著者
桂木 健次
出版者
富山大学経済学部
雑誌
富山大学紀要.富大経済論集 (ISSN:02863642)
巻号頁・発行日
vol.62, no.1, pp.141-154, 2016-07

国債の償還は,「未来世代のGDP(付加価値)」によってされているというのではなく,経済実体が消費を通して将来に向けて最終的な付加価値であるGDPを生み出すための中間消費とみなされる金融(通貨価値)の「シャドー・プライス」を意味する通貨発行益から償還させられていく。一般予算からの税収や借金(国債)を財源として歳出されている「国債費」は,定率繰入として主に償還される債券に裏書されている「付利」の支払い並びにその償還の会計運用積立に充てるためである。つまり,将来世代なる近未来が税金から負担するのは,「利払」分並びに特別会計運用経費である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 18 posts, 5 favorites)

政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について 桂木 健次 富山大学紀要.富大経済論集,第62巻第1号,2016.7,pp. 141-154 富山大学学術リポジトリ https://t.co/rsZ7gR5KiI
桂木健次・富山大学名誉教授は、公的債務や通貨発行権についての論文を書いていないかと思ったら、富山大学紀要に書いていました。 https://t.co/aIPBkIPoDU 以下は紀要に収録されている経済学論文一覧です。 https://t.co/QWgcqhrlMW
論文を拝見しました https://t.co/3LoILW2rLr そもそもなんですが、この借換債への減債によって生じる財源は、現在すでに他の歳出として利用されているものという理解でよいのでしょうか? https://t.co/f0v182VxA6
そう、私も、学会出ていて一本だけ書いて、SNSで行けばいいとやっている。それでいいのです。https://t.co/Lk6sm62C3H https://t.co/CQy1kJJAZy
おっしゃる贈与経済の神髄は大切、だが財政を「税収」限定に囲い込むのも間違い。https://t.co/Lk6sm62C3H https://t.co/g3hJhEn6y5
1 1 https://t.co/ouLjGUVx5x
“政府債務の償還と財源の通貨発行権 (借換債と交付債) について” 桂木健次 2016 https://t.co/5F0aRppZSG #経論
#zaisei 大学リポジトリに掲載されました。https://t.co/X9fitVx8LO 政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債) by @secohouse https://t.co/aPF8rtFZjp via @SlideShare

収集済み URL リスト