著者
小林 秀司 織田 銑一
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.189-198, 2016 (Released:2017-02-07)
参考文献数
76

ヌートリアが日本に定着した原因は,太平洋戦争における毛皮の軍事利用の文脈で語られることが多く,日本軍国主義の終焉が野生化をもたらしたとのイメージが一般に広く浸透している.今回,著者らは,故近藤恭司博士の残した資料を出発点に,戦後のヌートリアブームに関する資料を収集し,第二次ヌートリア養殖ブームの再構築を試みたところ,これまでとは全く異なる事実が浮上してきた.当時,食料タンパク増産の国民的な声に押されて策定された畜産振興五ヶ年計画という一大国家プロジェクトが存在し,その一環としてヌートリアの増養殖が計画,推進されていたのである.その始まりは,1945年9月,丘 英通と高島春雄が学術研究会議非常時食糧研究特別委員会において,食糧難対策にヌートリアを用いる事を進言した事に遡る.増養殖の容易さが食用タンパク源の緊急増産に好適であるとして,未曾有の食糧危機を打開する「救荒動物」の筆頭にヌートリアが取り上げられたのである.それが畜産振興五ヶ年計画に取り込まれる過程で,食肉利用だけでなく,アメリカの食糧援助に対する「見返り物資」という目的をも付与され,輸出用毛皮増産の切り札として,1947年9月,畜産振興対策要綱に具体的な増養殖計画が盛り込まれた.つまり,日本におけるヌートリアの野生化の最大原因とされる第二次養殖ブームは,戦後の経済復興計画の一環として行われたものであり,まさに国策増殖といってよい.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 9 posts, 14 favorites)

「淡水獸 ヌートリヤの養殖」(三島康七 昭和17年5月 育生社弘道閣刊 四六判107頁) 目次 探していたら研究者の下記の文献が出てきた https://t.co/KXYnnF6cAi https://t.co/zjQdD9PUdv
ヌートリアと国策: 戦後のヌートリア養殖ブームはなぜ起きたのか? https://t.co/kikjTX0UFU ヌートリア食うてみたなってきたな
日本のヌートリアは太平洋戦争中に毛皮用に養殖されてたのが終戦によって野外に逃がされたと言われているけれど,実際はそのときのヌートリアは皆食用にされたのでは?という話もありますね. ヌートリアと国策:戦後のヌートリア養殖ブームはな… https://t.co/xjgSOznjWs
けものフレンズ4巻にも出てきた事だし、僕の故郷岡山県の倉敷~児島ちほーに王国を築くヌートリアに関して最も為になるであろうPDFを投下するタイミングと判断した。https://t.co/HuPWnEDVvI

収集済み URL リスト