言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (43 users, 43 posts, 110 favorites)

アリジゴクの大顎に直結する嗉嚢には、昆虫病原性微生物が共生していることが分かっている。それらの微生物は、アリジゴクの捕食行動を利用して他の昆虫に感染する。 参考 https://t.co/HKvvMfJwDa
ちなみに、アリジゴクは獲物を捕獲する際に麻痺毒を利用するが、その毒性はモル換算でいわゆるふぐ毒(テトロドトキシン)の 130 倍にもなるという。 https://t.co/uDC09QuM5g つまりアリにとってはアリジゴクは毒を注入してくるアグレッシブな河豚の塊みたいな感じに見えているのかもしれない?
@kocco03254884 参考にさせていただきました。(↓PDF) 「アリジゴクの殺虫性タンパク質および関連物質の分子構造と作用機構に関する研究」松田一彦 https://t.co/ZRVezDqSjW
https://t.co/Jmgp3RYPtS
今まで読んだ論文で一番面白いなぁってなってしまった。 https://t.co/9TjZiywTjc

収集済み URL リスト