カトウ ユキエ (@Carex_livida)

投稿一覧(最新100件)

RT @cinii_jp: 大村先生の論文をCiNiiで眺めていたらこんなのを発見しました。35歳当時の論文とは違う,研究への思いが書かれています。 研究と研究室の運営を振り返って(私はあの時、こう閃いた!-研究の壁を突破し、大きく飛躍するため-) http://t.co/qx…
『ポスドクからポストポスドクへ』 円城 塔 日本物理學會誌(CiNii) http://t.co/uvcQILI2 先日芥川賞を取った円城さんの文章。こんなものがあると教えてもらって読んでみた。内容は極めてシビアなので面白いとは言いづらいけれど、面白かった。
標本目録はこちら→ http://t.co/enPrr8LQ 今日見つけたのはムツアオスゲの標本。

お気に入り一覧(最新100件)

陛下が共著者の論文、なんでタヌキの食生活なんか調べてるんだと読んでみたら、面白かった。皇居には人由来の残飯がほとんどないから、タヌキの糞成分を調べれば生息頭数の類推や皇居内の動植物環境の季節変動、どの地域に似てるかとかもわかるのね。 https://t.co/RmDnDtXEie

3 1 0 0 OA 樺太植物誌

宮部金吾・三宅勉『樺太植物誌』(1915)はすでに国立国会図書館デジタルコレクションで公開されてたのか。ありがたや! https://t.co/B6wyIZMDA6 https://t.co/bYbLEMr6WV
梶田先生の宇宙線研究所への思いもぜひCiNiiで。どなたでもお読みいただけます。 宇宙線研究所の果たしてきた役割(<特集>宇宙線100周年) http://t.co/ZdgmzmFOYt #CiNii
大村先生の論文をCiNiiで眺めていたらこんなのを発見しました。35歳当時の論文とは違う,研究への思いが書かれています。 研究と研究室の運営を振り返って(私はあの時、こう閃いた!-研究の壁を突破し、大きく飛躍するため-) http://t.co/qxC2dGYfVg #CiNii
あとでもうちょっとじっくり読む。財団法人「日本モンキーセンター」の現状と提言 博物館や動物園の経営を考える上で重要なリポートのように感じるが、博物館学関係者がリファレンスする媒体でなかったので埋もれてやしないか?。 http://t.co/vfurVTab0e
はいあります. RT @Takashirouzu: 学会推奨和名に関するガイドラインなんてあったんですね.「日本菌学会推奨和名の決定についての手順」 http://t.co/mfzTSDVSNW
山中伸弥先生ノーベル医学・生理学賞おめでとうございます! CiNii にも先生の論文が収録されてます。例えば2008年「化学と生物」誌に掲載されたiPS細胞についての日本語解説記事は、J-STAGEで本文がご覧いただけます。 http://t.co/LSqpGLmH

フォロー(435ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @alciopidae: 論文が出ました!日本から初記録となるハボウキゴカイ科Lamispina ササノハハボウキ属の新種L. ammophila スナササノハハボウキを報告しています https://t.co/GV4RmuEL0B https://t.co/O5zBxv…
RT @K_Toshiosan: 「OECD生徒の学習到達度調査(PISA調査)の実施とデータ利用:PISA2015年調査の日本における実施から」”実施方法とデータ公開,さらにデータの利用方法について,筆者の経験から,PISA2015年調査を基に紹介”PISA Data Exp…

フォロワー(306ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @alciopidae: 論文が出ました!日本から初記録となるハボウキゴカイ科Lamispina ササノハハボウキ属の新種L. ammophila スナササノハハボウキを報告しています https://t.co/GV4RmuEL0B https://t.co/O5zBxv…
RT @katzkagaya: 生態学ではないけど、たとえばタッチパネルの機械的チャタリングを防ぐ回路、シュミットトリガー回路は、ヤリイカの巨大軸索での活動電位のメカニズムを研究していた生理学者オットー・シュミットがそのメカニズムに触発されて発明した。参考 https://t.…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 天城山のブナ林の植物社会学的研究(高木 宏ほか),1987 https://t.co/ULbnbJTuwf 伊豆半島の天城山において,34の調査区を設定し,植物社会学的な調査…