著者
山梨 裕美 小倉 匡俊 森村 成樹 林 美里 友永 雅己
出版者
日本家畜管理学会
雑誌
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 (ISSN:18802133)
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.73-84, 2016-06-25 (Released:2016-12-27)
参考文献数
73

母子分離は心身の健全な発達を妨げることが知られてきた。特に大型類人猿など、成育期間が長く幼少期の母子の結びつきが強い動物種においては影響が大きい。実際に人工保育されたチンパンジーは交尾や子育て行動が適切に発現できない、社会行動が変容するなど一生を通じた影響がみられる。そのため動物福祉・保全の観点から、不必要な人工保育は避けるべきである。またたとえ人工保育をおこなったとしても、できる限り早く群れに戻すことが必要であり、そうした事例が蓄積されている。しかしエンターテイメントショーには母子分離や人工保育を助長しやすい問題点が存在し、さらに動物の正しい理解が伝わらない問題点が指摘されている。今後、科学的な知見をもとにしたチンパンジーに適した飼育管理を推進するためには、人工保育やその後の群れ復帰などに関する基準の議論や施設間が連携して問題解決にあたれるような体制づくりなどが重要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (35 users, 37 posts, 56 favorites)

山梨裕美ら2016「チンパンジーの人工保育とエンターテイメント:動物福祉・保全と将来展望」日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 https://t.co/Bsnd9MZ7d7 人工保育では交尾や子育てなどの社会行動が正常に発達しないことが多い。不必要な人工保育は避けるべき。
https://t.co/WOsjZplvSO https://t.co/6hAAtcrrbK
https://t.co/WOsjZplvSO https://t.co/6hAAtcrrbK
チンパンジーの人工保育とエンターテイメント:動物福祉・保全と将来展望 https://t.co/lsgbWLqidb
1 1 https://t.co/Av3sg5ndHW
論文でました。 https://t.co/ua5NG5fpDT

収集済み URL リスト