言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

ある資料に、「明治24年、有島生馬の父の武が、大蔵省国債局長として麹町永田町官舎に住んだ」、とあった。 その詳しい住所は分かるか。また、当時の地図でこの官舎が確認できるものは所蔵しているか。

教えて!goo (1 users, 1 posts)

何故か何度やっても画像がアップロードできないので、リンクを張ることにしました。 以下のURLからご覧ください。 http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=43 … この画像は、時代にして明治末期と思われる永田町二丁目の地図です。 ページ左上のメニューからズームができますので拡大してご覧いただけますでしょうか。 「 ...

OKWave (1 users, 1 posts)

何故か何度やっても画像がアップロードできないので、リンクを張ることにしました。 以下のURLからご覧ください。 http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=43033582&VOL_NUM=00001&KOMA=35&ITYPE=0 この画像は、時代にして明治末期と思われる永田町二丁目の地図です。 ...

Twitter (9 users, 14 posts, 11 favorites)

@T4Rze 参考までに 東京市及接続郡部地籍地図と台帳 https://t.co/WZpjjqSZ8K https://t.co/siaM1XxOFP 東京地主案内 : 区分町鑑 https://t.co/sA8uOjAd2Y 東京都公文書館(沽券地図) https://t.co/dzMY8WY3rD
#教えてあなたのNDLデジコレ 関東大震災前の東京の地籍が知りたければこれ。 町丁目ごとの詳細な地籍図が載っている。 東京市及接続郡部地籍地図. 上下卷 https://t.co/8v8WcayPVS https://t.co/OdDoBLeg5l 東京市及接続郡部地籍台帳 https://t.co/Wr7G0VGxKG https://t.co/w6g2bjfohB
@hydromi11 確定。 https://t.co/mXpYKVcMWT
深見以前の所有者がもともとの施主だとすると。 東京市及接続郡部地籍地図(上)の553コマ目に明治末年のhttps://t.co/BZ8eAS3Cdl 茗荷谷町の地籍図があり、56番地の占有者名に田口㥲および五十嵐(某)の名前がある。 路地の先という敷地の状況とは合致している。
@EC008C リンクこっち。 https://t.co/h8TZW0s4rZ
@EC008C これを見ると、牛込橋とは別に、牛込停車場への橋があったように見えるんですが。 https://t.co/Y7wiDHTjez https://t.co/DPCpco3vBF
またまた素敵な資料を見つけてしまった…。 これだけのものを、ネットで見られるとか、ホントいい時代だなぁ…。 https://t.co/Y7wiDHTjez
@kameiasami 下記の森川町地図の上部の帯状に右〔本郷六丁目側〕へはみだした部分が、〔森川町1番地70〕の街区になります。 https://t.co/yKv01K4rTF 〔70〕に隣接する六丁目に、これも『和解』に出てくる銀行(現:郁文堂)が本郷通りにありましたね。
当時は京橋区銀座2丁目に救世軍本営がありますのじゃ http://t.co/opZonn38rY 銀座あたりが眺めていて一番おもしろいかも。教文館も載ってるし
神田区駿河台東紅梅町6番地のニコライ堂 http://t.co/Di7yVTqSCb の地図を加工 この画像では切れてますが右上に昌平橋があります。11番地に井上眼科院(1881年創設) http://t.co/Wd5QwtU792
麹町区富士見町6丁目4-1の日本基督教会・富士見町教会(現日本基督教団)http://t.co/U1ZsvBUQPc の地図を加工 地図の右端は牛込停車場 教会の隣は杉本子爵邸とある http://t.co/OykjKNJO4x
明治末・震災前の東京がわかる番地入り【東京市及接続郡部地籍地図 上巻】1912 http://t.co/PW2NqTWuNO 東京市全図/麹町区/神田区/日本橋区/京橋区/芝区/麻布区/赤坂区/四谷区/牛込区/小石川区/本郷区 ※上下巻とも一部ですが居住者の名前が入ってます
メモ:東京市及接続郡部地籍地図. 上卷  国会図書館・近代デジタルライブラリーhttp://t.co/hbQHZZmvTg

収集済み URL リスト