著者
盛山 和夫
出版者
The Japan Sociological Society
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.92-108, 2006-06-30 (Released:2009-10-19)
参考文献数
27
被引用文献数
1 or 0

一昨年のアメリカ社会学会会長ビュラウォイの講演以来, 「公共社会学」に対して熱心な議論が交わされている.これは現在の社会学が直面している困難な状況を「公衆に向かって発信する」という戦略で克服しようとするものだが, この戦略は間違っている.なぜなら, 今日の社会学の問題は公衆への発信がないことではなくて, 発信すべき理論的知識を生産していないことにあるからである.ビュラウォイ流の「公共社会学」の概念には, なぜ理論創造が停滞しているのかの分析が欠けており, その理由, すなわち社会的世界は意味秩序からなっており, そこでは古典的で経験的な意味での「真理」は学問にとっての共通の価値として不十分だということが理解されていない.意味世界の探究は「解釈」であるが, これには従来から, その客観的妥当性の問題がつきまとってきた.本稿は, 「よりよい」解釈とは「よりよい」意味秩序の提示であり, それは対象世界との公共的な価値を持ったコミュニケーションであって, そうした営為こそが「公共社会学」の名にふさわしいと考える.この公共社会学は, 単に経験的にとどまらず規範的に志向しており, 新しい意味秩序の理論的な構築をめざす専門的な社会学である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (2 users, 3 posts)

2/11(水)に「規範×秩序」研究会 特別企画「社会学と規範理論のあいだ――公共社会学の再検討」が開催されます。 http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/620 日時:2015年2月11日(水)13:00-17:50 会場:立命館大学衣笠キャンパス 志学館3F131 主催:立命館大学生存学研究センター若手研究者研究力強化型プロジェクト 「規範×秩序」研 ...
本研究センター若手研究者研究力強化型プロジェクト「規範×秩序」研究会による特別企画「社会学と規範理論のあいだ――公共社会学を手がかかりとして」が2月11日(水・祝)に本学衣笠キャンパスにて開催されます。 *** 立命館大学生存学研究センター 若手強化「規範×秩序」研究会 特別企画「社会学と規範理論のあいだ――公共社会学を手がかかりとして」 今回の研究会企画では、数理社会学をはじめ、社会学方法 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

盛山 和夫 (2006) "理論社会学としての公共社会学にむけて" _社会学評論_ 57:92-108 (1) ISSN:00215414 / “Public Sociology as a Theoretical and Prof…”

Twitter (7 users, 7 posts, 2 favorites)

『理論社会学としての公共社会学にむけて』https://t.co/PVkRT2a7sW
それは,経験的な諸事実をたばねるべき「理論」が欠如しているからであり,その背後にあるのが「客観的理論」への不信感である.」 盛山和夫,2006,「理論社会学としての公共社会学にむけて」『社会学評論』57(1): 92–108. https://t.co/58OgMmQmCa
盛山 和夫 (2006) "理論社会学としての公共社会学にむけて" _社会学評論_ 57:92-108 (1) ISSN:00215414 / “Public Sociology as a Theoretical and Prof…” http://t.co/dbMgLZGns9

収集済み URL リスト