らっこ (@pokurakko)

投稿一覧(最新100件)

ちなみにちゃんとした医学的な吃音の診断、定義はこんなかんじらしい。診断難しそう。 吃音 (どもり) の評価と対応(森浩一) https://t.co/2Ujf8GEQvq Childhood-Onset Fluency Disorder (Stuttering) DSM-5 315.35 (F80.81) https://t.co/my31U2ddgU

2 0 0 0 OA 幼児の吃音

RT色々な選択肢を持つって大切。色々な価値観を認めるって大切。多面的にアプローチするって大切。 啓発・認知だけじゃなく治療・改善もやってるよ(自分自身&息子達)。 てなわけで、原先生のCALMSに基づく幼児期の吃音治療モデルに関する論文のご紹介。すごくいい。 https://t.co/wJDhVRP4FV
吃音11症例における低強度認知行動療法の有効性 (富里 周太ら、日耳鼻 123: 363―370,2020) ちゃんとした認知行動療法 すばらしいな https://t.co/DKOHvnmNsn https://t.co/y4tA3VnZxu
吃音を意識した年齢に関する検討(菊池良和ら) 吃音者本人の意識年齢は8.1歳、親が子供の吃音に気づいた年齢は5.3歳 本人が覚えていないだけで、ずっと早くに発吃してる。今は調べれば吃音に関する情報がザクザク出てくるから、今の親はもっと早く気付くんじゃないかな。 https://t.co/wbde4HAzXj
吃音症の遺伝学 「図 1 ライソゾーム酵素標的経路と吃音原因遺伝子の役割」わかりやすい https://t.co/lkwL5k8gqw
歴史的事実を踏まえた吃音の正しい理解と支援 菊池良和 小児の吃音の相談のポイント「吃音を意識させない」「吃音は親や環境が悪い」「ほっとけば治る」という吃音と向き合わない姿勢から180度変わって、吃音と向き合う・うまく付き合っていくことが主流となっている。 https://t.co/V7bLXtQR6U

お気に入り一覧(最新100件)

セミナー室 研究者のためのわかりやすい統計学-3 統計検定を理解せずに使っている人のために III https://t.co/Ay0vGcA9IM

フォロー(570ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

共著論文がAcoustical Science and Technologyにパブリッシュされました。 https://t.co/bnfqVdaADV

フォロワー(578ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)