著者
一言 英文 新谷 優 松見 淳子
出版者
日本感情心理学会
雑誌
感情心理学研究 (ISSN:18828817)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.3-24, 2008 (Released:2008-12-17)
参考文献数
107
被引用文献数
12 or 0

We tested the cross-cultural applicability of Greenberg's (1980) “Indebtedness model” in Japan and United States. We hypothesized that while the major antecedent of indebtedness is the recipient's benefit for American students, those of Japanese students is the donor's cost perceived by the recipient. University students from U.S.A. (n=151, male=47, female=104) and Japan (n=88, male=25, female=63) reported their recent experience of being aided by their families, friends, and strangers. They also rated on 75 items of questions concerning the intensities of indebtedness and other emotions they felt on receipt of aid, impression of the donor, and the amount of benefit and perceived donor's cost. Supporting our hypothesis, recipient's benefit was the major antecedent of indebtedness for American students and perceived donor's cost was the major antecedent for Japanese students. We also found positive correlation between the intensities of positive and negative emotions evoked by receiving aid, and a small amount of negative impression of the donor from one's own family only in the Japanese sample.
著者
田路 則子 新谷 優
出版者
法政大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2014-07-25)

本研究の目的は、スタートアップの成長要因を、経営資源、経営戦略の分類別に探ることである。調査は、地域性、業種の特性をコントロールするために、東京で展開するWEBとモバイル関連ビジネスに焦点を当てている。企業のウエブサイトをみることにより、2年後にどの程度成長しているかを確認した。戦略面では、市場規模、市場成長性、サービス新規性が成長性と関係あることが実証できた。さらに、他社と差別化するためには、製品の革新性と、一貫したビジネスアイデアを追求しながらも柔軟にビジネスモデルを変更することが有効であった。また、経営資源面では、立ち上げ時の創業チームと、シリーズAの資金調達が有効であった。