著者
窪 誠
雑誌
大阪産業大学経済論集 = Osaka Sangyo University journal of economics (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.1-27, 2016-10

Since Japan's ratification of the International Covenant of Civil and Political Rights in 1979, the Japanese government has submitted six state reports explaining the human rights situation in Japan. On all occasions the United Nations Human Rights Committee questioned the concept of "public welfare" contained in the Japanese Constitution, suggesting it allowed for a general restriction on human rights in the Constitution. This article clarifies the different viewpoints between the Japanese government and the UNHR Committee as they are found through an analysis of the state reports and the dialogue held between the two parties.

言及状況

Twitter (145 users, 148 posts, 226 favorites)

https://t.co/WbA2R7VVoW
やはり... 「公共の福祉」概念ってずっと違和感あったんだよな。 https://t.co/V6EJUqFN8b
窪誠「なぜ,日本国憲法「公共の福祉」概念が,国連人権機関で問題とされるのか?」大阪産業大学経済論集 第 18 巻 第1号 大阪産業大学リポジトリ https://t.co/hZ5zgwDFXR
なぜ,日本国憲法「公共の福祉」概念が,国連人権機関で問題とされるのか? https://t.co/7HDMuGqnqb
「公共の福祉」を諸個人の権利の衝突においての制限だと解釈するくらいなら、最初からそう書き換えた方がいいと思うよ、ホント。 国連からも突っ込まれてるし。 https://t.co/t18sy2EoLW…
これ読んでわかった(思った)んですが「安心安全」は 「公共の福祉」の言い換えなんだな……(!) 簡単なことだけど「はっ」と気づいた。 ↓この論文、最後のほうの第三章は読んだほうがいいな。 ハンセン病の「らい予防法」も「公共の福祉」を目的としていた。 https://t.co/wSCNLOwAiz

収集済み URL リスト