著者
本田 佳代子 阿久澤 さゆり 澤山 茂 中村 重正 川端 晶子
出版者
一般社団法人日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会誌 (ISSN:13411535)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.226-231, 1997-08-20
被引用文献数
1 or 0

凍みいも2種を山梨県鳴沢村より,ブランコ,ニグロをボリビアより入手した。一般成分と糊化特性を検討し以下の結果を得た。1. 一般成分は,澱粉含量は56%であった。窒素含量も少なく生じゃがいもに比べて成分の変化がみられた。総食物繊維量は,生じゃがいもに比べて顕著に増加しており,中でもリグニンの含量が高かった。2. 示差走査熱量分析では,糊化開始温度が生じゃがいもに比べて凍みいもはわずかであるが高温側であった。また,ブランコ,ニグロでは低温側にあった。3. 澱粉の水可溶性区分の分子量を比較したところ,凍みいもとブランコ,ニグロは高分子側にピークがみられた。また,ヨウ素呈色反応によりFr I, II, III に分けたところ,生じゃがいもではFr III までみられたが,凍みいもではFr II までしか測定されず,凍結乾燥による組織成分の変化が示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

山梨県鳴沢村の凍み芋の成分に関する論文はけ〜ん!デンプン含量は生ジャガイモ68%に対し55%前後とけっこう保持している印象。民宿に泊まれば凍み芋食えるかな? CiNii 論文 -  凍結乾燥じゃがいも(凍みいも)の構成成分 https://t.co/gDUddLJzJk
こんな論文どうですか? 凍結乾燥じゃがいも(凍みいも)の構成成分(本田 佳代子ほか),1997 http://id.CiNii.jp/E4T6L

収集済み URL リスト