無一文@経世済民 (@Economy4Nation)

投稿一覧(最新100件)

RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @motidukinoyoru: @KimuraYu45z https://t.co/R5j6UEAutx ここで紹介されているカレツキ派成長モデルでいくと、労働生産性と賃金分配の関係は、 「雇用率上昇→労働者(労働組合)の交渉力上昇→賃金分配上昇→労働節約化推進」 とい…
財政学の権威らしいです。 https://t.co/PXz4LtTmDD https://t.co/W5Iqy9ZZBO コテンパンにしてやってください! https://t.co/DcikbSNid5 https://t.co/PdsYQJDBRY

27 1 0 0 OA 貨幣国定学説

RT @monopole0001: 貨幣国定学説 https://t.co/UGKvbMxkQW クナップの『The state theory of money』ですが、国立国会図書館デジタルコレクションで、翻訳本が無料で読めます。当時は『貨幣国定学説』と訳され、出版されてい…
RT @_3___0: 「保健所を含めた組織統合理由は行政改革として組織数を減少させるためと推測された」 都道府県立保健所統合組織の組織権限面の実態と今後の方向性,『日本公衆衛生雑誌』2012 年 https://t.co/DkFUcNbPFy
RT @thksngy: ACCのミリ波レーダー、カーブでハンドル切っても隣車線に車居ても前方車を正確に捉えられるのは何故か考えたけど、指向性アンテナを機械的に動かしてるのかなと思ったら、複数アンテナを置いて受信波形の位相差から方位を検出してるっぽいな。検出誤差範囲がネックだっ…
RT @psj95708651: 物々交換から商品貨幣へというアダム・スミス以来の経済学界の神話に挑戦し、信用貨幣論を提唱したイネスと、それを当初は酷評したが最後は受け入れてしまうケインズ。シェイブテイルさんに教えてもらいました。論文は引用訳文が悪文で読みにくいですがとても勉強…
RT @tasan_121: 投票率の相関を検索したらいい論文ありました。 https://t.co/Ed1bp63pIV 結論から言えば、景気が悪化すると投票率が悪くなります。高度経済成長もとい国民所得倍増計画が終わった1975と1990のバブル崩壊で顕著に悪化。 ちなみに…
RT @shoemaker_levy: 戦争神経症/PTSDを題材に、病のとらえ方が文化によって異なるということを、バークを援用しつつ明快に論じたのが高林陽展(2016)「戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ : 戦争と神経症はなぜ結びついたのか」『精神医学史研究』20(1)で…
RT @ISHIZUKA_R: 「オペにより購入される金融商品(とりあえず国債としてもよい)を一番最初に市中銀行はどうやって購入するのかという問いに答えているこの種の論者(外生説論者-引用者注)を見つけることは困難である。」 斎藤美彦「内生的貨幣供給説と中央銀行の金融調節」 h…
RT @cargojp: あけましておめでとうございます。新年早々失礼いたしますが、それは誤認のようです。一般会計から償還費として計上されているものは特会の国債整理基金に組み入れられ、事後的に日銀が通貨発行益で償還していくそうです。 https://t.co/gWgYXf1YO…
@tasan_121 まだあのスライドよりわかりやすいんですけれど じゃあこれを読んでから 昨年度の政府の国債償還について 資金の動きを正確に説明できるか? と言われるとそのレベルには到達してないんですよね。 https://t.co/gS1VcGgEKu
RT @thksngy: 貨幣があってそれが貸借されるのではなく、逆に、貸借関係から貨幣が産まれてくるんだよね。 https://t.co/6WoazCEoUq https://t.co/OEDciTB8qa
RT @L1JB8NUvz96Ucub: 内生的貨幣供給論については、とりあえず以下の吉田暁論文を参照されたい。いうまでもないことだが、吉田説はMMTとまったく同じというわけではない。しかし、内生説についての最低限度の知識として踏まえておくべきだろう。 https://t.co…
RT @lackooon: 【モバイル屋台de健康カフェが論文化】 孫大輔@sonson01 先生と密山要用先生と共著です。一日数杯しか配ることのないコーヒーを介して行われる会話は、公衆衛生的インパクトがあるわけではないんですが、コーヒーを配る医師がいるという社会的問いが重要…
RT @lackooon: 【モバイル屋台de健康カフェが論文化】 孫大輔@sonson01 先生と密山要用先生と共著です。一日数杯しか配ることのないコーヒーを介して行われる会話は、公衆衛生的インパクトがあるわけではないんですが、コーヒーを配る医師がいるという社会的問いが重要…
RT @L1JB8NUvz96Ucub: 明石さんという人の松尾批判が継続しているようだ。少し口汚い批判だ。 実は拙稿でも松尾理論を批判しているのだが、明石さんと同類と見なされては困る。その点の配慮が足りなかった。私はかなり前から松尾さんとは論争している。これは比較的最近のもの…
RT @WARE_bluefield: 国会図書館の人の整理らしい。『財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMT その他の提案の論点―』 https://t.co/01ygqkDHuU
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
@miffy41028586 リフレ≒マネタリスト派なら デフレ=物財やサービスに購入される貨幣量(マネーストック)不足で通じます。 嶋中 雄二 https://t.co/mK1HBrkM4J https://t.co/IMj2H80pbG https://t.co/MTtO6iEr32
「自由と平等の和解」 -ロールズの正義の二原理の 意義と限界- 林 芳紀 https://t.co/kuyeEXsXJ8
RT @masterguchi: ダンロップ=ターシス批判についても含めて/実質賃金と名目賃金をめぐるケインズとニューケインジアンの議論 時政 勗,大槻 智彦 2014 https://t.co/64KhOYv2YD #経論 #経論雇用
先行研究はすでにある。 「結婚離婚の経済学」 https://t.co/zNapVLiwWm https://t.co/pLInt0xxE2 以下、日本語で読める結婚離婚に関する経済学の論文 https://t.co/FrFdhPDCXP https://t.co/T9jQNy0box https://t.co/ggBpqTp463
RT @WARE_bluefield: 一応、PKのストック‐フロー・コンシステントモデルがベースになっているので、モデルも数式もあるんだよな。 https://t.co/uiBWoOaE6a
@bosuzaru40 それは同感です。 ただトービンがピグー効果を認めた事で、デフレの解決策は金融政策である(資産効果)という見解がニューケインジアン側から提出されるようになりました。 またフリードマンとの自然失業率仮説を巡ってNAIRUという概念で譲ってしまいました。 https://t.co/neH7y3nnaa
@543N_ ニューケインジアン一般に言えてしまう事でもあるんですが マネタリストの主張を受け入れてるんですよね。ケインズのフレーバーを残したマネタリズムと古い人達は呼んでいました。 https://t.co/KLoPJtRf59
RT @kenjikatsu: 環境経済学屋のわたしのやっていることでもあります。(´;ω;`)ウッ… #薔薇マークキャンペーン →「負債としての資本論」https://t.co/YPr6WnmoCr
RT @shirakawa_love: ここら辺の話題は金井雄一先生のこれですかね。おすすめ。 金融史研究におけるピール銀行法の意義 : 内生的貨幣供給論および信用先行説の視点を取り込んで https://t.co/57QkGEbpRP
@evil_empire1982 釈迦に説法ですが リカードの悪弊は シュンペーターが 純粋理論を現実社会に安易に適用する事を戒める為に用いた表現です。 https://t.co/XTBjIZC810
RT @Muroi_Misaki: CiNii 論文 -  リバタリアン・パターナリズム批判 : いかなる介入を正統化すべきか(上) https://t.co/kfDuiLlJKQ
RT @kuma_kichi_1Q63: @shirakawa_love @Economy4Nation 「ストック・フロー・コンシステント・モデル」の日本語論文なら、こんなのが見つかりましたけど? https://t.co/ghCij5jZK5
RT @masterguchi: CiNii 論文 -  特別インタビュー 白川方明 前日銀総裁 主流派経済学の理論は現実を説明しきれていない https://t.co/Qbe0yOKRpp #経論 #経論金融
RT @fohtake: @makotosaito0724 これですね→ https://t.co/vgtqvDdYcH
RT @makotosaito0724: なお、福田や内田の論文も、古いものは、国会図書館のデジタルアーカイブで公開されています。 https://t.co/aPIQz5T27M https://t.co/HGwuA9EDJI

3 0 0 0 OA 経済学全集

RT @makotosaito0724: なお、福田や内田の論文も、古いものは、国会図書館のデジタルアーカイブで公開されています。 https://t.co/aPIQz5T27M https://t.co/HGwuA9EDJI
RT @bokukoui: ちなみに湯川先生は、先年アメリカの電車史を手際よく『運輸と経済』にまとめられました。これは、アメリカの強い影響を受けた日本の電車史に興味のある人にも必読です。今年出る予定の本に再録される予定があるとも聞いています。 https://t.co/cH9B…
RT @shavetail: MBを決定 しそれによってマネー総量を決めるとしている 」が 、こ れらの 「現代金融理論は貨 幣が商品(金 銀) であった世界では妥当であった考え方を商品貨幣と信用貨幣の基本的な 違 い を認識することなしに継承 してい る」と述べている:内生的…
RT @wankonyankorick: 複式簿記を経済分析に持ち込もうとする人が数学を避ける傾向がある、というのはちょっと違う。ただ複式簿記を数学モデルと結合させると、方程式が倍々ゲームで増えてしまうのでめんどくさい。これなんかはかなり簡単なほうだが。。。 https://…
RT @nizimeta: 山本英司『カレツキの政治経済学再論』 / “https://t.co/g741fsCuVZ” https://t.co/KlrgNUAPxj
RT @masterguchi: VAR モデルを用いた日本経済の所得分配と需要形成パターンについての実証分析 西 洋 2010 https://t.co/rtPG7NfwSx #経論 #経論PK #経論MMT
RT @masterguchi: SFCモデルについて/カレツキアン・モデルの新しい展開 ──ストック・フロー・コンシステント・モデル 大野 隆, 西 洋 2011 https://t.co/fDlwqhkMLH #経論 #経論PK #経論MMT
RT @masterguchi: 信用創造論の再検討 小西一雄 2002 https://t.co/GrkRnmYAPY
RT @masterguchi: H. D. マクラウドと信用創造論の系譜 古川顕 2014 https://t.co/RmU2cFBshL
RT @ropcb08: [PDF] Issue Brief 資産価格バブルと日本経済の現状 / https://t.co/Dd1ifu5bzR
RT @milmilk6: どうやら、外資ヴェオリアとの国内企業との共同事業会社=浜松ウォーターシンフォニーは経産省の推奨モデルのようだ…。 日本企業に水道事業の運営・管理実績を蓄積させた上で、海外市場に進出するとの思惑がある模様。https://t.co/KXgLTSK9lb…

お気に入り一覧(最新100件)

朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
@KimuraYu45z https://t.co/R5j6UEAutx ここで紹介されているカレツキ派成長モデルでいくと、労働生産性と賃金分配の関係は、 「雇用率上昇→労働者(労働組合)の交渉力上昇→賃金分配上昇→労働節約化推進」 という需要主導の形で成立するとされます。 実際の経済の動きにかなり合うと思っています。

27 1 0 0 OA 貨幣国定学説

貨幣国定学説 https://t.co/UGKvbMxkQW クナップの『The state theory of money』ですが、国立国会図書館デジタルコレクションで、翻訳本が無料で読めます。当時は『貨幣国定学説』と訳され、出版されていたようです。歴史を感じる文体。個人的には、MMTの広がりを鑑みて、新訳版が出て欲しいところ。
ACCのミリ波レーダー、カーブでハンドル切っても隣車線に車居ても前方車を正確に捉えられるのは何故か考えたけど、指向性アンテナを機械的に動かしてるのかなと思ったら、複数アンテナを置いて受信波形の位相差から方位を検出してるっぽいな。検出誤差範囲がネックだったのね https://t.co/fJ3zYVShFj
「保健所を含めた組織統合理由は行政改革として組織数を減少させるためと推測された」 都道府県立保健所統合組織の組織権限面の実態と今後の方向性,『日本公衆衛生雑誌』2012 年 https://t.co/DkFUcNbPFy
物々交換から商品貨幣へというアダム・スミス以来の経済学界の神話に挑戦し、信用貨幣論を提唱したイネスと、それを当初は酷評したが最後は受け入れてしまうケインズ。シェイブテイルさんに教えてもらいました。論文は引用訳文が悪文で読みにくいですがとても勉強になります。https://t.co/u0tkmoXkfq
投票率の相関を検索したらいい論文ありました。 https://t.co/Ed1bp63pIV 結論から言えば、景気が悪化すると投票率が悪くなります。高度経済成長もとい国民所得倍増計画が終わった1975と1990のバブル崩壊で顕著に悪化。 ちなみに都道府県の投票率って50-60%多いんですね。それ以下の市は平均以下
「オペにより購入される金融商品(とりあえず国債としてもよい)を一番最初に市中銀行はどうやって購入するのかという問いに答えているこの種の論者(外生説論者-引用者注)を見つけることは困難である。」 斎藤美彦「内生的貨幣供給説と中央銀行の金融調節」 https://t.co/mpGTABs8FP
あけましておめでとうございます。新年早々失礼いたしますが、それは誤認のようです。一般会計から償還費として計上されているものは特会の国債整理基金に組み入れられ、事後的に日銀が通貨発行益で償還していくそうです。 https://t.co/gWgYXf1YOf https://t.co/7IXn7jsi04
貨幣があってそれが貸借されるのではなく、逆に、貸借関係から貨幣が産まれてくるんだよね。 https://t.co/6WoazCEoUq https://t.co/OEDciTB8qa
国会図書館の人の整理らしい。『財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMT その他の提案の論点―』 https://t.co/01ygqkDHuU
ダンロップ=ターシス批判についても含めて/実質賃金と名目賃金をめぐるケインズとニューケインジアンの議論 時政 勗,大槻 智彦 2014 https://t.co/64KhOYv2YD #経論 #経論雇用
環境経済学屋のわたしのやっていることでもあります。(´;ω;`)ウッ… #薔薇マークキャンペーン →「負債としての資本論」https://t.co/YPr6WnmoCr
CiNii 論文 -  特別インタビュー 白川方明 前日銀総裁 主流派経済学の理論は現実を説明しきれていない https://t.co/Qbe0yOKRpp #経論 #経論金融
MBを決定 しそれによってマネー総量を決めるとしている 」が 、こ れらの 「現代金融理論は貨 幣が商品(金 銀) であった世界では妥当であった考え方を商品貨幣と信用貨幣の基本的な 違 い を認識することなしに継承 してい る」と述べている:内生的貨幣供給論と信用創造  https://t.co/CdNVN1HXww
複式簿記を経済分析に持ち込もうとする人が数学を避ける傾向がある、というのはちょっと違う。ただ複式簿記を数学モデルと結合させると、方程式が倍々ゲームで増えてしまうのでめんどくさい。これなんかはかなり簡単なほうだが。。。 https://t.co/NoIbZoKClu
VAR モデルを用いた日本経済の所得分配と需要形成パターンについての実証分析 西 洋 2010 https://t.co/rtPG7NfwSx #経論 #経論PK #経論MMT
SFCモデルについて/カレツキアン・モデルの新しい展開 ──ストック・フロー・コンシステント・モデル 大野 隆, 西 洋 2011 https://t.co/fDlwqhkMLH #経論 #経論PK #経論MMT
【モバイル屋台de健康カフェが論文化】 孫大輔@sonson01 先生と密山要用先生と共著です。一日数杯しか配ることのないコーヒーを介して行われる会話は、公衆衛生的インパクトがあるわけではないんですが、コーヒーを配る医師がいるという社会的問いが重要かなぁと思ってます。 https://t.co/GWIgIJ7aRH
信用創造論の再検討 小西一雄 2002 https://t.co/GrkRnmYAPY
H. D. マクラウドと信用創造論の系譜 古川顕 2014 https://t.co/RmU2cFBshL
どうやら、外資ヴェオリアとの国内企業との共同事業会社=浜松ウォーターシンフォニーは経産省の推奨モデルのようだ…。 日本企業に水道事業の運営・管理実績を蓄積させた上で、海外市場に進出するとの思惑がある模様。https://t.co/KXgLTSK9lb(水ビジネスの海外展開) https://t.co/PxGMg9L0hA

フォロー(2730ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @monogragh: 「~の可能性が強い」という表現に目にして、可能性とは強弱の尺度を持つのか?高い低いでは?とモヤモヤきていたところ、用例を調べた地道な研究があった。 「可能性が高い/大きい/強い」に使い分けはあるか https://t.co/wJfMPPZckp
RT @TanimachiKuniko: @MIYAZAKI_Takesh フォロー外から失礼します。過酸化水素水については昔の資料ですが、「蒸気またはミストの吸入は,鼻と咽喉に極度の刺湯.と炎鷺を与え,もし長時間吸入するようなことがあると,肺に浮腫を発生させる」とあります。h…
RT @HIMI_toshi: 妥当性の話は本当もう『これを読んでね』の7文字 https://t.co/k9duWrs9hO
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…

1 1 1 0 神社大観

光永星郎氏は「神社大観」という本を書いているんだね
> カタカナ語の習得に困難さを感じるのは、学習者の母語によって大いに異なる。中国語を母語とする学習者が最も困難さを感じ、韓国・朝鮮語とその他の言語がほぼ同程度でそれに次、英語母語話者は最も抵抗が少ないことがわかった。 https://t.co/nXevLe1o0t
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.co/30vD7UZGSo https://t.co/g7GT8kmdUc
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
別人では? 「枚方市字阪の一古墳摡報」宮川徒,古代學研究第九號,1954 「前方後円墳は左右対称図形なのか」宮川徒,2016 https://t.co/N5au7VP8UW 「倭は朝鮮半島でいかに戦ったか」宮川徏,2016 https://t.co/T4duwmBWCN 馬部隆弘氏宮川徏氏へ質問 #椿井文書 https://t.co/IJNpNAXShw https://t.co/jDjZFGL6Hi
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
薔薇マークキャンペーン呼びかけ人・朴勝俊教授、代表・松尾匡らによるGND論文がインターネットで公開されました。 「反緊縮グリーン・ニューディールとは何か」(朴、長谷川、松尾) 以下サイトの赤いPDFダウンロードボタンをクリックすると読めます。無料。 https://t.co/0mm2H7Ks1Z
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
【社会心理学研究・掲載論文】渡邊・城間(2019) 「NHK連続テレビ小説に表れる男性役割:時代的な変遷、登場人物の年代、女性主人公との関係性による差異」 https://t.co/Oc6P015IVV
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
RT @babel0101: CiNii 論文 -  匿名言論の自由と発信者情報開示制度 : 日米の制度比較 https://t.co/OVuVZIfaa4
RT @incorecter: https://t.co/QDv8JEtuu4 この論文も面白い。男性は自己誇大的な自己愛が多いが、 女性は魅力的な他者と自分を同一視することで自己愛を満たす アニメの美少女キャラやアイドルに なんでもない女が異様に感情移入してるように見えるのは…
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
@tonchi_jin もっとややこしいのが、うちらが聴いた胴塚はまた別の場所で、 2020年馬部隆弘氏が方違神社-貝原好古の枚方市藤坂の王仁墓とセットで出てくる-の近くにお住まいの宮川徏氏に確認した附近です。 でも牧野阪古墳破壊を観察したのは宮川徏氏ではなく 宮川徒氏です。 https://t.co/IJNpNAXShw
ひょんなことからこれを読んだけど、当時の東大教育学部って途上国の教育を扱う授業が年に4コマもあったけど、これ金子先生のご尽力だったのかな?高等教育研究の先生という認識しかなく、世銀・アジ研の経験があるの全然知らなかった。もっと話を聞いとけば良かった…。 https://t.co/60G25y9nxJ
@teitoku 大陸では倭寇による貿易などを通じ、日本刀と日本式剣術は明代から受容されていました。 https://t.co/6A1M151NY0
@echalote_osaka 馬部隆弘氏は最近枚方市宇山村に蝦夷の首長が処刑された言い伝えが存在した事は認めているけれど、 それは1900年出版された吉田東伍早稲田大学教授の『第日本地名辞書』から来たものだから伝承ではないと述べてますね。 少し変わったみたいです。 #椿井文書 https://t.co/IJNpNAXShw
「知らんけど」の進化と動物のメタ認知研究(違 https://t.co/dCcQgXIC0i
RT @yasuokajihei: (「・ω・)「ガオー @bicycle1885 さんの文章でなかった。 https://t.co/YGi8Sw2cLj 動的プログラミング言語Juliaの紹介
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
杉浦 光夫, ユニタリ表現論60年, 数学, 1985, 37 巻, 3 号, p. 250-263, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/tqFbjpsoUt, https://t.co/bqQIxbKAC7
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
渡邉 敏正, 高藤 大介, EMaT工学系数学統一試験の現状報告, 工学教育, 2009, 57 巻, 1 号, p. 1_78-1_83, 公開日 2009/02/10, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/gELJhexNBN, https://t.co/T720i9M1Z6
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
RT @adhara_mathphys: 赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online IS…
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
赤池 祐次, 影山 優, 川勝 望, 小林 正和, 到達度試験とEMaTから探る呉高専工学系数学の現状と課題, 工学教育, 2019, 67 巻, 2 号, p. 2_44-2_50, 公開日 2019/03/27, Online ISSN 1881-0764, Print ISSN 1341-2167, https://t.co/bHbj6Kzoiq, https://t.co/9h43LbDahd
RT @eiji_kawano: SMS を用いた世論調査における回答者の属性と回答の傾向 渡辺健太郎(大阪大学) https://t.co/DLfgkVpul0
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
廣瀬 英雄, 災害による被害拡大の予測について, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2016, 10 巻, 4 号, p. 266-274, 公開日 2017/04/01, Online ISSN 1882-0875, https://t.co/u7slUQDMkW, https://t.co/Tue4GTgtuv
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
石井 健一, 微分方程式型モデルによる普及現象の分析, 行動計量学, 1984-1985, 12 巻, 1 号, p. 11-19, 公開日 2011/01/25, Online ISSN 1880-4705, Print ISSN 0385-5481, https://t.co/lwEPqsJTQX, https://t.co/0ggjOvPYqJ
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
佐藤 大輔, 内田 真人, 電子メールを媒介としたコンピューターウイルス感染拡大モデル(インダストリアルマテリアルズ), 応用数理, 2010, 20 巻, 3 号, p. 236-241, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/mzfxSfgHjp, https://t.co/aPvZ1fhEJP
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(4), 医学物理, 2016, 36 巻, 1 号, p. 55-61, 公開日 2016/11/30, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/X4SARwfHUb, https://t.co/QmztwComWA
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(3), 医学物理, 2015, 35 巻, 4 号, p. 297-306, 公開日 2016/08/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/a8tBS32pVg, https://t.co/kBkDXoewlI
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(1), 医学物理, 2014, 34 巻, 4 号, p. 227-235, 公開日 2015/12/16, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/c4Fr9OsQva, https://t.co/o9j1LEB3sN,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
村瀬 研也, 連載 医学物理における微分方程式の利用と解法(2), 医学物理, 2015, 35 巻, 1 号, p. 49-58, 公開日 2016/01/31, Online ISSN 2186-9634, Print ISSN 1345-5354, https://t.co/joLh4NuI9R, https://t.co/NJjwrzuPW8,
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
これより8年前の記事 吉沢 尚明, 群の表現と球函数, 数学, 1960-1961, 12 巻, 1 号, p. 21-37, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/JkkWf9EKq9, https://t.co/wVZodbwa4z
オートコールの回答率は10%程度だと思います。SMSはデザインによってかなり異なりますが、下記が参考になると思います。誤差でなくバイアスの問題なので件数は関係ないですね。 https://t.co/j7Ovp0Plu6 https://t.co/7rq6zDr8wW

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 書評

杉浦 光夫, 書評, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 255-256, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/am2iY2LuWI, https://t.co/TMdoTKTl4Z

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ

1 1 1 0 OA 文献

文献, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 256-260, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/qFrRSPEyld, https://t.co/otvasfn7YJ
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
田中 俊一, 保型形式と表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 239-251, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/vdptvEtwwH, https://t.co/rsSP3jjJ9g
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
辰馬 伸彦, 局所コンパクト群に対する一般論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 251-255, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/KAzbxNo8vd, https://t.co/HeTqEjeifS
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
岡本 清郷, リー群のユニタリ表現の構成について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 218-225, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/aKA01FCJ2i, https://t.co/WHUF7wowxm
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
田中 俊一, Self-dualな体上のSL(2)群の既約ユニタリ表現の構成法について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 225-231, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/6wh0g508wM, https://t.co/vsZBQ5rbI8
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
新谷 卓郎, 〓進体上の特殊線型群の二乗可積分既約ユニタリ表現のある種の系列, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 231-239, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/ZkyRdJRhKU, https://t.co/D4EWUg4GQh
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
吉沢 尚明, ユニタリ表現概論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 194-204, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/EgpQ3ipioq, https://t.co/RVcGD4Wx9M
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
高橋 礼司, 球函数と群の表現論, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 204-213, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/DK6DvWO53m, https://t.co/WLpe39ukwk
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
杉浦 光夫, 複素半単純群のユニタリ表現, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 214-218, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/fvhY4vD59y, https://t.co/I4zmkFMIRG
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
吉沢 尚明, ユニタリ表現特集号の発刊について, 数学, 1967 - 1968, 19 巻, 4 号, p. 193, 公開日 2008/12/25, Online ISSN 1883-6127, Print ISSN 0039-470X, https://t.co/TcIrUu0s9b, https://t.co/t60WRWh6CL
RT @harutakuyaharu1: プログラミング言語 Juliaの説明で、MATLABの名前を久々に聞いて学生時代を思い出した。 https://t.co/Mm5vE5pBT2
日本語訳(1927)は https://t.co/Qc4GhPl8fY ハイゼンベルクの第1論文については朝永『量子力学Ⅰ』が詳しい。
@KogaSense それは見れません。日本語訳は https://t.co/m6C3ZZGxqy です
RT @akabishi2: 問題提起1 教科書裁判三二年の争点(アジアのなか の教科書裁判) 佐藤伸雄 https://t.co/gt1rXIxjv0
RT @akabishi2: 問題提起1 教科書裁判三二年の争点(アジアのなか の教科書裁判) 佐藤伸雄 https://t.co/gt1rXIxjv0

フォロワー(2477ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

1 1 1 0 神社大観

光永星郎氏は「神社大観」という本を書いているんだね
> カタカナ語の習得に困難さを感じるのは、学習者の母語によって大いに異なる。中国語を母語とする学習者が最も困難さを感じ、韓国・朝鮮語とその他の言語がほぼ同程度でそれに次、英語母語話者は最も抵抗が少ないことがわかった。 https://t.co/nXevLe1o0t
別人では? 「枚方市字阪の一古墳摡報」宮川徒,古代學研究第九號,1954 「前方後円墳は左右対称図形なのか」宮川徒,2016 https://t.co/N5au7VP8UW 「倭は朝鮮半島でいかに戦ったか」宮川徏,2016 https://t.co/T4duwmBWCN 馬部隆弘氏宮川徏氏へ質問 #椿井文書 https://t.co/IJNpNAXShw https://t.co/jDjZFGL6Hi
薔薇マークキャンペーン呼びかけ人・朴勝俊教授、代表・松尾匡らによるGND論文がインターネットで公開されました。 「反緊縮グリーン・ニューディールとは何か」(朴、長谷川、松尾) 以下サイトの赤いPDFダウンロードボタンをクリックすると読めます。無料。 https://t.co/0mm2H7Ks1Z
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @psj95708651: 朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf
RT @uikohasegawa: 論文「反緊縮グリーンニューディールとは何か」(朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡)が、DL可能となりました。 #GND は財政破綻論の呪縛を脱し、大規模な反緊縮的経済政策によって、野心的な気候変動対策と、あらゆる不公正の是正と社会・経済構造の変革…
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
RT @incorecter: https://t.co/QDv8JEtuu4 この論文も面白い。男性は自己誇大的な自己愛が多いが、 女性は魅力的な他者と自分を同一視することで自己愛を満たす アニメの美少女キャラやアイドルに なんでもない女が異様に感情移入してるように見えるのは…
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
RT @Woofer30: ダニエル・エルズバーグによる曖昧性と意思決定の理論 : J.M.ケインズおよびF.H.ナイトとの関係を考える https://t.co/jNcYyFPFaL
@tonchi_jin もっとややこしいのが、うちらが聴いた胴塚はまた別の場所で、 2020年馬部隆弘氏が方違神社-貝原好古の枚方市藤坂の王仁墓とセットで出てくる-の近くにお住まいの宮川徏氏に確認した附近です。 でも牧野阪古墳破壊を観察したのは宮川徏氏ではなく 宮川徒氏です。 https://t.co/IJNpNAXShw
@echalote_osaka 馬部隆弘氏は最近枚方市宇山村に蝦夷の首長が処刑された言い伝えが存在した事は認めているけれど、 それは1900年出版された吉田東伍早稲田大学教授の『第日本地名辞書』から来たものだから伝承ではないと述べてますね。 少し変わったみたいです。 #椿井文書 https://t.co/IJNpNAXShw
RT @Roy1358: @OrganicNewsClip バイエル(旧モンサント)汚染を撒き散らしているつもりなどさらさらなく、それで農業を進歩させて世界のためになっているつもりでいるからタチが悪いです。劣化させてるだけなんですけど、近視眼で短絡的思考が刷り込まれた人たちには…