著者
佐竹 將宏 塩谷 隆信 高橋 仁美 菅原 慶勇
出版者
一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
雑誌
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 (ISSN:18817319)
巻号頁・発行日
vol.28, no.2, pp.286-290, 2019-11-30 (Released:2020-01-28)
参考文献数
23

6分間歩行試験(6MWT)は,運動耐容能を評価するフィールド歩行テストのひとつであり,呼吸運動療法には必須の評価項目である.6MWTは2002年ATSからガイドラインが発表され方法の統一が提案された.2014年にはERS/ATSからシステマティック・レビューとテクニカル・スタンダードが発表された.6MWTの一次評価項目は6分間歩行距離(6MWD)である.6MWDの予測式はEnrightらによって報告されている.日本人の予測式は間もなく本学会から報告される予定である.6MWTは,「6分間にできるだけ長い距離を歩くこと」と定義されている.我々は6MWTの運動負荷は定常負荷であること,また携帯型呼気ガス分析装置等を用いて,6MWTの負荷強度は嫌気性代謝閾値以上であることを示唆した.近年,6MWTは多くの呼吸器および循環器疾患の運動耐容能の評価に必要な検査となってきている.6MWTについて,その生理学意義や特性を理解し,さらにどの施設においても標準的な方法で実施できることが大切である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (24 users, 26 posts, 33 favorites)

6分間歩行試験(6MD) ●30m平坦な直線を出来るだけ速く歩き歩行距離を測定 ○外出制限カットオフ値 400m以上 ○予後不良       300m以下 ○生活範囲の狭小化   200m以下 ○MCID (臨床的に意義のある最小変化量)  ・COPD 30m ・心不全 45m https://t.co/RKZfX8nTpT
J-STAGE 雑誌名【日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌】 月間アクセス数ランキング (2020年6月) 「 第2位 」 キーワード: 6分間歩行試験(6MWT), 運動耐容能, 6分間歩行距離(6MWD), 呼吸困難, 呼吸運動療法 等 J-STAGE Articles – 総説 6分間歩行試験について 2019年 https://t.co/YBZKBrHHwo
J-STAGE 雑誌名【日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌】 月間アクセス数ランキング (2020年5月) 「 第3位 」 キーワード: 6分間歩行試験(6MWT), 運動耐容能, 6分間歩行距離(6MWD), 呼吸困難, 呼吸運動療法 等 J-STAGE Articles – 総説 6分間歩行試験について 2019年 https://t.co/YBZKBrHHwo
J-STAGE 雑誌名【日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌】 月間アクセス数ランキング (2020年4月) 「 第3位 」 キーワード: 6分間歩行試験(6MWT), 運動耐容能, 6分間歩行距離(6MWD), 呼吸困難, 呼吸運動療法 等 J-STAGE Articles – 総説 6分間歩行試験について 2019年 https://t.co/YBZKBrHHwo

収集済み URL リスト