著者
服部 恵典
出版者
カルチュラル・スタディーズ学会
雑誌
年報カルチュラル・スタディーズ (ISSN:21879222)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.35-57, 2020 (Released:2020-10-09)
参考文献数
22

ポルノグラフィは、社会的にも社会学的にも議論の係争点であり、ジェンダーの平等が論点となる場合にはとりわけそれが際立つ。その端緒となる反ポルノ派フェミニストの理論が有する問題の1 つに、女性によるポルノの「見方」の多様性を狭めてしまうがゆえに、女性を「被害者」の位置に固定化してしまい、女性が消費者となるポルノグラフィの存在 をうまく説明できないという点がある。 しかし、女性向けポルノの先行研究が行ってきた、①「正しい」女性表象でないという分析、②「女性」が揺るぎがたく持つ優位性があるという分析、③男性向けポルノと同様の価値観で成り立つという分析、のいずれにも課題が残る。この解決方策として、本稿は女性向けアダルトサイト研究の知見から、ジェンダー化されたジャンル区分そのものを問 う重要性を指摘した。そして「女性向けアダルトビデオ(以下AV)のファンは男性向け/女性向けAV という区分をいかに捉えて視聴しているか」という問いのもとで11 名へのインタビュー調査を行った。 調査結果から、主流のAV に対するアンチテーゼとして生まれた経緯のある女性向けAVを視聴していても、ファンは単純に男性向けAV を批判するのではなく、「男優ファン」であるがゆえに男性向けAV の視聴を自然にファン活動に組み込んでいたことが明らかになった。しかも男性向け作品を「仕方なく」視聴するのではなく、ある種のトラウマ経験がある女性であっても、両方に良さを感じながら楽しんでいた。また男性向け/女性向けを越境した視聴を行うだけでなく、そうした区分の必然性を揺るがすような捉え方もしていた。こうしたファンの実践は、ジャンル研究の文脈では、デコーディングによるジャンルの脱構築、第三波フェミニズムの文脈では、「被害者」ではなく「消費者」としての「女性」に 着目した、女性性の再構築ないし転覆の可能性の模索であるといえる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (48 users, 51 posts, 122 favorites)

服部恵典さんの論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈」を(趣味で)読む。ポルノグラフィを消費する女性としてとても興味深く読んだ。 https://t.co/RFIIV9X81L
服部恵典(2020)「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈――女性向けアダルトビデオを視聴するファンに着目して」『年報カルチュラル・スタディーズ』(8) https://t.co/XkcgWguTBZ
女性のAVファンたち語りから男性向け/女性向け区分の曖昧化を見い出し、「ジェンダー化されたジャンル区分そのものを問う」というような動きはある模様。 J-STAGE Articles - ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈 https://t.co/RLGUC8bWzK
J-STAGE Articles - ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈 https://t.co/1MsJ7Nt4qu
僕の初の査読論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの解釈――女性向けアダルトビデオを視聴するファンに着目して」含む、『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol.8がWebでも公開されたようです https://t.co/uPlhYNkXk1

収集済み URL リスト