Shinokubo@NU (@borylation)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @makoto_B: An essay from prof. E. Nakamura, published in the latest issue of J. Syn. Org. Chem. Jpn. where my account is published toget…
RT @ryotaiino: 【拡散希望】新学術領域研究「発動分子科学:エネルギー変換が拓く自律的機能の設計」が採択されました。領域代表は金原数さん(東工大)です。 https://t.co/J6syPSeIeL 本領域が共催の国際会議を8/31-9/2に岡崎で行います。公募研…
RT @rarara_chem: 35歳までになんとか一仕事しなくちゃってやつ、鳥取おじさんは無視しちゃっていいんだけど、なかおさんが言うんだったら仕方ないよねってなってる https://t.co/awEQB9RI8t
RT @ssocj: J-STAGE Articles - 時間を空間で制御する合成化学 」https://t.co/lsX8JuZEhh “感動の瞬間”のコーナーが始まりました!
RT @Pi_Fig: A02班竹内正之先生らが執筆した総説が「π共役系分子および高分子の重なり方をデザインする『π造形科学』:酸化還元系を中心に」のタイトルで有機合成化学協会誌3月号に掲載され、Chem-Stationにて紹介されました。... https://t.co/b2…
RT @fluor_doublet: ここに、有機合成化学協会の設立時の話があります。 https://t.co/c1bWFfxdKR
ヘテロ元素を含む曲面π共役分子合成法の開発 https://t.co/uODKMWzLiP
RT @sato51643335: オハイオ州立大学Weinberg教授(経済学)の「人材が研究の最も重要な成果物の一つである」という言葉が紹介されています。どこに出しても恥ずかしくない立派な研究者を養成するという意識が我が国では弱いのではないでしょうか。 「博士の意識と研究倫…
RT @jshimok: 最近の仕事をまとめたアカウント第一弾を有合化誌で(第二弾も控えてます) https://t.co/K90kBP71dB

2 0 0 0 OA 私の仕事流儀

RT @yoshi__taku: 結構良いことが書いてあると思う https://t.co/9CLCXaEThU
RT @hirokagi: 研究者にとっての論文十ヶ条 「書かれた論文は書いた人の研究者としての人格を表す」「データのみ出して論文を書かない者は,テクニシャンである」「データも出さず論文を書かない者は,評論家である」etc(角皆静男先生追悼文より)https://t.co/N4…
RT @MasakiHoso: 青山聖子 (2008) 分野の違う人に伝わる文章を書くために.生物物理 48(6):347-351. https://t.co/rGO5KHnxTm 表1. 科学の文章を書くときのチェックポイント. https://t.co/sdwDiWr70k
RT @Pi_Fig: A01班 田中教授の論文がEditor’s ChoiceとしてChem. Lettに掲載 タイトル:Synthesis of Functionalized Benzobarrelenes and... https://t.co/cAd4wwG3ib
RT @pletwobine: 昔甥っ子と盛り上がった「インスタントコーヒー混ぜてるとスプーンとカップがぶつかる音がどんどん高くなる不思議」を急に思い出しぐぐったら何と論文が!アイツが犯人だったかぁぁぁぁ! https://t.co/M7chjEOWPp https://t.c…
RT @SciCafeShizuoka: 投稿した論文の内容を博士論文に使えるかどうかは出版者との契約次第のようです。東京大学情報システム部情報基盤課学術情報チーム 「博士論文と著作権」という教材があり、詳しく載っていますね。http://t.co/OYXa8ZtBGh @wi…
RT @kaishi_jps: 日本物理学会誌2007年の62巻7月号「話題」欄に『「論文捏造」取材の現場から』が掲載されています。オープンアクセスですのでどなたでもご覧になれます。 http://t.co/47SFw0wHir 掲載から何年も経過しているにもかかわらず最後の2…
BCSJがAdvance Publicationというのをスタートしたのだな。投稿から出版まで1ヶ月とな。アズレンへの硫黄の導入反応。https://t.co/KniFnOk2yy

お気に入り一覧(最新100件)

最近の仕事をまとめたアカウント第一弾を有合化誌で(第二弾も控えてます) https://t.co/K90kBP71dB

フォロー(113ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @duke2go: めちゃくちゃ研究されてた。まぁそりゃそうか。すごい面白いもんな https://t.co/bclfHZYAKP
RT @HattoriM: 私が関わった中国のサイエンス関連の記事でネットからみれるものをまとめました 中国でラボをはじめるということ https://t.co/yOCBbB3Kfa “科学技術強国”中国の躍進と日本の厳しい現実 |NHK NEWS https://t…
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
「山本尚先生に文化功労者の顕彰」 石原一彰 有機合成化学協会誌 2019, 77(1), 3–3. オープンアクセス https://t.co/PxYml0IBk3 https://t.co/PxYml0IBk3
RT @yakuzou_hokudai: 有機合成化学協会誌2019年1月号に松永教授による記事「院生時代の漠然とした不安を克服するには」が掲載されています。ぜひご覧ください! https://t.co/i5Mj5x6m4E #OrganicChemistry #有機化学 #…
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。

フォロワー(1938ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @30eesti: J-STAGE Articles - Karl Simsの仮想生物を用いた生態系 https://t.co/thZDBKxbzd
J-STAGE Articles - Karl Simsの仮想生物を用いた生態系 https://t.co/thZDBKxbzd
米沢富美子先生の翻訳したガラスの中の電子がとても面白かった記憶がある。日本物理学会誌:ガラスの中の電子https://t.co/Vxgyu4wb31
RT @duke2go: めちゃくちゃ研究されてた。まぁそりゃそうか。すごい面白いもんな https://t.co/bclfHZYAKP
プロテインノックダウン法による新しい創薬技術の開発に関する研究 (薬学雑誌 2018, 138, 1135-1143.) (Open Access) https://t.co/hPExTr2C49
RT @HattoriM: 私が関わった中国のサイエンス関連の記事でネットからみれるものをまとめました 中国でラボをはじめるということ https://t.co/yOCBbB3Kfa “科学技術強国”中国の躍進と日本の厳しい現実 |NHK NEWS https://t…
屠殺前に絶水するなんて初めて知ったのでちょっとだけ調べたけど,するべきではないとする論文出てきたけどどうなんでしょうね https://t.co/6r7wy10jXI
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
「山本尚先生に文化功労者の顕彰」 石原一彰 有機合成化学協会誌 2019, 77(1), 3–3. オープンアクセス https://t.co/PxYml0IBk3 https://t.co/PxYml0IBk3
RT @yakuzou_hokudai: 有機合成化学協会誌2019年1月号に松永教授による記事「院生時代の漠然とした不安を克服するには」が掲載されています。ぜひご覧ください! https://t.co/i5Mj5x6m4E #OrganicChemistry #有機化学 #…
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @yakuzou_hokudai: 有機合成化学協会誌2019年1月号に松永教授による記事「院生時代の漠然とした不安を克服するには」が掲載されています。ぜひご覧ください! https://t.co/i5Mj5x6m4E #OrganicChemistry #有機化学 #…
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
有機合成化学協会誌2019年1月号に松永教授による記事「院生時代の漠然とした不安を克服するには」が掲載されています。ぜひご覧ください! https://t.co/i5Mj5x6m4E #OrganicChemistry… https://t.co/M1uy4OBfXw
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @borylation: J-STAGE Articles - 院生時代の漠然とした不安を克服するには https://t.co/rczJ6Rn58B 一読をおすすめします。
RT @Hippo0124: 大きなカテゴリーとしてProtein degrader、 部分集合としてPROTAC, DEGRONIMID, SNIPERやIMiDs、 という理解であってますかね?