著者
竹永 進
出版者
大東文化大学
雑誌
経済論集 (ISSN:02874237)
巻号頁・発行日
vol.82, pp.41-66, 2004-02-25
著者
竹永 進
出版者
大東文化大学
雑誌
経済論集 (ISSN:02874237)
巻号頁・発行日
vol.83, pp.33-58, 2004-07-25
著者
竹永 進
出版者
大東文化大学
雑誌
経済論集 (ISSN:02874237)
巻号頁・発行日
vol.80, pp.75-94, 2002-12-20
著者
竹永 進
出版者
大東文化大学
雑誌
経済論集 (ISSN:02874237)
巻号頁・発行日
vol.81, pp.15-39, 2003-04-30
著者
クレトケ ミヒャエル・R 竹永 進
出版者
経済理論学会
雑誌
経済理論 (ISSN:18825184)
巻号頁・発行日
vol.42, no.4, pp.34-44, 2006

The second MEGA, starting in the 1970s, has provided access to quite a lot of hitherto unknown and unpublished writings by Marx and Engels. It has allowed us to discover an unknown Marx, in particular with respect to his unfinished masterpiece, Capital. Because of the many manuscripts pertaining to this great project that have been published in recent years, we are now able to assess the long road that led towards what we know as Capital in much detail. As a matter of fact, Marx did actually write no less than four different versions of his critique of political economy, starting in 1857/58. When he died in 1883, he was not yet finished with it. We are also able to follow Marx' revising and rewriting of Capital, volume I from the first German edition of 1867 until the 3^<rd> German edition of 1883, which had still been largely prepared by Marx himself, Capital remained largely a work in progress. Thanks to the materials that already have been published or will be published in the years to come, we are now able to get a clear idea of Marx' work on Capital during the last 15 years of his life, when, as conventional wisdom has it, he seemed to have lost track of his great project. On the contrary, the evidence shows that he continued to work on it until his last days. Recently, Engels' work as editor of Marx' manuscripts for Capital, volume II and III, has been criticized harshly, once the original manuscripts for volume II and III of Capital had been published. As more of Engels' redaction manuscripts have been or are about to be published in the MEGA, we are now able to reassess Engels' work-and to refute most of the criticism as rather exaggerated.
著者
竹永 進
出版者
大東文化大学経済学会
雑誌
経済論集 (ISSN:02874237)
巻号頁・発行日
no.104, pp.27-60, 2015-09

新メガ全四部門のうち『資本論』に関係するすべての刊本と関連草稿を収録した第Ⅱ部門が、他の諸部門に先行して2012年に全巻刊行され完結した。この部門全体の構成と編集方針、ならびに、この部門を構成する各巻の刊行の経緯を解説し、あわせて、この完結にともなって新たに発生する諸問題・課題についても問題提起をおこなう。
著者
平子 友長 赤間 道夫 浅川 雅巳 竹永 進 森下 宏美 窪 俊一 鳥居 伸好 内田 博 大谷 禎之介 伊藤 武 出雲 雅志 天野 光則 出雲 雅志 伊藤 武 内田 博 大谷 禎之介 小黒 正夫 神山 義治 窪 俊一 高畑 明尚 竹永 進 鳥居 伸好 森下 宏美 吉田 傑俊 ANNELIESE Griese ROLF Hecker JURGEN Herres NEUHAUS Manfred ROJAHN Jurgen RICHARD Sperl VASINA Ljudmila
出版者
一橋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

本研究は、マルクスの抜萃ノートを活用した世界で初めての本格的なマルクス研究である。これによって、(1)『資本論』第1巻成立過程において「草稿」と「抜萃ノート」がどのように利用されたのかが初めて詳細に解明された。(2)マルクスの農芸化学、地質学、鉱物学に関する抜萃ノートを検討し、それを同時代の自然科学史の中に位置づけた。(3)『資本論』第1版刊行直後から開始される古ゲルマン史研究者マウラーの抜萃ノートを検討し、それがマルクス最晩年の世界史把握の形成に決定的役割を果たしたことを文献的に証明した。本研究は、ドイツ語版マルクス・エンゲルス全集の編集に日本人研究者が参加するという意味でも、その国際的意義はきわめて大きい。