著者
石井 晃
出版者
特定非営利活動法人 組織学会
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.48, no.4, pp.5-20, 2015-06-20 (Released:2016-04-07)
参考文献数
16

ヒット現象の数理モデル(石井他2012)を社会の中の人間間相互作用の力学として紹介する.このモデルを社会的ニュース,映画興行,ドラマ視聴率,AKB 選抜総選挙に応用した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 19 posts, 17 favorites)

実は最新の科学でどれぐらいヒットするかというのはある程度数式モデルで表すことができる だけど、最初にヒットする何かを作り出すのは当人なので、結局 ・質の高いのを1つ作る ・量を作って1発当てる という話に帰着する 結局やるかや… https://t.co/4yetnARp0w
@Urahito_sousaku こちらをどうぞ。 https://t.co/bvJJ1HiGGe 日本語の解説文献はこちらです。 https://t.co/wr6yZtkDUl
@ishiiakira @Mihoko_Nojiri J-Stage の URL を載せたほうがうれしいかもしれません。 「ヒット現象の数理 : 映画からAKB総選挙まで」 https://t.co/aEMkow7xga 「… https://t.co/baTSMAYeK4
AKB48選抜総選挙を数理モデルで分析した論文か(苦笑)。 「直接コミュニケーション」よりも「間接コミュニケーション」のほうが係数としては影響が大きいらしい。 石井晃「ヒット現象の数理モデル」 https://t.co/Zbfix2bWIH

収集済み URL リスト