著者
松山 州徳
出版者
日本ウイルス学会
雑誌
ウイルス (ISSN:00426857)
巻号頁・発行日
vol.61, no.1, pp.109-116, 2011-06-25 (Released:2012-03-20)
参考文献数
31

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)のエンベロープ糖蛋白(S蛋白)は,宿主プロテアーゼ(トリプシン,エラスターゼ,カテプシン,TMPRSS2)に切られて活性化される.インフルエンザウイルス等多くのエンベロープウイルスもプロテアーゼを利用するが,プロテアーゼの作用する様式がSARS-CoVとは異なる.インフルエンザウイルスの場合は細胞でウイルスが作られるときエンベロープ糖蛋白(HA)がプロテアーゼに切られ「膜融合誘導可能な形」になるが,SARS-CoVの場合は「細胞侵入の瞬間」にS蛋白が切られて膜融合開始の引き金が引かれる.我々はSARS-CoVによく似たS蛋白を持つマウス肝炎ウイルス(MHV-2)を用いて,S蛋白は二段階の構造変化をすることを検出した.まずS蛋白はレセプターに結合すると安定した三量体を形成し,Fusion Peptideを露出させ,細胞膜に突き刺さる.続いてプロテアーゼにより開裂を受け,内部のヘリックス構造を引きつけることによりウイルスと細胞の膜を引き寄せ,融合させると考えられる.このメカニズムはウイルスにとって標的細胞で確実に膜融合を誘導できる効率の良い仕組みである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (42 users, 47 posts, 66 favorites)

コロナウイルスは細胞融合にエラスターゼ使うらしいからそのへんに効いたのかな https://t.co/z2xcifdrRI
ざっくりまとめると ACE2受容体に結合。 ACE2は気管支,肺,心臓,腎臓,消化器等の多くの種類の組織で発現。 細胞侵入時にプロテアーゼ利用(複数利用可能)、特にTMPRSS2が肺に多い。 って感じですかね ↓参考… https://t.co/OyV8rMTUTg
@IbD8I0FfZ16PhvX @yoursmins @cischaba 新型コロナの予防データはありません。当然ながら。 しかし新型コロナの分離も新型コロナに似ているとされるSARS、ヒトコロナの細胞侵入もプロテアーゼの存在… https://t.co/xjSNlrx17M
コロナウイルスは、トリプシン・カテプシン・エラスターゼなどの蛋白質分解系のプロテアーゼに触れることで活性化する性格があります。 消化管で炎症がまし、細胞質内リソソームでもそうなることが予想され、膵炎や逆流性食道炎が指摘されるのも… https://t.co/yesJJHJuw8
ja: https://t.co/S36a48K4v9 [PDF] 2011年 プロテアーゼ依存的なコロナウィルス細胞侵入  コロナウィルスが具体的にどのような経路で、侵入するのか。2011年現在で分かっていることのまとめ。コ… https://t.co/A4Mqg0hJlk
コロナウイルス細胞内侵入経路  (1) ACE2レセプター経路  (2) エンドソーム経路  (3) エラスターゼ利用経路 https://t.co/sw0rzmdxll
コロナウイルスは、トリプシン、カテプシン、エラスターゼなどのプロテアーゼ系で活性化するので、膵臓とかリソソームが活性場所なのですが、誤作動で目立つところがマクロファージで、やられてはやばいところが肺てこと。 慢性化を懸念してるの… https://t.co/LQ7iCNPkaj
https://t.co/bLwJBDM11d
プロテアーゼ依存 https://t.co/CHDygHEvi4
コロナウイルスのエンベロープ糖蛋白は,宿主プ ロテアーゼ(トリプシン,エラスターゼ,カテプシン,TMPRSS2)に切られて活性化される。 これってトリプシン値亢進の慢性膵炎患者はヤバイんじゃないかなぁ。 わかる人いたら教えてほし… https://t.co/lOP7IFqlet
この論文なんて英語で出していれば、アブストラクトだけでもいいから英語であれば、被引用が増えたんだけどな。 かなり参考になります。 https://t.co/fT6ZGttG6M 今回のはこれ以上の感染機序が強くなっています。
「プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入」 わかりやすい解説論文です。 https://t.co/kcyv27HiCE https://t.co/99v6ADDJat
@lowvan3 開裂が正確な表現か分からん。切断がいいかも とりあえず感染研のレポートに倣ってみたが https://t.co/0StT3ihVnn
メモ: 2. プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入 https://t.co/AwbE7524si
@KedamaGochou HIVが増殖する際にプロテアーゼという酵素で体内に出ていくのに対し、コロナウイルスはプロテアーゼで細胞に侵入するのでプロテアーゼ阻害薬が効くのではないか?とSARS、MERSの研究で分かっていて、今回実… https://t.co/qHs9bOBkXz
>既存の薬で治るのは未知のウィルスじゃなくて、誰かが今あるウィルスから作ったという可能性が非常に高い 既存の薬で治るのは「既知のウイルスと似た仕組みで増殖する」からであって人工操作されたは間違った帰結 SARSの時にプロアテーゼ… https://t.co/kNySnWsWNR
よくわかんねーんだけど、侵入でも自己複製でも脱穀の過程が必要? 「抗HIV・抗HFV」治療薬は、脱穀の酵素を阻害するってこと? 【プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入 - J-Stage】… https://t.co/XrgQaR5QHp
@Kaoru_9021 「コロナウイルスから、HIVと同じ組成が見つかった」 gp120らしいけど、リンパ球かマクロファージに感染するのかな? 「エイズ治療薬”が有効と発表」プロテアーゼインヒビターが効くらしいけど、この文献と関… https://t.co/gBa0ymsE3I
平成22年の、SARSを使った研究なんだけど、さすがにチンプンカンプンだは。 肺胞上皮細胞侵入のメカニズムと重症化との関係など、この辺から解明されないものだろうか。 【2. プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入 - J-… https://t.co/bVkcUkKijX
https://t.co/JEMhg0JmI1

収集済み URL リスト