著者
丹野 宏昭 児玉 健
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.88-90, 2015-07-31 (Released:2015-08-07)
参考文献数
4

This study examined the relationship between werewolf-game experience and beliefs about lie clues. The participants included 203 undergraduates with no werewolf-game experience, and 42 werewolf-game fans, and 24 werewolf-game stage actors (Jinrou TLPT actors). They were asked to respond to a questionnaire. Two main results were observed. First, there were no significant differences between the three groups regarding their confidence in lie detection. Second, with respect to beliefs regarding the reaction to lying, werewolf-game fans and Jinrou TLPT actors believed that changes were likely to occur in remarks, while undergraduates believed that changes were likely to occur in bodily reactions.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (41 users, 47 posts, 54 favorites)

人狼ゲーム経験による嘘の手がかり信念の差異 https://t.co/vGYD6GSdR2 こちらもあとで読むか。
人狼ゲーム経験による嘘の手がかり信念の差異 https://t.co/lQR65Gs7ss 人間賢い…
たんの先輩面白い研究をされてますね。|人狼ゲーム経験による嘘の手がかり信念の差異—大学生,人狼ゲーム愛好者,人狼ゲーム舞台役者の比較 https://t.co/bsTgdAuP9z
前RT承。丹野先生(@TannoHi )は人狼ゲームを用いたコミュニケーション研究を行っており、昨年の社心で発表されています(https://t.co/8vxyxTNfvd)。また、パソ心に人狼ゲームの論文を報告しています(https://t.co/hpOmIYhCXZ)。
ただし、人狼ゲームの経験によって、虚偽検知の信念は変化するっぽい。 https://t.co/kQu0t9Xk6U
@virgoh0093 質問項目等は下記論文にて発表済みです。また、以降twitter上で調査に関するご返答はできかねますので、メールもしくは郵便で問い合わせください。 https://t.co/kQu0t9Xk6U
おお!?っておもったけど肩透かしだった 人狼ゲーム経験による嘘の手がかり信念の差異 —大学生,人狼ゲーム愛好者,人狼ゲーム舞台役者の比較 https://t.co/0vyfYcycUx
パーソナリティ研究に「人狼ゲーム経験による嘘の手がかり信念の差異」といった論文が掲載されております!人狼ゲームは騙しあいのゲームのようですが、そのゲーム経験が嘘をつく人の行動の信念に与える影響を検討しています。本文https://t.co/NueuKLYq3u

収集済み URL リスト