著者
洪 起 高梨 晃一
出版者
一般社団法人 日本建築学会
雑誌
日本建築学会構造系論文報告集 (ISSN:09108025)
巻号頁・発行日
vol.418, pp.81-86, 1990-12-30 (Released:2017-12-25)

From an economical point of view of minimizing the sum of the expected value of total loss caused by disasters and the construction cost, the paper describes a probabilistic method for estimating the optimum initial resistance of structures with deteriorating resistance during the life of structures, and discusses the decision making of the load factor for such a structure.
著者
久保 慶三郎 岡田 恒男 関 松太郎 高梨 晃一 宇田川 邦明 龍岡 文夫 田村 重四郎 柴田 碧 藤田 隆史 半谷 裕彦 後藤 博司 松井 長行 片山 恒雄
出版者
東京大学生産技術研究所
雑誌
生産研究 (ISSN:0037105X)
巻号頁・発行日
vol.30, no.11, pp.p411-427,図巻頭8p, 1978-11

1. まえがき : 2. 地震の概要, 久保, 慶三郎 : 3. 建築物の被害, 岡田, 恒男関, 松太郎高梨, 晃一宇田川, 邦明 : 4. 土木構造物の被害, 龍岡, 文夫田村, 重四郎 : 5. 産業施設・危険物施設の被害, 柴田, 碧藤田, 隆史 : 6. 福島県における被害の概要, 半谷, 裕彦後藤, 博司松井, 長行 : 7. 都市供給施設の被害と復旧, 片山, 恒雄1978年6月12日午後5時14分頃,牡鹿半島沖約100kmを震央として発生したマグニチュード7.4の宮城県沖地震は,仙台市を中心とする宮城県のほか福島県・岩手県などで土木・建築その他各種の構造物や施設に大きな被害を与えた.この報告は,地震工学に関係する本所の各専問分野の研究者が行った宮城県沖地震の被害調査の結果を速報的にまとめたものである
著者
孟 令樺 大井 謙一 高梨 晃一
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会構造系論文報告集 (ISSN:09108025)
巻号頁・発行日
no.437, pp.115-124, 1992-07-30
被引用文献数
22

In this papaer, inelastic portion of steel beam-columns are modeled as a simple mechanism composed of inelastic bars and a shear panel. A hysteresis rule for the bar behaviors is also proposed in consideration of strain-hardening, softening due to Bauschinger's effect, and resistance deterioration due to local buckling failure as well. The parameters of the model are calibrated to the results of monotonic loading tests on H-shaped and box-shaped members. Then the response analysis based on the model was performed and compared with the results of the on-line earthquake response tests. It was confirmed that their global responses were well predicted by the present model.
著者
高梨 晃一
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
建築雑誌 (ISSN:00038555)
巻号頁・発行日
vol.116, no.1472, pp.64-65, 2001-06-20