言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 2 favorites)

昨日ツイートしたビーフリードとハンプの組み合わせ以外にも、TPN製剤に含まれる亜硫酸塩類によって、ビタミンB1やナファモスタット、ガベキサート、βラクタム系抗菌薬、インスリンなどが分解される。外観変化が生じないこともあり注意✍
"セルシン注の有効成分であるジアゼパムは,水にほとんど溶けない.このため,ジアゼパムを可溶化するために無水エタノール,プロピレングリコールを使用しており,ほかの注射液と混合すると溶解能を低下させて沈澱を生じる.セルシン注は単独投与が原則である." https://t.co/joFCFzYN3T
"ドルミカム(ミダゾラム)注射液は,pH2.8~3.8にして安定化させた注射液で変化点pHが4.7付近であり,ラシックス注(フロセミド,pH8.6~9.6),メイロン注(pH7.0~8.5)と同じラインから投与するとミダゾラムの結晶が析出する.pH5以上の輸液とは側管からの投与も避ける." https://t.co/joFCFzYN3T
J-STAGE Articles - 輸液配合変化のリスク・マネジメント https://t.co/ZbTkqE3RFU

収集済み URL リスト