著者
梅谷 凌平 後藤 晶 岡田 勇 山本 仁志
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.36, no.2, pp.31-38, 2020-11-30 (Released:2020-11-30)
参考文献数
58

Upstream reciprocity refers to a person who has received help helping a third person instead of the person who helped him/her. It is observed widely but lacks a theory explaining its mechanism. Theory suggests that upstream reciprocity cannot maintain stable cooperation. Here we examine the possibility that the strength of a belief in a just world, which is a cognitive bias, drives upstream reciprocity. We test the effects on upstream reciprocity of a belief in a just world by conducting an upstream reciprocity game based on a trust game. The results demonstrate that upstream reciprocity is explained by a belief in immanent justice, a subconcept of a belief in a just world. These results shed light on a mechanism that explains why upstream reciprocity is observed in the real world.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 11 posts, 13 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】梅谷・後藤・岡田・山本(2020) 「公正世界信念がアップストリーム互恵的協力に与える影響の検討」 https://t.co/sHXgEOQDZL
公正世界信念がアップストリーム互恵的協力に与える影響の検討 doi: https://t.co/y8ldCw4D2H
主著デビュー!公正世界信念がアップストリーム互恵協力(恩送り,Pay it forward)を促進することを実験で示した論文が社会心理学研究に掲載されました。「悪いことをすると罰があたる」という信念が協力を促進しています。是非ご一読ください。 https://t.co/y8ldCw4D2H
立正大院生の梅谷君が主著者の論文が社会心理学研究に掲載されました。公正世界信念がアップストリーム互恵協力を促進することを実験で示しています。「悪いことをすると罰があたる」という信念が協力を促進しています。 https://t.co/Irc72aQAPh

収集済み URL リスト