著者
宮澤 清 田村 宇平 勝村 芳雄 内川 恵一 坂本 哲夫 富田 健一
出版者
Japan Oil Chemists' Society
雑誌
油化学 (ISSN:18842003)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.297-305, 1989-04-20 (Released:2009-11-10)
参考文献数
26
被引用文献数
3 3

The influences of six representative surfactants on hair and the scalp were investigated under various conditions such as : irritation, protein denaturation, sorption onto commercial hide powder or keratin powder, change in turnover time of the stratum corneum, dandruff and disintegration of the cuticle.1. Influence of surfactants on scalp.Although the cumulative irritation test, 48-hour closed patch test, and immersion test were performed to assess the irritating effects of surfactants, the results did not agree with each other. The immersion test, which makes essentially the same use of surfactants, gave results in close agreement with those for sorption of sufactants or protein denaturation by surfactants.Amounts of surfactants sorbed by hide powder.Irritation score of immersion test : r=0.671.Amounts of surfactants sorbed by keratin powder.Irritation score of immersion test : r=0.930.Per cent denaturation of OVA by surfactants.Irritation score of immersion test : r=0.880.Turnover times of the stratum corneum due to the surfactants were found to follow the order, AMT≤AGS≤L-Soap≤AP<LS≤ES.Examination of the amounts of dandruff as observed when using AMT shampoo and ES shampoo, each with a different effect on the turnover time of the stratum corneum, showed the amounts to differ remarkably according to the surfactant used.2. Influence of surfactants on hair.The extent of disintegration of cuticle by a surfactant supersonic treatment was found to have the following order : AMT≤AGS≤AP≤ES<LS<L-Soap.Based on the above results, AMT can be a good surfactant as a detergent for the hair and scalp.
著者
小島 ゆみこ アンナ 小林 修一 トマス ジャビエル アコスタ アヤラ 工藤 眞樹子 宮本 明夫 高木 光博 宮澤 清志 佐藤 邦忠
出版者
社団法人日本獣医学会
雑誌
The journal of veterinary medical science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.64, no.2, pp.119-122, 2002-02-25
被引用文献数
1

Microdialysisシステム(MDS)は, 異なる細胞間の内分泌学的解析を分子レベルで行う方法である.今回, 馬の排卵前卵胞液中プロジェステロン(P_4), エストラジオール17β(E_2), アンドロステンジオン(A_4)とプロスラグランジンF_<2α>(PGF_<2α>)濃度を調べた.卵巣から卵胞を取り出し, ホルモン測定のため卵胞液を採取した.卵胞の大きさを大(30mm<), 中(29〜16mm)および小(15mm>)に区分けして, 各々の卵胞液中のホルモン濃度をEIA法により測定した.卵胞の大きさの違いで, P_4とPGF_<2α>濃度に有意差はなく, (A_4)濃度は大と中の卵胞間で差異を認めた.E_2濃度は, 中卵胞より大卵胞が高値であった.卵胞膜の小片にMDS操作を行い, LHを感作した時にP_4,A_4とPGF_<2α>分泌は増加した.PGF_<2α>を感作した時, P_4とA_4分泌の増加は認められたが, E_2の変動は小さかった.今回の結果から, 排卵前卵胞はLH感作により卵胞膜での黄体化とステロイドホルモン分泌を促進した.さらに, 発情周期のホルモン動態は, 他の動物種と大きく異なることが明らかとなったが, 主席卵胞が選択される機序は十分説明できなかった.
著者
宮澤 清 田村 宇平 富田 健一
出版者
Japan Oil Chemists' Society
雑誌
油化学 (ISSN:18842003)
巻号頁・発行日
vol.39, no.11, pp.925-930, 1990-11-20 (Released:2009-10-16)
参考文献数
23
被引用文献数
2 2

Properties of N-acyl-N-methyltaurate(AMT), including surface active properties, cutaneous effects, influence on hair, and application to liquid type hair shampoo, are reviewed.It has been found that AMT exhibit considerably high safety on skin in comparison with typical surfactants. As the result of cutaneous effects, the reduction of the amounts of dandruff was observed when using AMT shampoo.In addition, AMT shows weaker action on the desintegration of hair cuticle.Consequently, AMT can be a good surfactant as a detergent for the hair and scalp(skin).On the other hand, cutaneous effects and physico-chemical properties of anionic/amphoteric surfactants mixed system, were investigated.It has been found that these physico-chemical results were in good correlation with those pbtained by cutaneous effects. The synergistic reductions in cutaneous effects were observed as well as physico-chemical results.These findings have promoted the development of hair shampoo composed of AMT.
著者
近藤 滋 川上 浩一 渡邉 正勝 宮澤 清太
出版者
大阪大学
雑誌
学術創成研究費
巻号頁・発行日
2004

ゼブラフィッシュの皮膚模様形成機構に関して、以下の結果を得た。1)色素細胞間の相互作用のネットワークを明らかにした。2)上のネットワークを組み込んだ計算機シミュレーションが、模様形成の過程を正確に再現した。3)模様変異突然変異2種の遺伝子クローニングした。4)クローニングされた遺伝子は、Kチャンネルとギャップジャンクションであった。5)クローニングされた遺伝子、または改変した遺伝子を導入することで、模様がさまざまに変化することを発見した。6)5の事実から、模様形成のためのシグナル伝達には、イオンや低分子が重要な役割を果たしていることが明らかになった。以上により、ゼブラフィッシュの皮膚模様形成に関して、多くの事実が発見され、模様形成原理の解明に大きく近づくことができた。
著者
山内 啓太郎 吉田 真太郎 長谷川 晃久 池田 明弘 張 奎泰 松山 茂実 西原 真杉 宮澤 清志 高橋 迪雄
出版者
社団法人日本獣医学会
雑誌
The journal of veterinary medical science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.57, no.5, pp.905-909, 1995-10-15
被引用文献数
5

ウマ卵巣より作出したcDNAライブラリーより, ウマインヒビンαサブユニット前駆タンパク質をコードするcDNAを単離した. ラットインヒビンαサブユニットcDNAの配列を基にプライマーを設計し, ラット卵巣RNAを用いたRT-PCR法によりスクリーニング用のプローブを作製した. 1.2×10^5個のプラークより19個の陽性クローンが得られた. そのうちの一つ(Eq-α-11)は, 367個のアミノ酸をコードする完全長のタンパク質翻訳領域を含んでいることが確認された. cDNAの塩基配列より推定されるウマインヒビンαサブユニット前駆タンパク質及び成熟タンパク質のアミノ酸配列は他の6種類の哺乳動物 (ウシ, ブタ, ヒツジ, ヒト, ラット, マウス) のものと比較して80%以上の相同性を有していた. ノーザンブロット法によりウマ卵胞及び精巣に存在するインヒビンαサブユニットmRNAのサイズは1.5 kbであることが判明した.