1224107681

投稿一覧(最新100件)

こちら,高校生物学の教科書も執筆しておられた池田博明さんのサイトをご覧になられたでしょうか. http://spider.art.coocan.jp/biology2/celltheory2012.htm 18世紀ではなく,17世紀にレーウェンフックは生きている状態の細胞を観察しています.こちらもどうぞ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esr ...
亜高山帯の上限は,森林限界です.森林限界より標高の高い所は高山帯です. 高山帯においては,お花畑が見られる所もありますが,お花畑にも種類があります.また,お花畑の見られない所もあります. 高校生物の範囲であれば,まずはこちらのサイトをご覧ください. http://manabu-biology.com/archives/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%90% ...
原形質連絡 https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/150872/1/yrigk02346.pdf
いいえ,細胞周期との関係はあるようです. 染色体が凝縮することによってDNAの転写は止まるので,染色体が凝縮すると転写は止まるようです.凝縮と脱凝縮のサイクルは,遺伝子発現とも密接に関連しています.一般に,脱凝縮した時が最も転写が活発であるとされており,G1期の中頃から後半にかけて多くのmRNAが転写されます.なお,この際につくられたmRNAが細胞周期のどの時期に翻訳されるか,また細胞周期のどの ...
ウニ卵は,等黄卵ですから卵黄の分布の偏りとは考えにくいでしょう.細胞が分裂する時に,収縮環という構造が形成されます.収縮環は,分裂後期にアクチンとミオシンの繊維が,細胞表層にリング状に集まることでつくられます.収縮環の配置によって,細胞分裂面が決まります.↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rj ...
しおり糸という糸を出していて,しおり糸は所々,天井の壁に付着盤という糸でくっついていますので,命綱であるしおり糸のお蔭でクモは落ちません.また,脚の先は,細かい毛で覆われているので,天井の壁との間に摩擦や分子間力(ファンデルワールス力)がはたらき,天井から落ちることがありません↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web ...
Dispase でしょう.ちなみにカルシウムイオンを除去するのは,カドヘリン活性を阻害するためでしょうか.高校生物でこのような問題が出題されるのですか? https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=2ahUKEwjei_rLrMLpAhXUUt4KHZr4B3YQFjAAegQIBxAB&url=http ...
細胞分裂に伴って細胞骨格が再構築され,それに沿ってモータータンパク質がゴルジ体や小胞体などの輸送を行っていることが,酵母で研究されています.詳しくはこちらのサイトをご覧ください↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&ved=2ahUKEwjhwNTtsJTpAhXNc3AKHbo1D0kQFjADegQI ...
上から順に, 受容体と結合して核内に入るホルモンは,細胞膜を通過できる→ステロイド系ホルモンである.昆虫の変態を進行させるのは,前胸腺から分泌されるエクジソン.よって,答:エクジソン エストロジェンと思います↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKE ...
菌類の酵母菌は、減数分裂をして子のう胞子をつくります。 よって、答は1,2,3,4でしょう。 https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=2ahUKEwjPk6aDp5ToAhVHE4gKHW04Dj0QFjABegQIAxAB&url=https%3A%2F%2Fwww.jstage.jst.go.j ...
その多くは海洋細菌や藍藻類(シアノバクテリア) などの原核生物を宿主とするバクテリオファージですが,海洋中にもウイルスは存在します.生物が陸に上がったことでウイルス感染がもたらされたのではありません.海洋中のウイルスについてのレヴュー記事はこちらが良いでしょう↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved ...
人間の細胞からつくっているのではなく,ある製品の広告文には「人のセラミドとほぼ同じ分子構造のセラミド「天然ヒト型セラミド」とは、㈱ジェヌインR&Dが世界で初めて発見・素材化に成功し特許を取得した、醸造発酵粕(じょうぞうはっこうかす)から精製したセラミドです。」とあります.また,その論文もあるようです. https://ci.nii.ac.jp/naid/40019919194
神経系をその発達の程度,つまり進化の程度で分類すると,散在神経系と集中神経系となり,集中神経系は,さらに,かご状(かご形)神経系とはしご状(はしご形)神経系と管状神経系に分類されます. かご状神経系は,扁形動物(プラナリア)や線形動物(センチュウ)に見られ,頭部にある神経環と腹部に存在する神経索が主たるもので,体節がみられません. はしご状神経系は,環形動物(ミミズ)や節足動物(昆虫など)に見 ...
塩化カルシウムの影響を指摘する論文はあります。融雪剤がシカを誘引する事は間違いないようです。融雪剤を食べる事による塩分補給がシカの増殖に影響を与えていると考えて良いでしょう。 https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-21918013/
シダ植物においては,種間の雑種は通常子孫を残すことができない,との報告もあるようですが,シダ植物を材料とした種分化研究をされておられる研究者の以下のサイトによりますと,ヤシャゼンマイとゼンマイの自然雑種としてオオバヤシャゼンマイがあり,シダ植物において前葉体という,配偶体が胞子体から独立して生育することは,人工交配実験や遺伝学的な解析をする上で非常に大きな利点である,とされています.このサイトの情 ...
バクテリア(細菌)とアーキア(古細菌)という原核生物で、最小サイズは 0.2 ~ 0.3 μm と見積られています。ただし、近年、より小さな原核生物が見つかってきているようです。ちなみに、ウイルスは生物としては認めないので、ご注意ください。 詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmeja/32/2/32_43/_p ...
亜鉛のはたらきについては,酵素の活性中心となる他,いろいろと喧伝はされていますが,わからないことが多いようですし,研究も難しいようです.↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjAve-ppa7gAhWZdt4KHTdzCPQQFjABegQIARAB& ...
味蕾の細胞は,形態学的特徴からⅠ型からⅣ型まで分類され,うま味,甘味,苦味物質は,Ⅱ型味細胞に発現するGタンパク質共役型受容体(GPCR)を介して受容される.Ⅱ型味細胞には,シナプスはなく,ATPの細胞外への放出により神経細胞へと情報が伝達される.GPCRからのシグナルを細胞内に伝える Gタンパク質をはじめとするシグナル伝達分子が発現しており,最終的に味覚神経に味情報が伝達される.すなわち,Gタン ...
「二次遷移の先駆植物としての特性を示すセイヨウタンポポが勢力を拡大した.セイヨウタンポポが都市化の指標植物といわれる由縁である( 日本自然保護協会 1994)」とのことですから,遷移の先駆植物として.セイヨウタンポポは含まれるとしてよいでしょう.在来種のタンポポについては,先駆植物とみなさないと思われます.ご存知のように,在来タンポポは,田畑の畔などの比較的安定した環境に生育します.一方,攪乱(か ...
日本の照葉樹林とボルネオ島の熱帯多雨林の比較データがあり,1 haで熱帯多雨林の樹木種数は200~300種,照葉樹林は30~40種です. https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=2ahUKEwi2qJCAupfgAhWZ7WEKHYqnBHwQFjABegQIBRAB&url=https%3A%2F% ...
ヘモグロビンを含む動物は脊椎動物のみでなく,チューブワームも持っています. https://www.jstage.jst.go.jp/article/hikakuseiriseika1990/8/2/8_2_51/_article/-char/ja/ また,正確には「エリスロクルオリン」という血色素ですが,これはヘモグロビンによく似たヘムタンパク質で,鉄1原子当り1分子の酸素を結合し,アカガイ ...
グルコースの分子は極性があるため,生体膜(細胞膜)を通過するのには,特別な膜輸送タンパク質を必要とします.輸送を担う細胞膜上にある担体のタンパク質=グルコーストランスポーター(GLUT)のはたらきによります.GLUTには,いくつかの種類がありますが,胎盤にあるのは,脳と赤血球のものと同じGLUT1とGLUT3で,母体側微絨毛刷子縁という所の細胞膜上と胎児側基底細胞膜上にあります.胎盤のGLUTの制 ...
夜行性です. 篠原圭三郎, 1970. フイリタマヤスデの活動の行動様式による分析. 動物学雑誌, 79: 175−180. ↓ https://ci.nii.ac.jp/naid/110003328830
精子には匂いを感じる受容体があるというのは,その通りです. 1) 尾索動物カタユウレイボヤの精子誘引物質が新奇の硫酸化ステロイドSAAFであることを同定され,精子は誘引物質濃度が減少から上昇に変わる点(濃度変化の極小値)を検出し,カルシウムバーストが生じることで鞭毛波形を瞬時に変化させ,遊泳方向の転換を行っているのではないかとの研究があります(2008年). https://www.s.u-t ...
クール宅配便で送りましょう.ゾウリムシの最適増殖温度は,26℃といわれていますが,30℃でも死なないようです.しかし,動き回って消耗することを防ぐ意味でも低温下で輸送する方が安全ですので,クール宅配便で送りましょう.↓ https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&ved=0ahUKEwiswfuhiu7bAhVJ ...
道管から柔細胞へとつながる微小空間が細胞壁溶液の通路 (canal) として働き,各細胞に吸収されたイオンの濃度が道管からの距離によって徐々に変化していき,柔細胞においては,道管液との間であたかも水が能動的に輸送されるように見えることが,理論的に証明されています.ですから,道管(昔の言い方ですと導管)から水は細胞へ渡されます.↓ 紹介記事: https://www.google.com/url ...
スプライシングにより切り出されたイントロンは核内にとどまり,スプライシング因子が除去された後,分解されると考えられています. https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15030222/
小胞輸送といい,粗面小胞体の膜の一部が出芽(budding)して、根本で切り取られて輸送小胞(transport vesicle)となります.その際,合成されたタンパク質は輸送小胞に入ります.次いで,輸送小胞は細胞骨格に沿って特定の受け手の細胞小器官(例えば,ゴルジ体)(あるいは細胞膜)まで運ばれ、受け手の細胞小器官と選択的に結合して膜融合が起こり,タンパク質の輸送が完了します. https:/ ...
入江 貴博の総説「温度-サイズ則の適応的意義」日本生態学会誌 60 : 169 −181 (2010) http://ci.nii.ac.jp/naid/110007682232/ が引用論文も含め役立つのではないでしょうか。オープンアクセスです。