著者
福長 秀彦
出版者
NHK放送文化研究所
雑誌
放送研究と調査 (ISSN:02880008)
巻号頁・発行日
vol.72, no.1, pp.2-23, 2022 (Released:2022-02-20)

本稿は、新型コロナワクチンをめぐる流言やデマが、20~40代の人びとの間でどのように拡散し、接種の意思決定にどの程度の影響を及ぼしているのかをインターネット調査によって明らかにしたものである。調査結果は以下の通り。 ■何らかの流言・デマを「見聞きしたことがある」という人が全体の71%に上った。 流言・デマの中で、最も多くの人が見聞きしたのは「接種すると不妊になる」だった。 ■流言・デマを見聞きして「信じた」人が5%、「半信半疑だった」人が42%いた。流言・デマのうち、信じたり、半信半疑だったりした人が最も多かったのは「治験が終わっていないので安全性が確認されていない」だった。この流言を見聞きした人のうち60%が信じたり、半信半疑になったりした。 ■流言・デマを見聞きして、20%の人が家族や他人に「伝えた」。伝えた理由で一番多かったのは「デマかどうかに関係なく、話題として伝えた」で、二番目が「不安な気持ちを共有したかったから」だった。 ■流言・デマを見聞きして、接種を「やめようと思った」人が7%、「見合わせようと思った」人が28%いた。接種を躊躇したのはどのような流言・デマを見聞きしたからかを尋ねたところ「治験が終わっていないので安全性が確認されていない」が最も多かった。 ■流言・デマを見聞きして、いったんは接種を躊躇した人びとが接種する気になったのは、多くの場合「感染への不安」や「同調圧力」によるもので、流言・デマの否定情報による効果は限定的であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 22 posts, 32 favorites)

"一般的には、陰謀論は不安感に加えて、社会から疎外されているという「疎外感」「無力感」既存エリートへの「強い反感」を人々が抱いている時に拡散しやすいとされている" 陰謀論者を一刀両断してて草 #デマ #陰謀論 https://t.co/xq5TtgPOGT
J-STAGE Articles - 新型コロナワクチンと流言・デマの拡散 https://t.co/VqpDYuxjb3 色々調べてたら見つけた。興味深い論文。 実際に大学生の間で「子供が生まれなくなる」 とかで接種を避けている人はいるという話を 知り合いから聞いたりしてた。
@Pxo5YEXgFHxKMQZ @palpee_palpee2 ワクチン忌避は疑似科学が主な要因だと言われてますね。それ以外に副反応とか陰謀論とか。 こちらの調査を見ると、今回は不妊や胎児への影響に関する流言のようです。妊婦の感染は重症化しやすく、流言の源流であるデマ(疑似科学)を流した人は罪深いです。 https://t.co/Pt87pBiWnJ
新型コロナワクチンと流言・デマの拡散:接種への影響を探る 福長秀彦 (2022) 放送研究と調査 "流言・デマを見聞きして,接種を「やめようと思った」人が 7%,「様子を見ようと思った」人が 28%いた。" https://t.co/MWNtqjuevb
"流言・デマを見聞きして、20%の人が家族や他人に「伝えた」。伝えた理由で一番多かったのは「デマかどうかに関係なく、話題として伝えた」で、二番目が「不安な気持ちを共有したかったから」だった。" 【論文】福長(2022) 放送研究と調査 https://t.co/iuD7vt1qNr
福長 秀彦 | NHK放送文化研究所 新型コロナワクチンと流言・デマの拡散 流言・デマを見聞きして,いったんは接種を躊躇した人びとが接種する気になったのは,多くの場合「感染への不安」や「同調圧力」によるもので,流言・デマの否定情報による効果は限定的であった。 1/ https://t.co/fDJabcO8XD https://t.co/Og8Eadquvn

収集済み URL リスト