著者
大嶽 幸彦
出版者
上越教育大学
雑誌
上越教育大学研究紀要 (ISSN:09158162)
巻号頁・発行日
vol.26, pp.113-126, 2007-02-28

本稿は,40年近くの研究・教育生活のかたわら,地理学周辺の読書を通して得た地理知識の効用についての研究にさらに考察を加え,特に2005年から2006年にかけての1年間の最新著書・学会誌掲載論文等を中心にまとめたものである。The object of this research consists of a reflection on 『Utility of Geographic Knowledge』 by Yukihiko Ohdake, which analysed the author's geographic knowledge in near 40 years' research and education life, referring to about 530 books and dissertations.