著者
鈴木 晃仁 脇村 孝平 飯島 渉 橋本 明 杉田 聡 渡部 幹夫 山下 麻衣 渡部 幹夫 山下 麻衣 猪飼 修平 永島 剛
出版者
慶應義塾大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2007

19世紀後半から20世紀前半にかけての日本における「健康転換」を、当時の先進国と日本の植民地を含めた広域の文脈で検討した。制度・行政的な側面と、社会的な側面の双方を分析し、日本の健康転換が、前近代社会としては疾病構造の点では比較的恵まれている状況で、市場が優越し公共の医療が未発達である状況において、欧米の制度を調整しながら受容したものであったことを明らかにした。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

科学研究費補助金データベース http://t.co/CnkD53y しかしリンクのアドレスのac.jp/の直後に"pdf/"を入れると見られるものもあるようです。「日本の近代化と健康転換」

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

科学研究費補助金データベース http://t.co/CnkD53y しかしリンクのアドレスのac.jp/の直後に"pdf/"を入れると見られるものもあるようです。「日本の近代化と健康転換」 http://t.co/M5tWNWY

収集済み URL リスト