.co/C9yqYxRJi9 は、P値によくある誤解の解説、フィッシャー流とネイソン=ピアソン流と現在よく用いられているハイブリッド仮説検定法の違いのマ…
「帰納的推論ツールとしての統計的仮説検定 : 有意性検定論争と統計改革」https://t.co/C9yqYxRJi9 は、P値によくある誤解の解説、フィッシャー流とネイソン=ピアソン流と現在よく用いられているハイブリッド仮説検定… https://t.co/NYQ8JtYt74
RT @ToshijiKawagoe: 最新論文です。経済実験をする人には知っておいてほしいことを、基礎から詳しく、また大胆な提案もさせていただいています。 川越 敏司 「実験経済学方法論に関する最近の研究動向~報酬支払法を中心とした考察~」『行動経済学』2019 年12 巻…
RT @Kelangdbn: 「会社」の起源 オランダ東インド会社(1602年設立)は、1出資者全員の有限責任制,2取締役会の設置,3資本の証券化,4永続企業 という今日の会社の特徴を有していた。一方英国東インド会社(1600年設立)は1航海ごとの資金を集め元本と利益を分配する…
念のために人工知能分野で知能はどういう風に捉えられているのかぐぐってみたら、 問い:人工知能における知能とは何ですか? 答え:コンピュータによって実現の見込みがありそうな人間の知能の一部. と言う説明がされていた:… https://t.co/JUFpZhtPwo
RT @Paul_Painleve: 日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいように思う。た…
RT @ysoleilbleu: 優生思想と優生学を混同しているのでは?両者は同一ではありませんよ。 https://t.co/EUD0jryCXe https://t.co/FdU3WRPHRN
RT @uncorrelated: @somebodyssin 一斉でなくなったのは、インフルエンザ・ワクチンですね。ワクチン行政の変遷は、中山 (2012) 「わが国のワクチン行政の現状と問題点」https://t.co/qdLyICRaW9 の表1がまとまっています。 ht…
@somebodyssin 一斉でなくなったのは、インフルエンザ・ワクチンですね。ワクチン行政の変遷は、中山 (2012) 「わが国のワクチン行政の現状と問題点」https://t.co/qdLyICRaW9 の表1がまとまってい… https://t.co/ExYh2xJOjz
https://t.co/41ZZrLT3i3 渡辺真由子氏が参照しているサーベイ論文では、「対女性攻撃を増加させるだけでなく、レイブに関連したいくつかの社会的態度や信念にも影響する」ことを示す研究も参照しており、慎重に議論されていた。ただし、
https://t.co/zKF0H1D88h 「女性被害者が強姦されている間中苦しみ続ける映像と、やがて快反応を示す映像とを男性被験者に見せたところ、女性被害者が快反応を示した内容は、被験者による女性への攻撃を増加させた。」の「攻撃」は具体的にはなんだろうなと確認してしまった。
高裁判決を見ると、(1)日本による韓国支配は違法な占領に過ぎず強制動員自体が違法で、(2)日韓請求権協定は植民地支配に対する賠償を請求したものではなく強制動員への賠償請求権は残り、(3)韓国政府は国民個人の同意なく個人請求権を条約… https://t.co/fzyfTbK6xK
『日常会話を「会話分析」すれば、男性の方が多く喋り、リーダーシップをとり、女性はその主張をサポートしたり、広げたり、頷いたりという補佐をしている』も怪しいなぁ。「会話のマネージメントにおける性差」… https://t.co/30YZBDtPEQ
RT @tetteresearch: 柴田章久「内生的経済成長理論」The Economic Studies Quarterly 1993 https://t.co/xGDTcbeMyQ あるいは岩本大竹齊藤二神『経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言』1999の二神先生…
RT @shinkai35: ここからダウンロードできる「バトラーにおける抵抗としてのパロディ--コーネルとの比較から」という論文に、ラカン理論をとりいれたフェミニズムがどういうものかの解説がある。 https://t.co/iemFm6R31Y
RT @umedam: 香川県だけだが,こちらの論文のp47及びp50の資料を見る限りこちらの教育予算の数字には誇張があるかと。https://t.co/qwNsT5edSk … 市で3割未満,町村で4割弱。町村で1907年に一度だけ43%を超えてるけど。 https://t.…
RT @tkshhysh: (表立って)賛同できない点もあるが,率直で面白い. J-STAGE Articles - いかにして英文雑誌に論文を掲載するか https://t.co/FyPsBanMJk
RT @triadsou: J-STAGE Articles - 構造的因果モデルについて https://t.co/TugprIgXIA
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
RT @tiseda: 『技術倫理研究』に寄稿した「フォード・ピント事件をどう教えるべきか」をkurenaiで公開しました。 https://t.co/Xgr5LEETcR
今日における犯罪論と刑罰論の関係 https://t.co/gftYVNtLaS よい感じの概説があった。
(悪く聞こえて怒られそうですが)すぐ思いつくテーマなので、日本の格差については色々と実証研究があると思います:https://t.co/jcsGw6EFnq https://t.co/eklc6NeH3A

365 0 0 0 OA PC-8001の開発

RT @KenKenMkIISR: 調べものしていたら偶然すごくいい記事に出会った。TK-80やPC-8001の開発に実際に携わっていた方が当時を振り返って書いたもの。感動的。できることなら自分もその時代のそこにいたかった。 通信ソサエティマガジン No.15 [冬号] 20…
https://t.co/28NTQuRoUH 池田信夫氏は4年で1000万円の科研を、4年で4億円と膨らまして話をしているのか。それとも違う科研?
こんな感じで公開されていますね:https://t.co/2jXUYs6Clu https://t.co/ySpgduMjH9
ハーツホーンの代数幾何学の書評 https://t.co/MRFwAg1pG4 があった。確かに線形代数や集合や位相が怪しい人が手を出す本ではないな、これ。
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
“統計検定を理解せずに使っている人のために III” / “統計検定を理解せずに使っている人のために III” https://t.co/Li84Ql35aZ #計量分析
“統計検定を理解せずに使っている人のために II” https://t.co/AYEPoy2Yhw #計量分析
“化学と生物 Vol. 51, No. 5, 2013”題名で、この分野に理解しないで使っている研究者が多いことを証言している。 / “統計検定を理解せずに使っている人のために I - J-Stage” https://t.co/cGK2xHdrtJ #計量分析
RT @optical_frog: うn…:「計画では年間約236万kW の発電量と約24,000千円程度の収入を計画しておりましたが、やはり自然任せ、 風任せの風力発電所のため、平成23年度までの7年間は一度も計画発電量を達成したことはありません」https://t.co/X…
@bn2islander 1990年代に接種率が下がって死亡率が上がったことは保証しませんが、少なくとも2000年代に入って接種率は上昇したようです:https://t.co/qG9zeK5JQh
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
RT @yasu_zq_ichino: 紀要に載せた『機会費用は重要な概念か?』,リポジトリに出ました. https://t.co/yDi6yr8kR8
昔の20代、30代の自民党支持率はどんなもんだったのかな・・・と検索したのだが、昔過ぎた:https://t.co/YE6gpboqe2 https://t.co/1m1Y6eMSRo
RT @hirokiarato: 石村(2013) 「法人留保金課税制度の日米比較~アメリカの留保金課税制度からわが制度のあり方を探る」 https://t.co/OyTrtf2rPM #経済論文
RT @esumii: 論文本体(無料公開)はこちら:https://t.co/GgGiKyXS5w 元となった大堀先生のコンパイラの授業はこちら:https://t.co/N5wTq7w5Kb 「既存のコンパイラの教科書では,例えばこの基本的な原理の基礎となるアイデアなどが極…
福元・水吉(2007) https://t.co/Mhx2fxVxq0 に「AR(F)IMA は,基本的に内閣支持率の変化しか説明しない難点が残る」とあるのだが、差分モデルで推定される係数は水準モデルと同じなので、計算をすれば水準モデルに容易に直せる(´・ω・`)ショボーン
https://t.co/xXyd3IAfcE 「以上の変数をOLS回帰分析にかけることで検証をおこなう。回帰式のイメージは次のようになる」“OLS回帰”だと何かかぶっている気がするし、「のイメージ」は要らないよね・・・と細部が気になる。
「高物価下での貯蓄意欲の高揚とは、消費者物価上昇による実質貯蓄残高の目減り分の埋め合わせばかりでなく、低所得者層を中心としたより高い貯蓄の伸び率への指向といった意味も持っている」https://t.co/53Pvj1VmnD
RT @takanoriida: 二人目は小樽商大の中島大輔先生。先生の本来のご専門は意思決定理論寄りですが、一橋ビジネスレビューに「行動経済学と産業組織論」と題した大変優れた展望論文をお書きになられています。 https://t.co/CY7xepAGa5
今年の受賞者は主流派中の主流派ですが、それはさておき、ここに契約理論の概要説明があります: https://t.co/0YxRIuaKWw RT @saitohisanori: 今年のノーベル経済学賞のテーマを探して知ろうとしても、なかなか日本語のサイトでは、たどりつけない
https://t.co/tuebaqkAD5 「功利主義とは将来世代を含めた成員の厚生を不偏的に集計し、その最大化を図るもの」は、ちょっと問題かも知れない。功利主義者のピーター・シンガーは、既に存在しているパーソンの利益を考慮する存在先行説を採用している。
RT @MBMtw: こちらも同じ著者のもの。結構ストレートに政策規範として功利主義へのシンパシーを示している。 政策の基礎付けについて : 政策当局者のための倫理学序説(前編) https://t.co/D4Ifbjmq8K
RT @MBMtw: 面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
RT @f_nisihara: 平成になってからも東大文学部のインド哲学科って学生受けが悪く不遇なんですけれども、昭和16年度の『帝国大学入学案内』p.14 https://t.co/jvKurlkrSH にも、「不遇の学科は印哲である」って書いてありました。 https://…
宇宙やウルトラパワーが出てきて、円谷プロと言った感じになっている: https://t.co/ZtmNahgNx6
男子の就学率も100%では無かったし、女子の義務教育も無かったせいか、戦前の朝鮮半島の日本語浸透度は低く、1943年でさえ12.3%しか無かったそうです: https://t.co/L0dvCHWdcH
RT @nekonoizumi: 沼野先生による、「一人の人間の死は悲劇だが、百万人の死はもはや統計である」の出所をめぐるエッセイ。面白い。 ⇒沼野充義「悲劇と統計 : スターリンは本当にそんなことを言ったのか?」 https://t.co/Sp2CAYXY30
RT @Mr_Sakaue: 消費者の心理状態の変化を考慮した動的モデルによる購買量分析 マーケティング・サイエンス Vol. 23 (2015) No. 1 p. 61-78 https://t.co/tft5Y3hLjL
RT @hirokiarato: ↓をはじめ、レファレンス770号の集団的自衛権特集は読んでおきたい。前提知識を問わないよう丁寧に書かれている。 栗田真広「同盟と抑止―集団的自衛権議論の前提として―」、『レファレンス』No.770、国立国会図書館、2015年3月。 http:…
この辺も査読論文っぽい: http://t.co/Kp6RjYAodn http://t.co/tIQaLQaPNo http://t.co/YtLB1nGOIB http://t.co/8ozVuE1uE8 http://t.co/6vEyGtgFZB
この辺も査読論文っぽい: http://t.co/Kp6RjYAodn http://t.co/tIQaLQaPNo http://t.co/YtLB1nGOIB http://t.co/8ozVuE1uE8 http://t.co/6vEyGtgFZB
この辺も査読論文っぽい: http://t.co/Kp6RjYAodn http://t.co/tIQaLQaPNo http://t.co/YtLB1nGOIB http://t.co/8ozVuE1uE8 http://t.co/6vEyGtgFZB
@umedam 家計経済研究のコレは査読論文っぽいですね: http://t.co/RTn5aOkgGm
@umedam なおソースは、ここの1ページ目の最後の段落からのところです: http://t.co/285iyqD7A5
@SatoshiMasutani @inoueakihiro @yumiharizuki12 なお、これを参照しました: http://t.co/285iyqD7A5
講義のレジュメ的。1988年の紀要論文。 / “CiNii 論文 -  <学界展望>線形回帰モデルにおける構造変化のベイズ推定” http://t.co/zasCPTAaFu #計量分析
フィリピンでは農業改革があって、大地主は定額小作、中小地主は刈分小作になっていると言う話が80年代の紀要に書いてあるのだが、今はどうなっているのであろうか。まぁ、インフレがひどいとドル払い契約ぐらいしそうだけど。http://t.co/wxJkjCnmCf
RT @Mihoko_Nojiri: こっちは性格分類と味覚の識別度みたいなやつで、正解率なんてもちろん濃度に寄るんだが、分からない子の割合はふつーに高い。reference をみると多分70年代の調査 https://t.co/yKB8vtxSa8
話題の古市憲寿氏の「企業家」に関する論文、ネットで公開されているから拝読したのだが、式も図表もなく、ある意味新鮮だったのを思い出した。https://t.co/Qnb7bHGQ1g
RT @yagena: .@tkshhysh 鳩山元首相は、(共著)論文の中で「瀬戸際の力士は並外れて「強く」なるのであり、簡単な算術モデルでは及びもつかないのである。」とコメントされてますね: 「強さと試合形式の合理性」 http://t.co/Uuahit68U7
RT @Perfect_Insider: ちなみに「運動部活動は人格形成に資する」という通念は広く社会に広まっているが、人格形成に資するどころか、運動部活動を行う生徒の方が、そうでない生徒よりも反社会的傾向が強まるという調査結果があるhttp://t.co/YCn1vO0HvQ
devianceとカイ二乗検定でモデル選択しているんだけど(表2)、F検定ではいかんのか、これ。https://t.co/lrogh69c2j
RT @fohtake: 阪大GCOEデータを使って頂いた研究です「血液型と性格「関連なし」…九州大講師が解析」 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://t.co/jZnCYbiTo8 論文はこちら https://t.co/GuO2uWwaP8
馬のDNA解析とかしている人、いないのであろうか・・・・っていた。http://t.co/x9i3uDuJyz
RT @eguchi2014: オルソンあたりの議論を紹介しているのは、有馬斉「人の生死の科学的客観性を支える二つの形而上学的な前提について」http://t.co/AdonrkPlxD ぐらいしかないっぽいな。
RT @mknhrk: CiNii 論文 -  建武政権における足利尊氏の立場 : 元弘の乱での動向と戦後処理を中心として http://t.co/aFu3sCTjNA #CiNii 建武政権において足利氏は排除されていたとされているが、実際は鎮西における軍事指揮権がまるごと足…
@pririn_ @kabutoyama_taro 古市氏は社会学の雑誌に査読論文があるので、社会学者を名乗ってもよいと思いますよ。ピンキリのどこかは、良く分かりませんが。http://t.co/oi6FWfNpvr
RT @Sohei_IDE: 恒例行事:恵方巻は作られた伝統。恵方巻と名付けたのはセブンイレブン。文献資料で最古は昭和7年。大阪海苔問屋協同組合が1951年に巻き寿司丸かぶりの販促で成功。/沓沢博行「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 http:/…
RT @doukana: なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK
RT @dojin_tw: 片山信子(2013) 課税自主権と地方への税の配分の国際比較http://t.co/j5AtXy67UR (レファレンス)
話の流れで古市氏の事だと思いますが、社会学評論のは査読論文なのでは無いでしょうか。http://t.co/NVzLjUVu7W RT @yoheitsunemi: 学術書や論文、書いてないでしょ?
小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題 : 対米関係の文脈か ら http://t.co/8IspveCxTx 書いている人々はメモ書き程度の意味なんだろうけど、こういうのって役立つと言えば役立つ。

お気に入り一覧(最新100件)

最新論文です。経済実験をする人には知っておいてほしいことを、基礎から詳しく、また大胆な提案もさせていただいています。 川越 敏司 「実験経済学方法論に関する最近の研究動向~報酬支払法を中心とした考察~」『行動経済学』2019 年… https://t.co/saeJBL7KfY
J-STAGE Articles - 構造的因果モデルについて https://t.co/TugprIgXIA
CiNii 論文 -  マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)法を用いたシミュレーションモデルのパラメータ推定 : ベイジアンキャリブレーション入門(<特集2>始めよう!ベイズ推定によるデータ解析) http://t.co/OpkjWsgz #CiNii これはわかりやすい。

フォロー(107ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(4556ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @lovechuprimo: @fhcHvDp5illsJ9r @083_story @EDOKKOinOKINAWA @dXksh6weNtfCMVE @yakiimoyanomago @piyopi_hiyo @OtoChamTokyo @K0CICuIus4k7SM…
RT @lovechuprimo: @fhcHvDp5illsJ9r @083_story @EDOKKOinOKINAWA @dXksh6weNtfCMVE @yakiimoyanomago @piyopi_hiyo @OtoChamTokyo @K0CICuIus4k7SM…
RT @lovechuprimo: @fhcHvDp5illsJ9r @083_story @EDOKKOinOKINAWA @dXksh6weNtfCMVE @yakiimoyanomago @piyopi_hiyo @OtoChamTokyo @K0CICuIus4k7SM…
RT @lovechuprimo: @fhcHvDp5illsJ9r @083_story @EDOKKOinOKINAWA @dXksh6weNtfCMVE @yakiimoyanomago @piyopi_hiyo @OtoChamTokyo @K0CICuIus4k7SM…
RT @lovechuprimo: @fhcHvDp5illsJ9r @083_story @Nekosan_X @EDOKKOinOKINAWA @dXksh6weNtfCMVE @yakiimoyanomago @piyopi_hiyo @OtoChamTokyo @K0C…
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @SciCafeShizuoka: @kuwamitsuosamu 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御」という論文が出てます。 まず、市販品では有効成分の二酸化塩素があまり出てこない。別法で発生させた二酸化塩素もほとんど効果がないという結論になっ…
@kuwamitsuosamu 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御」という論文が出てます。 まず、市販品では有効成分の二酸化塩素があまり出てこない。別法で発生させた二酸化塩素もほとんど効果がないという結論… https://t.co/cJ1bCgqw8z
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @carpe_diem0820: イベルメクチンは2015 年のノーベル生理学・医学賞を授与された大村智教授によって伊豆の川奈ゴル フ場近くの土壌より発見された、放線菌Streptomyces avermectinius が生産するエバーメクチンのジヒドロ 誘導体で、メル…
RT @ktgohan: 繰り返しになりますが、中国の災害法制には「突発事件対応法」というものがあり、実は中国も災害時に備えた緊急事態法制を整備したのはここ10年ほどのことなのです。この法律による「応急物資備蓄制度」の指定を食らうと接収が可能になります(続) https://…
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @japanfossil: 海岸近くの岩石に見られるハニカム(蜂の巣)構造は、岩石表面に石膏(硫酸Ca)などの塩類が形成されることに伴う風化構造で、一般に蒸発が大きい箇所で進行しやすいらしい。より大きな凹地形になると「タフォニ」と呼ばれるそうだ。 https://t.co…
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @Tit_birdy: アホウドリの年齢識別についての論文(今野ら 2018)を読んでみた。 #小鳥論文メモ 27 https://t.co/JLxEyY6IRJ 幼羽〜決定羽(成鳥の羽)になるまでの成熟過程を、各部位ごとに0〜5の6段階でスコアリング。足輪で年齢の分かる…
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @motorcontrolman: 講演会資料の冒頭で言及されている杉本氏の論文はこれ。結局のところ、ベクトル制御というのは交流機の出力トルク線形化を実現した手段なんです。 この論文は私の博士論文の出発地点そのものでもある。https://t.co/f3uENlwveQ
RT @motorcontrolman: ベクトル制御の歴史について知りたい方へ。杉本英彦氏(三菱→福井大)の講演会資料がやりすぎなぐらい詳しいのでぜひ読んで下さい。画像は特に面白い所の抜粋、これ以外にも面白い所だらけですが。 https://t.co/XDNZ2Jo8Z4 h…
RT @sinya8282: 色々イベントがなくなり学生さん達も退屈されていると思います.が、こういうときは本とか論文とか読みあさるいい機会です. たとえばJ-STAGEでは様々な日本語文献が公開されていて読み放題です.  どうもこの「オートマトン理論再考」という論文が人気な…
RT @the_kawagucci: 【新作】 日本における学術研究団体(学会)の現状 埴淵 知哉・川口 慎介 学術研究団体(学会)における会員数の減少が懸念されている.本稿では,日本学術会議が指定する協力学術研究団体を対象として,日本の学会組織の現状および変化を定量的に俯瞰…
RT @yumifurusawa: 手洗いの疫学・グローバル化時代の手洗いという観点から、今こそ再読が必要な本。リンク先はその書評PDFです。『手洗いの疫学とゼンメルワイスの闘い』人間と歴史社、2017年。 https://t.co/tGrRX0hV6E
RT @vertical06: @ganyujapan 正気じゃない研究がこれですねhttps://t.co/I2mLyDxZ5H 斑紋の一部分は種によって安定しているっぽいがそれ以外は変化する、という結論になっています
RT @nupotsu104: テレビ映像やステージ映像を解析した結果、その中でパン君が発した感情表現は「笑い」よりも圧倒的に「恐怖・不安・不満」を表すものの方が多かった。番組の演出によって感情は捏造されたいた。 「ショーやテレビに出演するチンパンジー・ パンくんの笑いと負の感…
RT @tashirokouji: 佐々木周作、大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ 」https://t.co/9wIY8qu0rU
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @urtyshr: @genki2010 @drhiromi @ikutayoshikatsu わが国のICUはベッド数が少ない割に軽症例が多い。これは推測だが,予定手術後のモニタリングのための入室が多かったり,反対に循環作動薬や人工呼吸器を必要とするような重症例が一般病…
RT @rwanda_go_tan: #ルワたん定期ツイート 「アフリカの言語」(2011) https://t.co/JwT8THX7d1 ・アフリカではなんと2000以上の言語が話されている。 (※国や地域の違いにより,同一言語の別方言どうしを異なる言語としてカウントす…
RT @yokogawa12: 「大阪府における特定外来生物 オオバナミズキンバイ(広義)(アカバナ科)の現状」というタイトルの論文が出ました!リンク先からダウンロードできます。大阪でも拡がりつつある外来水草です。大阪府内で見かけたたら教えてください。添付画像は論文の概要。 h…
RT @itoandya: 青木聡先生のこちらの論文がありますね。 父母の離婚を経験した大学生が語る面会交流(2)――インタビュー内容の質的分析の結果から―― https://t.co/C4mjYNU5K1
RT @zooman_koichi: 外来種が移入先において感染した病原体の増幅者や運搬者にもなり得ることを示唆した論文(フリーアクセス) 外来種を持ち込んだ人間側の問題であることをお間違えなく (-"-;) https://t.co/9ohl1YU9Du https://t.…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @takahashitaiyo: 朗報。ただし「一般的に使われる使い捨てのマスクをすると」が前提。一方、布マスクについての研究は「ガーゼマスクは,厳重な呼気中細菌の遮断を必要とする環境での使用には,ほとんど無効であることを示唆」と。(ましてや細菌>>ウイルス)https:…
RT @192study: マターナルゲートキーピングは日本語の情報が少ない印象だが、日本語でよくまとまってる論文があった。 「母親のgatekeepingに関する研究動向と課題 : 夫婦ペアレンティングの理解のために」加藤,黒澤,神谷 東北大学大学院教育学研究科研究年報 6…
「手作りアビガン」とか考えたけど フッ化水素-ピリジン試薬とか使うのでやばすぎる件 これ、テフロン容器とか使うやつですかね~ https://t.co/MfWm6aOt6J https://t.co/pi6UXKxjDN
RT @ShimofusaSakai: @horry_a 基準が無ければ何が規制対象になるのか事前の予測がつきません。 「過度の広汎性ゆえに無効の法理」というものをご存じありませんか。 https://t.co/q9hJlfl8vi
RT @Perfect_Insider: (強くない方の)ABC予想が分かると、楕円曲線の性質(これは望月さん自身の論文に出ている)、完全数についての性質https://t.co/CtVtgiV9Ya、n!+1=m^2には有限個の解しかないhttps://t.co/UBFHuL…
RT @NoHateTV: そのとおり。ネトウヨの多くは経済的に安定していて年齢層も社会的地位も高いというのが徳島大学の樋口直人さんの研究等によって明らかになっています
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz

11 9 9 0 OA 代数学

RT @kentarofukuchi: さっきの『代数学』というのは、李善蘭がモルガンの本を訳した中国語の本、ということです。こちらで日本人用に訓点のついたのが読める。 https://t.co/1roR8W0YB3
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7

11 9 9 0 OA 代数学

RT @Paul_Painleve: @paulerdosh "exponent"の初出は Michael Stifel, Arithmetica integra, 1544 https://t.co/h0EzReK07Q らしいですが,よくわからないです。"指数"は少なくとも…
RT @IWKRterter: しかし目黒の地下3kmにおそらく秩父帯の基盤があるのは本当なのですよ(林ほか, 2006)。当然、戦時中にそんな深いところまで掘削や採掘はできないし、掘ってマンガン鉱床に当たる可能性なんて米粒ほどに小さいでしょうけどw  https://t.co…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川野芽生 「瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け――中つ国・イングランド・日本――」 『比較文学』59巻 (2017) https://t.co/kDMfaXaxt4
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @kilometer00: 『情報の科学と技術』誌に、#TokyoR 運営チームによる「Rによるテキスト分析入門」と題する記事が掲載されました! https://t.co/ndRr49V22k https://t.co/uPsr7snuw3
日本の一般病床数は世界有数だが、集中治療病床数は最低レベルらしい。(2010年) https://t.co/TxNXfFuohz
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @JapanContrarian: @sendaitribune 日本語ならこちらにありました。 https://t.co/KSDIUvmxJ5
@kazue_fgeewara @ikedanob コメント、深謝です。可能な最初の拡張は、地理空間まで広げることですが、すでにあります。例えば中谷「フルエンザの時・空間的流行モデル」https://t.co/HJkXaCyZh9… https://t.co/RWP2r5q6FB
気分転換にライプニッツとデ・フォルダーの話を読んでた https://t.co/O2LViTzZBy
RT @zasetsushirazu: 明治12年4月1日、大原重徳が死去。文久2年に、勅使として島津久光を伴って江戸に赴き、幕政改革を要求した公家。外池昇「和宮降嫁と文久の修陵」(『人間文化研究』1)は、大原と一橋慶喜・松平春嶽の会談での、仁孝天皇17回忌のための和宮上洛問題…
@takuman00600627 そこはSIRモデルでも同じ問題ですよね。それを超えるには、SIRモデルのような時間モデルではなく、時間と空間の両方を取り込んで、交通データを全面的に使わないといけません。しかしそれをやると比較的よ… https://t.co/izu2lMgS5r
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @kilometer00: 『情報の科学と技術』誌に、#TokyoR 運営チームによる「Rによるテキスト分析入門」と題する記事が掲載されました! https://t.co/ndRr49V22k https://t.co/uPsr7snuw3
RT @FURUTA_Tetsuya: 思いもかけず、拙著『不道徳的倫理学講義』(ちくま新書)の書評が、『社会心理学研究』の最新号に掲載されました(35-1, 2020, 121)。 本書でも論文を参照した社会心理学者の村山綾さんが、ご専門の領域から、本書のポイントを鮮やかに照…
RT @kawanittan: 「大阪府におけるドジョウの在来および外来系統の分布と形態的特徴にもとづく系統判別法の検討」興味深い。背鰭分岐軟条数6、Y(169)/X(130)=1.3、これは在来(B-1)系統で良さそう。 https://t.co/ncRJWfiS58 htt…
BCGワクチン療法による高齢者肺炎の予防法の確立 研究課題 https://t.co/zvTpLDQlu8
長谷川忠一「税務監査の基礎理論」(同文社, 1975) https://t.co/vwCMEneQpg #CiNii 一部抜粋しか読んでいないけど財務諸表監査を無視せずに"税務監査"を語っている点はかなり好感。あくまで私的な職業… https://t.co/tmhbKcBZvZ